与島パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
与島パーキングエリア
与島プラザ
与島プラザ
所属路線 瀬戸中央自動車道
料金所番号 02-563(検札)
本線標識の表記 与島
起点からの距離 26.4km(早島IC起点)
児島IC (7.6km)
(8.3km) 坂出北IC
供用開始日 1988年4月10日
通行台数 x台/日
上り線事務所 9:00 - 17:00
下り線事務所 9:00 - 17:00
所在地 762-0071
香川県坂出市与島町字西方587番地
備考 与島IC併設(※一般車の利用不可)
テンプレートを表示

与島パーキングエリア(よしまパーキングエリア)は、香川県坂出市与島町の瀬戸中央自動車道上にあるパーキングエリア (PA) である。

概要[編集]

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の途中にある、与島に設置されたPAである。施設は岡山方面・香川方面共通の上下集約型となっており、長いランプウェイを下って第一駐車場に到達する構造となっている。このランプ区間は高架橋から地上までを円を描くようにカーブしているため、急カーブ・急勾配の連続であり、最高速度が20km/h(流出直後は30km/h)に規制されている。また、緊急時の避難所としても活用するために、両方向すべての入口に信号機が設置されており、異常気象時などの通行規制時は赤信号・左折矢印で強制流出させる措置をとることができる。

第一駐車場からさらに下ると、「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」跡の第二駐車場へ至る。また、第一駐車場と第二駐車場との連絡道路には与島インターチェンジ (IC) への分岐があるが、このICは利用が島民および路線バス・緊急車両などに限定されている。なお、同ICを利用できない場合でも、第二駐車場より徒歩または路線バスで与島の島内および櫃石島・岩黒島などへ行き来することは可能である。

道路[編集]

施設[編集]

第1駐車場[編集]

第2駐車場[編集]

かつてあった「フィッシャーマンズ・ワーフ」

併設していた「瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ」は2011年11月30日限りで閉鎖された[2]

  • 駐車場
    • 大型 61台
    • 小型 503台
    • 車椅子用駐車場(4台)有
  • トイレ
    • 男性用 大2、小5
    • 女性用 5
  • 給電スタンド(24時間)

与島料金所[編集]

両方向共通の検札所(チェックバリア (CB))が設けられている。

当PAは駐車場も上下集約になっておりUターンが可能であることから、走行方向を問わず当PAからの出場時に与島料金所を通過する構造がとられている。なお、当料金所は検札のみであり、ここで料金を支払うことは無い。通行券の場合は、当料金所で検札を受けた旨とその日時が印字される。

制度としてUターンは認められており、その場合の料金も正式な利用料金として定められている。また、2005年秋以降断続的に、Uターン利用者向けに往復料金を半額(実質的には片道分を無料)とする企画割引が行われている[3]が、現在はETC無線通行の車両限定の割引制度となっている[4]

ETC設備の整備が遅れていたため、ETC利用者は係員にETCカードを渡す必要があったが、2009年3月13日からETCレーンが整備され、無線通信でのノンストップ検札が可能となった[5]。また、2009年6月15日からは通行券の検札については自動化(無人化)されている[6]

検札所は本州四国連絡高速道路ではチェックバリア (CB) とも呼ばれており、同様の施設が神戸淡路鳴門自動車道淡路サービスエリア (SA) にも設置されている。

バス停留所[編集]

与島バスストップ(よしまバスストップ (BS))は、当PAの第1駐車場内にあるバス停留所である。なお、バス事業者は与島(よしま)という呼称を使用している。

停車する路線
  • (一般)瀬戸大橋線下津井電鉄
    • 児島駅 - 櫃石 - 岩黒島 - 与島 - 瀬戸大橋FW前
  • (一般)瀬戸大橋線(琴参バス
    • (櫃石 - 岩黒島 - 与島 -)浦城 - 瀬戸大橋FW前 - 与島 - 坂出駅前

周辺[編集]

  • 与島 : 当PAが立地する島。詳細は与島を参照。
  • 瀬戸大橋FW前BS(与島高速バスターミナル[要出典]) : 当PA内にある与島BSとは別に設置されている。
  • 遊覧船(咸臨丸)

PRキャラクター[編集]

四国萌ぇ隊
当PAのPRキャラクターとして、四国4県の県花・県木を擬人化した「讃岐かおる」「阿波あわな」「土佐りょう」「伊予あい」の4キャラクターで構成された「四国萌ぇ隊[7]」(しこくもえたい)が制定されている。[8]
通行料金の上限が1,000円となる割引制度(いわゆる「1,000円高速」)が2011年6月をもって終了したことを受け、需要減少に危機感を抱いた瀬戸大橋総合開発(当PAの商業施設運営者)が企画したもので、デザインは香川県出身のりすまい漫画家)が手掛けている。

[編集]

瀬戸中央自動車道
(3)児島IC/BS - 鷲羽山北BS - 櫃石島IC/BS - 岩黒島IC/BS - 与島IC/PA/BS - (4)坂出北IC - 坂出八幡BS(休止中)
ただし櫃石島IC、岩黒島IC、与島ICは一般車進入禁止。
一般車両は、岡山方面は児島ICまで、香川方面は坂出北ICまで乗り降りができない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 瀬戸大橋開通に伴う船舶会社の離職者対策で設立された。
  2. ^ フィッシャーマンズ・ワーフ、11月末で休業へ - ShikokuNews(四国新聞社、2011年9月17日付、2012年7月17日閲覧)
  3. ^ 本四高速、4月から与島までの往復料金半額割引 - 四国新聞(2007年2月10日付)
  4. ^ 与島PA Uターン割引 - 本州四国連絡高速道路
  5. ^ 淡路CB及び与島CBにおけるETC運用開始について - 本州四国連絡高速道路(2009年3月11日付)
  6. ^ 与島料金所で通行券確認機の試験運用を開始します - 本州四国連絡高速道路(2009年6月9日付)
  7. ^ 表記は作者ブログ内のプロフィールに準拠。 ※参考:お仕事歴 - 動物界のりすぶろぐ(2010年2月19日付、2012年7月17日閲覧)
  8. ^ 「四国萌え隊」与島に登場/4県を美少女に擬人化 - ShikokuNews(四国新聞社、2011年8月18日付、2012年7月17日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]