不眠 (X-ファイルのエピソード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
不眠
X-ファイル』のエピソード
話数 シーズン2
第4話
監督 ロブ・ボウマン
脚本 ハワード・ゴードン
作品番号 2X04
初放送日 1994年10月7日
エピソード前次回
← 前回
血液
次回 →
昇天 Part.1
X-ファイル シーズン2
X-ファイルのエピソード一覧

不眠」(原題:Sleepless)は『X-ファイル』のシーズン2第4話で、1994年10月7日にFOXが初めて放送した。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

ストーリー[編集]

ニューヨーク。グリッソム博士は自宅の外で何かが燃えているのを発見し、消防署に通報した。駆けつけた消防隊員が辺りを調べても、何かが燃えていた形跡はなかった。そこには博士の遺体が横たわっているだけであった。

何者かがモルダーにグリッソムが消防署に通報したときの録音テープを送りつけてきた。早速その件を調べようとしたモルダーだったが、先に捜査していた捜査官がいたことを知った。彼の名前はアレックス・クライチェックという。クライチェックが気に入らないモルダーは、彼を蔑ろにして、スカリーにグリッソム博士の遺体の解剖を依頼した。その後、モルダーはコネティカット州にある博士のクリニックへと向かった。モルダーは一足先にクリニックに到着していたクライチェックと口論になった。モルダーは渋々クライチェックを連れてスカリーの下へ向かった。スカリーによると、博士の遺体に火傷の痕跡はなかったが、生物学的な知見からは焼死したとしか思えない状態なのだという。

ブルックリンのとあるアパート。そこに住んでいた退役軍人のヘンリー・ウィリングの元に、ベトナム戦争時代の同僚であるオーガスタス・コールが訪問していた。そこに突如として謎の一団が現れ、ウィリングは射殺されてしまった。ウィリングの死体を検分したモルダーとクライチェックは、死体の首の後ろに傷跡があるのに気が付いた。記録を調べてみると、ウィリングは1970年米軍の特殊部隊の一員としてベトナム戦争に従軍していたことが分かった。その部隊はベトナムで大きな被害を受け、生還したのはウィリングとコールだけだった。コールに会うためにニュージャージー州にある病院を訪れた2人だったが、コールはすでに退院していた。しかし、奇妙なことに、コールの主治医は彼の退院を認めた覚えがないのだという。

モルダーはXと名乗る人物から呼び出しを受けた。Xはモルダーにグリッソム博士が従事していた軍の極秘計画の存在を教えた。博士はロボトミー手術の技法を応用して、睡眠を取らなくても良い兵士を作る研究をしていたのだという。さらに、Xはサルヴァトール・マトラという兵士の存在をも明かした。マトラは戦死したことになっているが、実は生存していたのだ。

そんな中、コールの風貌に酷似した人物がドラッグストアに強盗に入ったという一報が流れてきた。現場に急行したモルダーとクライチェックは2発の銃声を聞いた。2人はそれがコールに向けて放たれたものだと思ったが、それは2人の警官がお互いを撃ったときの銃声だった。コールは逃走してしまったのである。モルダーは、長年にわたる不眠の結果、コールが幻覚を見せる能力を習得したのではないかという仮説を立てる。その後、モルダーとクライチェックはマトラに会いに行った。マトラは実験のために24年間一睡もしたことがないのだという。マトラから実験に従事していたもう一人の科学者、ギラルディ博士の名前を聞き出した2人は、彼の下へと急行した。

地下鉄の駅でギラルディ博士を発見した2人は、博士を保護しようとするが、そこにはコールの姿もあった。モルダーはコールが博士を銃撃したのを見たが、それはコールが見せた幻覚であった。コールはその隙を突いて博士を人質に取ったのである。監視カメラの映像を手掛かりに、2人はコールの居場所を特定した。そこに到着した2人は負傷した博士を見つける。モルダーはコールが自殺するのを止めようとしたが、クライチェックがコールを射殺してしまうのだった。クライチェックはコールが拳銃を持っていると思い込んでいたが、彼が実際に手にしていたのは聖書であった。自分のオフィスに戻ったモルダーは捜査資料がなくなっていることに気が付いた。

その頃、クライチェックはシガレット・スモーキング・マンに今回の事件の詳細を報告していた。彼はシンジケートのスパイだったのだ。クライチェックは「X-ファイル課の解散と2人の引き離しは失敗しています。却って2人の絆は強くなっています。」と報告していた。それを聞いたシンジケートのメンバーは、モルダーの監視役になると思っていたスカリーが逆に自分たちの敵になってしまったことを痛感するのだった[1]

製作[編集]

脚本執筆時、ハワード・ゴードンは不眠症の治療中であった。その経験から本作のアイデアを思いついたのだという[2]シーズン1アレックス・ガンサと共同で複数の脚本を執筆してきたゴードンにとって、本エピソードが初めて単独で脚本を執筆した経験になった[2]。元々、クリス・カーターもシーズン1のために不眠を題材にしたエピソードの脚本を執筆していた[3]。その脚本でカーターは「どうすれば完璧な兵士が作れるのか」という問いに向き合っていた[3]。カーターは睡眠の不思議を気に入っており、「私たちが眠ることで、悪霊たちは夢の中で自由に動けるようになるのです」「このエピソードに出てくるキャラクターは眠ることが出来ないので、自分たちの記憶が生み出した怪物に取り憑かれてしまったのです」と述べている[3]

本エピソードはニコラス・リー演じるアレックス・クライチェックの初登場回でもあった。スカリーの代わりにモルダーの相棒となったキャラクターでもあったため、カーターはクライチェックに大いに関心を引きつけられたのだという[3]。リーはシーズン1第13話「性を曲げるもの」に出演した経験があった。そのエピソードの監督だったボウマンは「この人(リー)ならFBIの新人捜査官を上手に演じられるのではないか」という印象を受けたのだという[4]。クライチェックというキャラクターの設定を練り上げていたとき、製作スタッフはクライチェックがシリーズの主要キャラクターになることを想定して作業に当たっていた。無論、もし、クライチェックが上手くシリーズに溶け込めなかった場合は、彼を早々に殺すという合意がスタッフ間でなされていた[4]

本エピソードはスティーヴン・ウィリアムズ演じるミスターXが初めて姿を見せた回でもある(シーズン2第2話「寄生」に登場したミスターXは声のみの出演だった)[2]。ミスターXは女優のナタリア・ノグリッチが演じる予定だったが、モルダーやスカリーと上手く馴染まなかったため、グレン・モーガンジェームズ・ウォンの推薦でウィリアムズが起用されることになった[5][6]

評価[編集]

1994年10月7日、FOXは本エピソードを初めてアメリカで放映し、1340万人の視聴者(820万世帯)を獲得した[7][8]

エンターテインメント・ウィークリー』は本エピソードにB+評価を下し、「トニー・トッドの演技によって、「不眠」は単なる良作から名作へと変貌を遂げた」と述べている[9]。『クリティカル・ミス』のジョン・キーガンは本エピソードに10点満点で7点を与え、「アレックス・クライチェックの初登場回としてはこれ以上ない出来だと思う」「整然と作られたエピソードだ」と評している[10]。『SFX』のデイヴ・ゴールダーは本エピソードを「SFテレビドラマ史上、全体の流れを変えたエピソード20選」に選出している[11]

ロバート・シャーマンとラース・ピアソンは本エピソードに5つ星評価で4つ星を与え、「ハワード・ゴードンはベトナム戦争の罪というクリシェを個人的なもの、痛ましいものへ変容させた」と肯定的評価を述べる一方で、「クライチェックがモルダーとスカリーの敵であると判明するシーンは、「不眠」の最も恥ずべきシーンである」と批判している[12]。『A.V.クラブ』のザック・ハンドルンは「「不眠」は『X-ファイル』によくある脱線であるが、クライチェックとミスターXの初登場回である以上、本来はもっと重要視されるべきだった」と述べている[13]

クリス・カーターは「私は「不眠」が大好きです。アイデア自体も素晴らしいですし、それを見事に活かしきっています。キャスト陣にも恵まれましたが、トニー・トッドは特に素晴らしかったと思います。」「ロブ・ボウマンの演出も鮮やかでした」と評している[3]

参考文献[編集]

  • Edwards, Ted (1996). X-Files Confidential. Little, Brown and Company. ISBN 0-316-21808-1. 
  • Lovece, Frank (1996). The X-Files Declassified. Citadel Press. ISBN 0-8065-1745-X. 
  • Lowry, Brian (1995). The Truth is Out There: The Official Guide to the X-Files. Harper Prism. ISBN 0-06-105330-9. 

出典[編集]

  1. ^ Lovece, pp. 114–116
  2. ^ a b c Lowry, pp. 169–170
  3. ^ a b c d e Carter, Chris (1994). Chris Carter talks about 12 of his favorite episodes from Season Two: Sleepless (DVD). 20th Century Fox Home Entertainment.
  4. ^ a b Carter, Chris; Duchovny, David; Spotnitz, Frank; Wong, James; Haglund, Dean (2002). The Truth Behind Season 2 (DVD). 20th Century Fox Home Entertainment.
  5. ^ Lovece, p. 116
  6. ^ Rabwin, Paul. (1994). "Deleted Scenes: Sleepless". 20th Century Fox Home Entertainment.
  7. ^ Lowry, p. 249
  8. ^ http://anythingkiss.com/pi_feedback_challenge/Ratings/19940919-19941204_TVRatings.pdf
  9. ^ The Ultimate Episode Guide, Season II”. 2017年5月18日閲覧。
  10. ^ Sleepless”. 2017年5月18日閲覧。
  11. ^ Golder, Dave (December 10, 2010). "20 TV Sci-Fi Gamechangers – The X-Files – Agent Evil". SFX. Future Publishing. Retrieved July 27, 2012.
  12. ^ Shearman and Pearson, pp. 34–35
  13. ^ The X-Files: “Sleepless” / “Duane Barry” / “Ascension"”. 2017年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]