不滅の連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

「不滅の連隊」ロシア語:«Бессмертный полк»)とは、大祖国戦争 [1]の世代の個人的な記憶と、この運動によって組織された行列の名前を保存するための国際的な公民愛国運動。戦勝記念日の毎年の参加者は、軍隊と海軍の退役軍人、パルチザン、地下戦闘機、レジスタンス戦闘機、後部労働者、強制収容所の捕虜、封鎖、戦争の子供たち の親族の写真とともに都市の通りを縦断し、ナロドナヤで家族の物語と運動現場の記録[2] を行う。

近代的な形式での活動は、ジャーナリストのセルゲイ・ラペンコフ、セルゲイ・コロトフキン、イゴール・ドミトリエフによって2012年にトムスクで開始された。

不滅の連隊への参加方法は、軍隊や前線に参加した元兵士、パルチザン、地下運動家、レジスタンス戦士、後方勤労活動者、強制収容所囚人、レニングラード包囲戦参加者、戦争遺児であった身内を追憶し追悼するため、個人が当該者の写真や、写真がない場合は名前を記したプラカードをもって、居住地都市で行われる不滅の連隊行進に参加したり、また個別に肖像、名前、写真をもって、永遠の火などの追憶のための記念碑を訪れることとなっているが、不滅の連隊への参加は、純に自発的なものである。

「不滅の連隊」は、非営利、非政治、非国営の、市民によるイニシアティブです。信仰、民族、政治的その他の信条にかかわらず、あらゆる市民が連隊に参加することができ、人々を結びつけるものあるとする。そして、イメージの場ではあり得ず、どのような企業、政治その他シンボルであれ、不滅の連隊に関連するものの中で使うことは不可。政治家、社会活動家(歴史上のそれを含む)、役人と、いかに敬われるべき人物であっても、個人化されるものではありません。連隊とは、何百万人の過ぎ去った人々と、その子孫を指すのである。

日本では、「不滅の連隊」運動は2017年から行われています。2019年には東京、大阪、札幌で開催されました。

ベラルーシ共和国では、「ベラルーシの記憶」 [3]ウクライナでは「誰も忘れられず、忘れられない」と呼ばれる同様の行動が行われている[4]

現在は不滅連隊とともに、名前と目的がロシアの不滅連隊に似た動きもあり、出来事の国家イデオロギー的指向を強化しようとしている。

背景[編集]

「不滅の連隊」という名前が登場する前から、ソ連のいくつかの都市で同様の行動が組織されていた。最古の-1965年: ノボシビルスクの121番の生徒が退役軍人の写真で街の通りを歩いた[5]。1981年、アート革命革命家の広場で黒衣を着た母親の行進と死んだ息子の肖像(アイデアは監督ユリア・シネルニコワに属していた)は、ロストフ地方のタツィンで行われた[6]。1985年のペルミ地方では、兵士、女性、妻、娘たちがソリカムスクの街路に沿って親relativeの肖像画を運んでいた。秒で1985年5月9日から毎年リペツク地方の馬のウェルは、レーニンのメインストリートに沿って退役軍人の写真を渡した。

アイデアからグローバルなイベントまで[編集]

「不滅の連隊」と呼ばれる最初のアクション[編集]

2011年、トムスクでジャーナリストのセルゲイラペンコフ、セルゲイコロトフキン、イゴールドミトリエフは、戦勝記念日の路上行列に参加している退役軍人の数が減っていることに気付き、正義を取り戻すことを決める。それまでは記念碑に持ち込んだソビエト時代の伝統に頼っていた。2012年5月9日は、近代的な形での運動の誕生日となる。

その後、プロジェクトのイニシエーター(地元のテレビ会社TV2 [7]の支援を受けた)の呼びかけで、都市住民の列がトムスクの通りを通り、親relativeの写真付きのプラカードを持ち、大祖国戦争で戦いました。「不滅の連隊」と呼ばれる集会には、戦争退役軍人の2千以上の肖像画を運ぶ6千人以上の人々が参加した [8]

アクションの地理の拡大(2012—2014)[編集]

2013年5月9日、ロストフの「不滅の連隊」の行列

地域および連邦のマスメディアでの報道は、アクションの作成者によって提案されたアイデアの人気が劇的に増加したという事実につながり、2012年5月以降トムスク周辺でさまざまな都市や国のコーディネーターのコミュニティが形成され始め、2012年12月、ロシアの15以上の都市の代表者によって行動を組織したいという要望が表明されていく[9]。2013年2月までに、4か国( ロシアウクライナカザフスタンイスラエル )の都市数は30 [10][11]に増加 [12]。2013年、大祖国戦争での勝利の68周年を記念して、集会はロシアの120の都市と村で開催された (トムスクだけで、参加者の数は連隊の正規スタッフ数を大幅に超えた )。2014年、都市の数は500に増加し -世界7か国の500の都市でその年が経過した「不滅の連隊」 [13] となる。

社会運動の形成、ロゴ[編集]

2014年1月、トムスクの不滅連隊の主催者は、非営利組織から証明書を受け取って、公共運動MIPOD不滅連隊を登録しました[14]。さまざまな都市や地域での集会は、MIPOD不滅連隊のコーディネーターと、非営利組織と正式な関係にない人々によって行われました。運動の責任者は不滅連隊の本部であり、2012年5月9日に市民イニシアチブの主催者とともに、憲章の規定を共有し、地域の連隊のコーディネーターになる準備を表明する組織と市民が含まれます[15]

グローバルプロモーション(2015年以降)[編集]

2015年以来、不滅の連隊のキャンペーンは、ロシアの戦勝記念日のお祝いの最も重要な要素の1つとなっています。同時に、イベントの国際化が大幅に拡大しています(「アクションが発生する国」セクションを参照)。2015年、「不滅の連隊」は17か国の1150の集落[16]で開催され、2016年には42か国で開催されました。

2015年5月9日、モスクワの不滅の連隊の行列でロシアウラジミールプーチン大統領。プーチン大統領の左はソ連のヴァシリー・ラノボイの人民芸術家であり、不滅の連隊の長であるモスクワRPOD ニコライ・ゼムツォフ、右はRSFSRのイリーナ・クプチェンコの人民芸術家です。
リャザンの不滅の連隊、2016年5月9日
2016年5月9日、メイコップの不滅連隊
咲の不滅連隊、2016年5月9日
カリーニングラードの不滅の連隊、2017年5月9日
サンクトペテルブルクの不滅連隊、2018年5月9日(行列の終わり)

不滅連隊の地域間歴史的および愛国的社会運動の憲章によると、運動の主な仕事は、各家族に第二次世界大戦の世代の個人的な記憶を保存することです。運動への参加は純粋に自発的であり、抗議者が親relativeの記憶を尊重するために外出することを意味します-軍と海軍の退役軍人、パルチザン、地下、抵抗戦闘機、ホームフロント労働者、強制収容所の囚人、封鎖または戦争の子供。アクションの参加者は、他の場所に登録することなく、行列に参加したり、肖像画や写真付きのバナーを別の記念場所であるEternal Flameに持ち込むことができます[1]。同時に、希望する人には、不死の連隊運動のウェブサイトにある大祖国戦争の参加者の名前のリストに短い伝記で親relativeの名前を追加する機会が与えられます。

不滅連隊プロモーションのルール[編集]

主催者と資金[編集]

2015年以来、「不滅の連隊」の行列の主催者の1人は、次の個人によって共同設立された、全ロシアの公共運動「勝利ボランティア」(2018年にはロシアの76の地域で代表)[17]

2019年5月、教職員組合同盟の議長、野党Aの支持者 A. バルク サンクトペテルブルクの海門門の副代表であるダニエル・ケンは、学校の教師たちに不滅連隊の行動に参加しないように促しました。彼によると、当局者は行列に参加し、イベントに個人的に出席するためにキャンペーンをしている間、「[普通のロシア人]の家族の記憶を個人的な利益のために使用しようとしている」-自己PRのために、または権力と人々の統一の外観を作成するために[18]

アクションが行われる国[編集]

シムケントの不滅連隊、2015年5月9日
ドネツクの不滅の連隊、2015年5月9日
ドネツクの不滅連隊、2016年5月9日
ソフィアの不滅連隊、2019年5月9日

アクション「不滅の連隊」は80以上の州と準州を対象としています。

  • アブハジア共和国 (2014年以降)
  • オーストラリア (2016年以降)
  • オーストリア (2016年以降)
  • アゼルバイジャン (2015年以降)
  • アルバニア (2015年以降)
  • 南極大陸 (2018年以降)
  • アルゼンチン (2016年以降)
  • アルメニア (2016年以降)
  • ベラルーシ (2012年以降)
  • ベルギー (2017年以降)
  • ブルガリア (2015年以降)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ (2017年以降)
  • ブラジル (2017年以降)
  • イギリス (2015年以降)
  • ハンガリー (2016年以降)
  • ベトナム (2017年以降)
  • ドイツ (2015年以降)
  • 香港(2019年以降)
  • ギリシャ (2015年以降)
  • ジョージア (2015年以降)
  • デンマーク (2016年以降)
  • DNR(2015年以降)
  • エジプト (2017年以降)
  • ザンビア (2018年以降)
  • イスラエル (2014年以降)
  • インド (2015年以降)
  • インドネシア (2016年以降)
  • アイルランド (2015年以降)
  • アイスランド (2015年以降)
  • スペイン (2016年以降)
  • イタリア (2016年以降)
  • カザフスタン (2013年以降)
  • カンボジア (2018年以降)
  • カナダ (2015年以降)
  • カタール (2016年以降)
  • キプロス (2016年以降)
  • キルギスタン (2013年以降)
  • 中国 (2016年以降)
  • 北朝鮮 (2017年以降)
  • コロンビア(2019年以降)
  • 大韓民国 (2015年以降)
  • コンゴ共和国 (2017年以降)
  • コスタリカ (2014年以降)
  • キューバ (2017年以降)
  • クウェート (2017年以降)
  • ラトビア (2015年以降)
  • レバノン (2015年以降)
  • リビア (2017年以降)
  • リトアニア (2016年以降)
  • LPR (2015年以降)
  • ルクセンブルク(2017年以降)
  • 北マケドニア (2016年以降)
  • マレーシア (2018年以降)
  • マルタ (2016年以降)
  • モロッコ (2017年以降)
  • メキシコ (2015年以降)
  • モルドバ共和国 (2016年以降)
  • モンゴル (2016年以降)
  • ネパール (2017年以降)
  • ナイジェリア (2017年以降)
  • オランダ (2016年以降)
  • ニュージーランド (2018年以降)
  • ノルウェー (2015年以降)
  • オマーン (2016年以降)
  • パレスチナ州 (2017年以降)
  • パナマ (2016年以降)
  • ポーランド (2014年以降)
  • ポルトガル (2017年以降)
  • ロシア (2011年以降)
  • ルーマニア (2016年以降)
  • セルビア (2016年以降)
  • シリア (2018年以降)
  • スロバキア (2016年以降)
  • スロベニア (2016年以降)
  • アメリカ (2016年以降)
  • タジキスタン (2016年以降)
  • タイ (2016年以降)
  • チュニジア (2017年以降)
  • トルクメニスタン (2016年以降)
  • トルコ (2016年以降)
  • ウズベキスタン (2016年以降)
  • ウクライナ (2012年から2014年まで)
  • フィリピン (2018年以降)
  • フィンランド (2015年以降)
  • フランス (2016年以降)
  • クロアチア (2016年以降)
  • モンテネグロ (2016年以降)
  • チェコ共和国 (2016年以降)
  • チリ (2018年以降)
  • スイス (2016年以降)
  • スウェーデン (2016年以降)
  • エストニア (2015年以降)
  • 南アフリカ (2016年以降)
  • 南オセチア (2013年以降)
  • 日本 (2017年以降)

ストックの使用とその名前[編集]

PRプラットフォームとしての不滅の連隊[編集]

2019年5月、教職員組合同盟の議長、野党Aの支持者 A. バルク サンクトペテルブルクの海門門の副代表であるダニエル・ケンは、学校の教師たちに不滅連隊の行動に参加しないように促した。彼によると、当局者は行列に参加し、イベントに個人的に出席するためにキャンペーンをしている間「[普通のロシア人]の家族の記憶を個人的な利益のために」-自己PRまたは権力と人々の統一の外観を作成するために[18] 使用しようとしているという。

「恥ずべき連隊」、「ホームレス連隊」、「不滅の小屋」[編集]

2018年の夏と秋の終わりに、さまざまな左翼部隊が「恥ずかしい連隊」の行進を組織し、ロシアの都市の通り(コムソモリスクオンアムール、エカテリンブルクなど)が行進。)に著名な政治家の写真[19][20]がフラッシュした。このプロモーションの一環として、リーフレットも掲示された(たとえば、サンクトペテルブルク)。「恥ずかしい連隊」では、A. メドベージェフ、V B. プーチン、V 私。マトヴィエンコ[21] など参加者はすべての下院議員を登録した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Устав полка”. Официальный сайт движения «Бессмертный полк». 2015年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月8日閲覧。
  2. ^ Как создавать Семейные Истории на сайте Бессмертного Полка (видеоинструкция)”. 2017年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  3. ^ Республиканская акция "Беларусь помнит"”. storyofvictory.sb.by. 2019年5月5日閲覧。
  4. ^ Акция "Никто не забыт, ничто не забыто" пройдет в Киеве 9 мая”. ТАСС. 2019年5月10日閲覧。
  5. ^ Акция «Бессмертный полк» родилась 49 лет назад в Новосибирске, а не в Томске // «Академия новостей».
  6. ^ АиФ- Ростов (2016年8月17日). “Бессмертный полк. Впервые портреты фронтовиков пронесли на Дону в 1981-м”. www.rostov.aif.ru. 2019年4月9日閲覧。
  7. ^ Томск в мае 2012 года: фотокалендарь городских событий”. // Сайт Obzor.westsib.ru (2012年6月5日). 2015年4月21日閲覧。
  8. ^ Летопись полка”. // Сайт акции «Бессмертный полк». 2015年4月21日閲覧。
  9. ^ Томская акция «Бессмертный полк» в 2013 г. пройдёт в 15 городах России”. // РИА Новости (2012年12月9日). 2015年4月21日閲覧。
  10. ^ 9 мая 2013 года. В Бессмертном полку — 150 тысяч человек”. // Алтапресс (2013年5月9日). 2015年4月21日閲覧。
  11. ^ Около 30 городов уже присоединились к томской акции «Бессмертный полк»” (2013年2月13日). 2015年4月21日閲覧。
  12. ^ В Днепропетровске прошёл «Бессмертный полк»”. // obozrevatel.com (2013年5月9日). 2015年4月21日閲覧。
  13. ^ Ирландия присоединится к всероссийской акции «Бессмертный полк»”. // ТАСС (2015年4月4日). 2015年4月21日閲覧。
  14. ^ Свидетельство о государственной регистрации некоммерческой организации МИПОД «Бессмертный полк» アーカイブ 2016年12月22日 - ウェイバックマシン // Официальный сайт движения «Бессмертный полк».
  15. ^ Устав «Бессмертного полка»// Сайт акции «Бессмертный полк».
  16. ^ «Бессмертный полк» пройдёт в 15 странах и тысяче городов”. // ТАСС (2013年4月9日). 2015年5月1日閲覧。
  17. ^ Дымовая завеса: Как псевдообщественники симулируют гражданское участие в выборах
  18. ^ a b Учителей и школьников Петербурга призвали не обслуживать власть и не участвовать в «Бессмертном полку» по разнарядке”. Росбалт (2019年5月7日). 2019年5月8日閲覧。
  19. ^ М. Игнатьева (2018年8月27日). “«Позорный полк» прошёлся по Комсомольску-на-Амуре”. Комсомольская правда. 2019年5月5日閲覧。
  20. ^ Д. Евстафькв (2018年9月2日). “В Екатеринбурге прошел "Позорный полк"”. Московский комсомолец. 2019年5月5日閲覧。
  21. ^ Т. Вольтская (2018年11月8日). “Герои "Позорного полка". В Петербурге появились новые формы протеста”. Радио «Свобода». 2019年5月5日閲覧。

参照資料[編集]

写真とビデオ[編集]