不滅の恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「不滅の恋人」宛の手紙。最初のページのファクシミリ

不滅の恋人(ふめつのこいびと、: Unsterbliche Geliebte)とは、作曲家のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1812年7月6日から7日にかけてテプリツェでしたためた手紙の謎めいた宛名である[注 1]。全体で小さな便箋10枚からなる手紙はベートーヴェンのむらの多い肉筆による[1][2]。明らかに送られなかったであろう手紙は作曲者の死後、持ち物の中から発見され、アントン・シンドラーが手元に置いていた。シンドラーの遺言により彼の姉妹の手に渡り、その人物が1880年ベルリン州立図書館へ売却して今日に至る[3]。手紙は鉛筆書きで3つの部分からなる。

ベートーヴェンが作成年や場所を明記しなかったため、1950年代まで手紙の正確な日付と受取人の特定は推論の域を出なかった。紙の透かしの研究により年代が決定され、さらに押し進めて場所が特定された。これ以来、学者たちの間では、この「不滅の恋人」書簡を受け取るはずだった人物に関して意見が分かれている。現在最も有力視されている2人の候補はアントニー・ブレンターノ[4]ヨゼフィーネ・ブルンスヴィック[5]である。その他の候補として、程度の差こそあれ主流の学術的裏付けと共に推測されているのはジュリエッタ・グイチャルディ[6]テレーゼ・マルファッティ[7]マリー・フォン・エルデーディ[8]ベッティーナ・フォン・アルニム[9]ら他である[注 2]

文章の分析[編集]

ヨーゼフ・シュミット=ゲルクによってベートーヴェンがヨゼフィーネ・ブルンスヴィックに宛てた13通の恋文が公開され、「不滅の恋人」宛ての手紙が彼の書いた唯一の恋文ではないことが明らかとなった。その後、1804年から1809年にかけての書簡、そして1812年のこの謎めいた手紙における言葉づかいや言い回しの類似性より、ヨゼフィーネが知られざる女性だったのではないかという説が提唱されるようになった[10]。以下に他の書簡との表現の比較を含む例を提示する[11](括弧内は原文の表現で[12]、原文付きの記述が「不滅の恋人」書簡の内容、その他は別の手紙から)。

  • 「我が天使」(Mein Engel)この単語は手紙の最後の部分にも使われている。
「さようなら、天使 - わが心の - 我が人生の。」(#219, 1805年4月)この手紙にはドイツ語で親密な相手に用いる2人称の「Du」が使われている。; 「ごきげんよう、わが心の天使」(#220, 1805年4月/5月)
  • 「私の全て」(mein alles)、「君 - 君 - 我が人生 - 私の全て」(dir - dir - mein Leben - mein alles)
「君 - 君 - 私の全て、私の幸福(中略)私の慰め - 私の全て」(#214, 1805年1月-4月); 「J.全て様 - 貴女のための全て」(#297, 1807年9月20日以降)
  • 「エステルハージ」(Esterhazi)ハンガリー出身のブルンスヴィック家はこのハンガリー貴族をよく知っていた。
  • 「私だけの忠実な宝物でいてください」(bleibe mein Treuer einziger schaz)、「貴女の忠実なルートヴィヒ」(dein treuer ludwig)、「私の貴女への忠実さをご存知でしょうから、他の誰も私の心を手にすることはできないのです」(da du meine Treue gegen dich kennst, nie eine andre kann mein Herz besizen, nie - nie)、「貴女の最愛なるL.の最も忠実なる心を決して誤解なさらないでください」(verken[ne] nie das treuste Herz deines Geliebten L.)、「永遠に貴女の、永遠に私の、永遠に我々の」(ewig dein ewig mein ewig unß)
「長く - 長く - 我らの愛が続きますよう - それは非常に気高く - 根差す足元の多くの部分には互いの尊敬と友情 - 多くのこと、考えや感情の上での大きな共通点さえもがある - ああ、願わせて下さい、あなたの魂が - いつまでも私を探し続けるよう - 私の魂だけが - 立ち止まり - あなたを探せるよう - もし - それがもう鼓動していなかったとしても - 愛しきJ」(#216, March/April 1805); 「貴女の忠実なBethwn」(#279, May 1807)、「貴女の忠実なるBthwn、永久に貴女のために」(#294, 20 September 1807)こうした文言はそれまでに長期にわたる関係があったことを明確に示している。
  • 「愛しき人、貴女は苦しみの中にある(中略)苦しみの中に - ああ、わたしがどこにいようとも、貴女は私とともにいるのです」(Du leidest du mein theuerstes Wesen...du leidest – Ach, wo ich bin, bist du mit mir)
ヨゼフィーネは病気がちだっただけではなく、この頃は夫が彼女のもとを去っていったために特に落ち込んだ状態だった。
  • 「しかし - しかし決して私の前からいなくならないでください」(doch – doch nie verberge dich vor mir)
1807年、ヨゼフィーネは家族からの圧力によりベートーヴェンの前から姿を消そうとしていた。ベートーヴェンが会いに来た際、彼女がいたのは自宅ではなかった(#294と#307を参照)。
  • 「私はもう床に就かねばなりません(取り消し線が引かれて:さあ一緒に、一緒に -)」(muß ich schlafen gehen – [durchgestrichen: o geh mit, geh mit –])
強い調子で取り消されている文言は、おそらく彼らの愛が行き付くところまで到達していたことを強く示唆しているのだろう。そしてこれがちょうど9か月後のヨゼフィーネの第7子、ミノーナの誕生を説明する可能性もある。

推論の時代(1827年-1969年)[編集]

テプリツェのZur goldenen Sonneのペンション。ベートーヴェンは1812年7月6日、7日をここで過ごしており、その間に『不滅の恋人』宛の手紙が書かれたのではないかと考えられる。

シンドラーはベートーヴェンの伝記(1840年)の中で、ユリー(ジュリエッタ)を「不滅の恋人」と名付けた[注 3]。しかしテレンバッハの研究(1983年)によると、ベートーヴェンが1799年から1809年/1810年頃にかけてむなしい恋に落ちていたヨゼフィーネから疑いの目を逸らすため、彼女の従兄弟であるフランツ・ブルンスヴィックがシンドラーに提案したことである可能性があるという[13]ラ・マーラが出版したテレーゼ・ブルンスヴィックの回顧録(1909年)には、ベートーヴェンへの心からの賛美と崇拝が示されている。このことと幾人かのブルンスヴィックの子孫への聞き取りから、彼女はテレーゼが「不滅の恋人」であったに違いないという結論に達している[14]

アレグザンダー・ウィーロック・セイヤーなどの大半の研究者は[15]、当初はテレーゼが「不滅の恋人」であると考えていた。セイヤーは手紙の執筆時期は1806年から1807年頃に違いないと考えていた。ヴォルフガング・アレクサンダー・トーマス=サン=ガリ(1909年、1910年)はボヘミアの公的な客人一覧を調べ、はじめはアマーリエ・ゼーバルトが「不滅の恋人」であろうと結論づけた(1909年)。ゼーバルトが1812年7月の初頭にプラハに居なかったことは確実であり、このためバリー・クーパーは彼女を候補から除外している[16]。トーマス=サン=ガリはその後(1910年)、テレーゼ・ブルンスヴィックがお忍びでプラハへ来ていた可能性があると考え、彼女がそうなのではないかと推測するようになった。これに異議を唱える者も現れた。アンドレ・ド・ヘヴェシー(1910年)はテレーゼ・ブルンスヴィックを除外し[注 4]マックス・ウンガー(1910年)はアマーリエ・ゼーバルト説を否定した[17]。古い文献はエリオット・フォーブズによってまとめられている[18]パウル・ベッカーにより「Die Musik」上で偽造されたベートーヴェン書簡もあった[注 5]。しかし、でっち上げであったことが既にニューマンによって示されている(1911年)。信憑性を失ったグイチャルディ仮説を救おうとする窮余の努力であった。

その間に「不滅の恋人」書簡の執筆時期に関しては、1812年7月6日-7日が確かな日付であると裏付けられていった。根拠は透かしや文献のみならず[19]、ベートーヴェンがラーヘル・ファルンハーゲン・フォン・エンゼに宛てた手紙にも求められ、そこからは彼が1812年7月3日に「不滅の恋人」と会っていたに違いないことがわかる。「申し訳ない、親愛なるV.、プラハ最後の晩を貴女と過ごすことができませんでした。私自身失礼なことだと思いましたが、予期しない事態によりそうせざるを得なかったのです[20]。」

ブルンスヴィック家の屋敷から新たに手紙やメモ書きを発見したラ・マーラは次のように確信した(1920年)。「デイム伯爵未亡人ヨゼフィーネがベートーヴェンの『不滅の恋人』である[21]。」マリアンヌ・チェケは初めてテレーゼの1813年の日記帳の結びの言葉を公表し(1938年)、ベートーヴェンが愛していたのはヨゼフィーネであったが、それでも「不滅の恋人」であるテレーゼに傾いていったと結論した。結びの言葉の一部は既にローランドが知るところであった[注 6](1928年)。ジークムント・カズネルソンはブルンスヴィックの屋敷からさらに多くの資料を検討し、ファルンハーゲンが「遠くの恋人」の背後にいると考えつつも「不滅の恋人」はヨゼフィーネであったとした(1954年)。その根拠は、主に彼女の娘のミノーナが夫のシュタッケルベルク男爵が居ない状況で、ベートーヴェンとの出会いからちょうど9か月目に生まれていることである。カズネルソンは、第二次世界大戦後「13通の手紙」を所有していたチューリッヒの蒐集家ハンス・コンラート・ボドマーが彼に手紙の閲覧を許さなかったにもかかわらず、この結論に到達している[22]

心理分析を駆使したエディスリチャード・スターバは、ベートーヴェンの甥であるカールが「不滅の恋人」であろうと議論している[23](1954年)。ダーナ・シュタイヒェンはマリー・フォン・エルデーディがベートーヴェンが生涯愛した人物であったとし、従って「不滅の恋人」であると考えた[注 7](1959年)。ジョージ・リチャード・マレックは「不滅の恋人」がドロテア・エルトマン夫人であった場合について考察を行った[注 8](1969年)。

ヨゼフィーネ・ブルンスヴィックの発見(1957年-1999年)[編集]

デイム伯爵夫人ヨゼフィーネ・ブルンスヴィック、鉛筆画のミニチュアール、1804年以前の作

ヨーゼフ・シュミット=ゲルクはそれまで知られていなかった、ベートーヴェンがヨゼフィーネ・ブルンスヴィックに宛てた13通の手紙と、ヨゼフィーネの書き写したものが残る1通の下書きを出版した(1957年)。年代は1804年から1809年/1810年であるとみられ、彼女が最初の夫であるデイム伯爵の死により早くに未亡人となった時期である[24]。シュミット=ゲルクはカズネルソンの発見を「扇情的である」と退けていた[25]ハリー・ゴルトシュミットは、「13通の手紙」に先んじて発表されたカズネルソンの理論を、このドイツ人ベートーヴェン研究者がこうも受け入れたがらなかったについて、次のような説明を行っている(1980年)。「実のところ、この会合の結果として彼らは(中略)ある私生児のことを考慮しなければならなくなるが、これは専門家の世界には冒険的過ぎてヨゼフィーネ仮説に対する抵抗を著しく凝り固めてしまうように思われたのである[26]。」シュミット=ゲルクは自身がまだ1809年ではなく1807年に書かれたと考えていた最後の手紙と、ヨゼフィーネがシュタッケルベルク男爵と1810年に再婚したことをもって、恋愛関係が終了したという立場を取っていた。

シュテファン・レイは異なる表現をしている(1957年 p.78)。「確かな結論に到達できるのは否定的な側面についてのみである。ジュリエッタ・グイチャルディアマーリエ・ゼーバルトベッティーナ・フォン・アルニムも、もはや考慮の対象ではない。長年にわたり有名な恋文の受取人であると真剣に考えられていたテレーゼ・ブルンスヴィックでさえもである。しかしテレーゼに否定的な意味で確かな光を当てたのが全く同じ資料であり、そこに残されていたのがベートーヴェンが彼女の妹のヨゼフィーネに情熱的な愛情を注いだ証拠であったのは興味深い[27]。」

現在も変わらず「標準的な」ドイツのベートーヴェン伝記作家であるヴァルター・リーツラーは、ヨゼフィーネがベートーヴェンの「唯一の恋人」であったするカズネルソンの説を支持する(1962年, p.46)。これは「内的な証拠」がヨゼフィーネを示していると結論したカール・ダールハウスと同様である(1991年 p.247)[注 9]

フランス人のジャンブリジット・マッサンは、主として「不滅の恋人書簡」とそれ以前の14(15)通の恋文との比較を基にヨゼフィーネを「不滅の恋人」であると同定した(1955年)。「『不滅の恋人』への手紙は(中略)使われている語彙が類似しているだけでなく、彼がただ1人愛した人物への長きにわたる忠誠が強調されてもいる[28]。」これに加え、ベートーヴェンの作品への影響について「マッサン夫妻が論じるのは(中略)ベートーヴェンの暮らしにヨゼフィーネが存在したことが彼の作品に跡を残しているということである。(中略)音楽理論の観点からは、その関連は明確に頷かれるものである[29]。」

マッサン夫妻(1955年)、ゴルトシュミット(1980年)に続いてテレンバッハがヨゼフィーネの可能性について大々的な議論を行った(1983年、1987年、1988年、1999年)。この際に根拠となったのは主として新しく発見された資料であり、テレーゼの後年の日記のメモ書きのようなものである。一例を挙げるならば「ベートーヴェンが書いた3通の手紙」に関する内容であり「それらは彼が情熱的に愛情を注いだヨゼフィーネに送られたに違いない[30]。」という。「ベートーヴェン!彼が我が家の友人、親友であったなんて夢のようだ - 素晴らしい人 - どうして未亡人であった妹のヨゼフィーネは彼を婿としなかったのか?ヨゼフィーネの心からの友人!彼らはお互いのために生まれてきた。彼女はシュタッケルベルクより彼と一緒になった方が幸せだっただろう。母の愛が決めてしまったのだ - - 彼女が自らの幸福を断念することを[31]。」テレーゼはベートーヴェンについてこうも書いている。「このような知的才能を持つことがいかに不幸なことか。同時にヨゼフィーネも不幸だった!『Le mieux est l'ennemi du bien(最善は善の敵)』 - 一緒に居られたら2人とも幸せだっただろう(おそらく)。彼が必要としたのは伴侶、それは確かである[32]。」「私はこれほど長年にわたってベートーヴェンと親しく、理知的に交流を深めることができて幸運だった!ヨゼフィーネの親しく - 心からの友人!2人は互いのために生まれ、もしまだ生きていたのなら、2人は一緒になっていたことだろう[33]。」ゴルトシュミットの「ヨゼフィーネ仮説」への評価はこうである。「反例となる決定的証拠なしに、『不滅の恋人』が『唯一の恋人』以外の人物ではないという正当性が高まりつつある仮説を手放そうとする者はもはやいないはずだ[34]。」

メイナード・ソロモンは主にマッサン(1955年、1970年)、ゴルトシュミット(1980年)、テレンバッハ(1983年)に対して、ヨゼフィーネを「不滅の恋人」の候補とすることに異を唱えている(1988年)。

アントニー・ブレンターノとその他人物(1955年-2011年)[編集]

1955年、フランスの学者であるジャンとブリジット・マッサンはアントニー・ブレンターノが当時のプラハとカルロヴィ・ヴァリに居たと指摘し、彼女が「不滅の恋人」の候補となり得るのではないかとの説を唱えた。「(『不滅の恋人』が)アントニー・ブレンターノであったという仮説は魅力的であり、同時に滑稽でもある[35]。」彼らは次のように続ける。仮説が魅力的といえる理由は

  • ベートーヴェンとブレンターノは彼女がウィーンに帰って以来「親しい仲」であったこと
  • 1812年の夏季、ベートーヴェンはブレンターノと同じフランツェンスバードのホテルで過ごしたこと
  • 同年、ブレンターノの娘のマクセに1楽章のピアノ三重奏曲(WoO 39)が捧げられていること

仮説が滑稽である理由は

  • ベートーヴェンとアントニーの夫であるフランツの友情が続いていたこと
  • ベートーヴェンが彼から借金をしたこと
  • 「彼がアントニーに書いた多くの手紙が示すのは、2人の間に純粋で深くありながらも - 互いに抑制し合うことによって - 儀礼的な友情があったに過ぎないということ、そしてベートーヴェンが常にフランツ、アントニーと彼らの子どもを分かちがたい共同体であると認識していたらしいことである[36]。」

その4年後に日本人の作家もアントニーを「発見した」と主張している(Aoki 1959年、1968年)。しかし、これは日本国外では注目されず、彼女はドイツ語で刊行した近著で再び自身の発見を発表した(Aoki 2008)。

メイナード・ソロモンは再度、より詳細にアントニー・ブレンターノが「不滅の恋人」であったとする説を提唱した(1972年、1998年)[37]。彼の説は大きく2つの仮説(もしくは必要条件)の上に成り立つ。

  1. この人物が(ベートーヴェンと同じく)問題の時期にプラハとカルロヴィ・ヴァリに居たはずだということ[38]
  2. この出来事の直前に、彼女がベートーヴェンをよく知って(少なくとも親しい仲で)いなければならないということ[39]

補1. アントニーは夫、子ども、使用人らとの困難な旅路の末、1812年7月3日にプラハへ到着、記帳を行い、翌朝に出発している。「その夜のどこに彼女がベートーヴェンと逢引きしている時間があったのだろうか[40]。」ソロモンも次のように認めている。「ベートーヴェンとアントニーがプラハで会ったという証拠はない[41]。」またカルロヴィ・ヴァリについては「手紙が生まれたのは(中略)ベートーヴェンに対して自分はカルロヴィ・ヴァリに発つので伝えた意志を実行に移せない、と伝えた女性と会ったからだという可能性がある[42]。」ハリー・ゴルトシュミットは「短期滞在の場合、居住者は(外来者と異なり)報告義務の例外であった」ことを示している[43]

補2. アントニーに宛てた、もしくは彼女が書いた恋文、及びその他ベートーヴェンとの恋愛関係の可能性を補強する資料はない。唯一、アントニーが義理の兄弟であるクレメンスに送った手紙の中で、ベートーヴェンを「敬愛」していると表明しているに過ぎない[44]。「いつの時点でこの崇敬の念が愛情に変化したのかはいまだ知られていない。私の見込みでは(中略)1811年の秋である。(中略)情事は同年暮れまで続いた[45]。」ソロモンは自らの主張を裏付ける証拠として歌曲『恋人に寄す』(WoO 140)を引用する(1998年 p.229)。この作品の自筆譜にはアントニーが手書きで「1812年3月2日、作者より賜る」と書き込んでいる[注 10]。この背景には次の記述もある。「1811年11月、ベートーヴェンがバイエルンの宮廷歌手のレジーナ・ラングのアルバムに入れるため、『恋人に寄す』と題した新作の歌曲を作曲していることがわかる。(中略)手帳に書きつけたようないかにも素人の詩。不器用な著者による(中略)素人丸出しの三文作家ヨーゼフ・ルートヴィヒ・シュトールによる[46]。」ソロモン(1972年 p.572)はベートーヴェンがその2年前に「唯一の恋人」であるヨゼフィーネの再婚により彼女との別離に至っていたからといって、アントニーが「不滅の恋人」である可能性を排除できないと主張する。「5年後に瞬間的に恋愛関係が再燃しなかった確証はない。(中略)まだ合理的な疑いの余地が残っている。[47]」ソロモンの仮説に対しては多くの研究者が反論を行っている[注 11]。ゴルトシュミットは次のように要約する。「アントニー仮説(中略)はその他すべてを除外できるほど完全な説得力を持つものではない[48]。」また「事実関係に内在的矛盾をはらむアントニー仮説で決着をつけるのであれば、提示された他の仮説を論破する必要がある[49]。」

アルトマンによって「テレンバッハが行ったのと同様に示されたのは、アントニーの支持者の主張の根拠の多くに歪曲、推測、意見、さらに単純な誤謬が含まれるということである[50]。」しかしながら、アルトマンが提示する「不滅の恋人」がマリー・フォン・エルデーディであるという可能性はクーパー(1996年)により「あり得ない」と示されている[注 12]

ルンド(1988年)はアントニーの息子のカールが、ベートーヴェンと会ったとされる時期からちょうど8か月目に生まれていることから、彼はベートーヴェンの息子であろうと唱えた。これにはソロモンさえも「『扇情主義』である」と考えて与しなかった[51]

ベアーズ(1993年 p.183 f.)はヨゼフィーネを支持する。「実のところ彼に(中略)内なる者の心理的抑制によってでなく、悲痛な外的要因に阻まれて結婚することが叶わなかった、ある特定の愛する人物に向けられた深い永久の情熱が存在したのだろうか。(中略)マリー・エルデーディ、ドロテア・フォン・エルトマン、テレーゼ・マルファッティ、アントニー・ブレンターノといった愛された者たちへの本当の愛を示すものでさえ、一体どこにあるというのだろうか。これら全員がベートーヴェンの知られざる不滅の恋人として挙げられているが、その評価は記録や既知の書簡に裏付けられたのもではない。誰もがベートーヴェンの親しい友人であった、それは正しい、だが愛となるとどうか。しかしながら1人、わずかに1人だけ現実にベートーヴェンが心の内より熱烈な永遠の愛の宣言を打ち明けた人物がおり、その言葉づかいは不滅の恋人に対する苦悶の手紙と極めて類似している(中略)その人物が彼の『愛する、ただ1人のJ』 - ヨゼフィーネなのである。」

プルカート(2000年)が唱えた、ベートーヴェンが知りもしなかったアルメリー・エステルハージの説には、リータ・シュテープリン(2001年)が反論を行っている。メレディス(2000年 p.47)による総括には次のようにある。「アルメリーとベートーヴェンを繋ぐ証拠がない(中略)繰り返さねばならないのは、アントニーとベートーヴェンの間に情熱的な恋愛関係があったという証拠もなく、ただの親密な友人関係が示されるに過ぎないということである。ヨゼフィーネについては(中略)少なくとも1805年から1807年の間は実際に彼が熱烈に恋焦がれていたということがわかっている。」

クラウス・マルティン・コピッツ(2001年)はこう述べる[注 13]。「価値ある努力の結果(中略)アントニーが『不滅の恋人』ではあり得ないことが明らかにされた。彼女は幸福な妻であり母であった(中略)彼女を候補に加えるにはカルロヴィ・ヴァリでの三人婚という蓋然性の低い筋書きを盛り込むことになり、心理学的に意味をなさない[52]。」

ヴァルデン(2011年 p.5)は、彼女に宛てられたベートーヴェンの手紙とされる2通の偽書のうちひとつが真筆であるとの仮定に基づき、ベッティーナ・ブレンターノが『不滅の恋人』であるとの説を展開する。「そのベッティーナ宛の手紙が本物であるならば、ベッティーナが『不滅の恋人』であるとの決定的な証明が果たされることになろうが、原本が現存せず、今日ではその信頼性に強い疑問が呈されている。(中略)彼女の信頼性と真実性には、今日暗雲が立ち込めている[注 14]。」メレディス(2011年 p.xxii)は自著のはしがきにおいて、主要な候補に関する議論を再度吟味した上で「ヴァルデンの提案は公平に考慮するに値する」と考えた。現在に至るまでの議論の歴史を振り返ったメレディス(2011年)は、フランスのマッサンやドイツのゴルトシュミットらの著作物がこれまで英語に翻訳されておらず、米国を拠点とするベートーヴェン学者がこの研究分野で最も価値ある資料を手にすることができない現状を嘆いている。「不運なことに、『不滅の恋人』に関して最も重要で議論の余地を残す研究には英語翻訳されたことがないものが複数あり、研究が与えうる影響は著しく制約を受けている。」(p.xv)「テレンバッハも(中略)不幸なことに英訳として世に出たことはない。」(p.xvii)

ヨゼフィーネの再発見(2002年から現在)[編集]

リータ・シュテープリン(2002年、2007年、2009年、2009年a)とスクワラ/シュテープリン(2007年)により、ヨーロッパの文書保管庫から重要な新発見がもたらされた。要点は次の2点に纏められる。

  1. 疎遠であったヨゼフィーネの夫のシュタッケルベルク男爵は、1812年7月の始め若しくは6月末から約2か月にわたり家を留守にしていたらしいことが、彼女の日誌に記されている。「今日は私には困難な1日だった - 運命の手は私の上で不気味に止まっている - 私自身の悲しみに加え子どもたちの堕落を目にしてしまい、そして - ほとんど - すべての勇気が私を見捨てたのだ - !!!(中略)シュタッケルベルクは私を1人にさせたがっている。彼は必要なものを請う声に無感覚だ[53]。」また、シュテープリンは「規則表」と題された資料と、クリストフ・フォン・シュタッケルベルクの肉筆による7月5日から11日の日付の道徳的分類一覧を発見した。「こういうわけでこの文書全体は(中略)彼が(中略)自らの将来を熟考していた時期に書かれており、ヨゼフィーネが1812年の6月と7月に独りにされていたことを示すさらなる証拠であるのは間違いない。」
  2. ヨゼフィーネは1812年6月にプラハへ行きたいという明確な意思を示していた。「私はプラハでリーベルトに会いたい。決して私から子どもたちを連れ去らせはしない。(中略)シュタッケルベルクのせいでやつれ、そして彼のせいで酷い苦痛と病に見舞われた[54]。」

「新たな視点で古い資料を見直すと、ヨゼフィーネがベートーヴェンのただ1人の『不滅の恋人』であったと確信させられる。(中略)彼自身の様々な謎めいた評言を含め、ベートーヴェンの『不滅の恋人』との恋愛におけるパズルのような側面の全ては、彼が愛したと知られる人物 - ヨゼフィーネ - によって説明することができる。自分の心をとらえた女性はただ1人しかいないという彼自身の言葉に、どうして疑問を唱えられようか[55]。」

映画『不滅の恋/ベートーヴェン』[編集]

バーナード・ローズ脚本の1994年の映画『不滅の恋/ベートーヴェン』では、「不滅の恋人」はベートーヴェンの義理の妹であったヨハンナ・ライスであったとされている。ベートーヴェンは彼女と甥のカールの親権を巡って長期にわたる苛立たしい法廷闘争を行った。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 手紙には宛先の住所がなく、封筒も発見されていないことから送付はされなかったものとみられる。手紙は「我が天使」宛であり「不滅の恋人」という表現は文中に一度現れるに過ぎないが、このベートーヴェン独特の言い回しが今日まで使われている。
  2. ^ バーナード・ローズ監督脚本による1994年の映画『不滅の恋/ベートーヴェン』は手紙が宛てられた人物の謎を中心としたフィクションとなっており、最終的にはベートーヴェンの義理の妹であるヨハンナ・ヴァン・ベートーヴェンへの愛情であったという結末を描いている。話はベートーヴェンの秘書で最初の伝記作家であるアントン・シンドラージェローン・クラッベ)が、真の「不滅の恋人」を確かめようと奮闘する姿を描く。シンドラーはベートーヴェンの激動の人生を調べると同時に、オーストリア中を巡って候補として可能性があると思われる女性に話を聞いていく。映画の最後では、シンドラーが真実の追及に失敗した後、ベートーヴェンが嫌っていた義理の妹のヨハンナが不滅の恋人であろうこと、そしてカールが2人の間の私生児であろうことが明かされる。(もちろん、これは憶測にすぎない)Lockwood (1997)参照。
  3. ^ ベートーヴェンは1801年から1802年にかけてしばらく彼女に夢中になっていたが(当時の彼女はベートーヴェンにピアノを習っており、ピアノソナタ第14番の献呈を受けている)、貴族の称号を持たない自分には伯爵令嬢との結婚が叶わないことを認識していた。(Steblin, 2009)
  4. ^ テレーゼが日記で触れた「Louis」は(ベートーヴェンを指すのではなく)、実はルイス・ミガッツィ伯爵のことであった。
  5. ^ ゴルトシュミットによる再版がある(1980年)。この偽書は当時の多くの学者を欺いた。「『Die Musik』の編集者たちはこのベートーヴェンの原稿を多くの著名な専門家に提出し、その全員が真筆であると言明したのである。」[Die Redaktion der "Musik" legte dieses Beethoven-Manuskript vielen bekannten Fachleuten vor, welche alle unabhängig voneinander das Stück für echt erklärten.] (Goldschmidt 1980)これに留まらず「ベッカーはその後、彼のベートーヴェン書簡が偽作であると公にしたのである。(しかし)多くのベートーヴェン学者はこれを信じたがらず、多くの新聞や雑誌は(中略)この原稿が疑いなく価値ある真筆の資料であるという確信を表明した。」[... veröffentlichte Bekker, der von ihm publizierte Beethoven-Brief sei eine Fälschung. Viele Beethoven-Forscher wollten dies aber nicht glauben und gaben in Tages- und Fachzeitschriften ihrer Überzeugung Ausdruck, daß es sich zweifellos um ein wertvolles echtes Stück handelt.] (Goldschmidt 1980)
  6. ^ ローランドはチェケと連絡を取っており、チェケはベートーヴェンとブルンスヴィック家の関係についてより多くのことを知る様子であった。
  7. ^ ゴルトシュミットは反論している。Goldschmidt (1980)
  8. ^ テレンバッハが反論している。Tellenbach (1983)
  9. ^ ドイツの主要紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング上で、テレンバッハ(1983年)のレビューとしてダールハウスは次のように述べている。「ベートーヴェンの有名な『不滅の恋人書簡』が(中略)ヨゼフィーネ・フォン・ブルンスヴィックに宛てられたものだということは、今や揺るぎない事実である。」("Daß Beethovens berühmter 'Brief an die unsterbliche Geliebte' ... an Josephine von Brunswick gerichtet war, steht inzwischen fest.")
  10. ^ "Den 2tn März, 1812 mir vom Author erbethen."
  11. ^ ゴルトシュミット(1980年)、テレンバッハ(1983年、1987年、1988年、1993年/1994年、1998年)、ベアーズ(1972年、1986年、1988年、1993年)、ダールハウス(1991年)、ピヒラー(1994年)、アルトマン(1996年)、メレディス(2000年)、シュテープリン(2007年)、ヴァルデン(2011年)、ケイヤーズ(2012年)、スワッフォード(2014年)。「この(ソロモンがアントニー説を擁護する)方法論の不備は、彼が自身の挙げる候補者のみが満たすとわかっている事柄を要求事項に設定したことである。」(Walden 2011, p. 104)
  12. ^ これは既にゴルトシュミット(1980年)がシュタイヒェン(1959年)に反論する形で示している。しかし、クーパーが述べるのはウィーンの地形に関する基礎的な専門知識に関する限り、「クロスターノイブルクからイェードレゼー(Jedlersee)に到達するためにカーレンベルク英語版を横切らねばならない」というのでは満足いかない点が多いということであった。
  13. ^ Walden (2002)も参照のこと。
  14. ^ ヴァルデンは1章を割いてその信頼性を担保する証拠を提示しているが、ベートーヴェンがベッティーナ宛に書いたとして彼女によって公開された3通の書簡のうちの2通は、彼女が公開したゲーテ筆の同種の手紙同様に偽書であるとみなされるのが一般的である。ヴァルデンの著書は『ベートーヴェン・ジャーナル』(2011, 26, p. 34)でもパトリシア・ストローによって要約、論評されている。

出典

  1. ^ ファクシミリ版はBrandenburg (2001)に掲載されている。
  2. ^ ドイツ語の書き起こし、英訳ならびに歴史的背景についてはBrandenburg (2001)を参照。また、Brandenburg (1996), Letter #582, Goldschmidt (1980), pp. 21-23; facsimile p. 240 fにも掲載されている。誤訳を含む初期の英訳はAnderson (1961), Letter #373;より品質の向上した英訳はBeahrs (1990)を参照。
  3. ^ The letter's signature is "Mus. ep. autogr. Beethoven 127."
  4. ^ Solomon (1972, 1998), supported by Cooper (2000, 2008), Kopitz (2001) and Lockwood (2003), contested by Goldschmidt (1980), Tellenbach (1983, 1987, 1988, 1993/1994, 1998), Beahrs (1972, 1986, 1988, 1993), Dahlhaus (1991), Pichler (1994), Altman (1996), Meredith (2000), Steblin (2007), and Walden (2011); numerous refutations in The Beethoven Journal 16/1 (Summer 2001), pp. 42-50.
  5. ^ La Mara (1920); Kaznelson (1954); Riezler (1962); Massin (1955, 1970); Goldschmidt (1980); Tellenbach (1983, 1987, 1988, 1999); Beahrs (1986, 1988, 1993); Dahlhaus (1991); Pichler (1994); Noering (1995); Steblin (2002, 2007, 2009a).
  6. ^ Schindler (1840). 彼女の名前はユリー(Julie)であり、いつもそのように呼ばれていた(Steblin 2009)。ベートーヴェンがピアノソナタ第14番にイタリア語で記した献辞ではジュリエッタ(Giulietta)とされている。なんらかの理由により、それ以降この名前が定着している。(彼女の年齢や結婚年月日が不正確であるのと同様、彼女にまつわる伝説のひとつである。Steblin 2009, p. 145参照)
  7. ^ Tenger (1890); La Mara (1909).
  8. ^ Altman (1996).
  9. ^ Walden (2002, 2011). ファルハーゲン(Varagen)の1856年2月18日の日記には次のようにある。「ベッティーナは(中略)ベートーヴェンが自分に惚れており、結婚を望んでいたと主張している!(中略)ただ夢に見ただけの幻想に過ぎない!」(Tellenbach 1983, p. 101) 1811年にアヒム・フォン・アルニムと幸せな結婚をしているため、大抵の場合において彼女は「不滅の恋人」としての可能性の低い人物の1人であると考えられている。
  10. ^ 主として以下の文献による。Massin (1955, 1970), Goldschmidt (1980) and Tellenbach (1983, p. 103 f.)
  11. ^ 以下に引用された書簡の出典はBrandenburg (1996).
  12. ^ Unsterbliche Geliebte”. Beethoven-haus. 2016年11月30日閲覧。
  13. ^ "… da Giulietta ihre Affären nicht verheimlichte…" (ジュリエッタは情事を隠そうとしなかったので) Tellenbach 1983, p. 17
  14. ^ La Mara (1909) p. 17.
  15. ^ rev. Forbes, 1967
  16. ^ 2000, p.416
  17. ^ 「1812年9月にアマーリエ・ゼーバルトに宛てられた手紙の調子は、「不滅の恋人」宛の手紙のそれとは相いれない。」(Forbes 1967, p. 1090)
  18. ^ Forbes 1967, pp.;1088–1092
  19. ^ ベートーヴェンが手紙の中でエステルハージ公がテプリツェに居ると述べていることから、1812年であったに違いない。(Goldschmidt 1980)
  20. ^ "… es war mir leid, lieber V. den letzten Abend in Prag nicht mit ihnen zubringen zu können, und ich fand es selbst für unanständig, allein ein Umstand den ich nicht vorhersehen könnte, hielt mich davon ab." (Beethoven to Varnhagen, 14 July 1812, in Brandenburg 1996, #583.)
  21. ^ "… drängte sich mir die Überzeugung auf, daß ... Josephine verwitwete Gräfin Deym die 'unsterbliche Geliebte' Beethovens ... sei." (La Mara 1920, p. 1.)
  22. ^ Goldschmidt (1980)
  23. ^ これはゴルトシュミットの反駁を受けている。(Goldschmidt (1980), p. 325 f.) 驚くべきことに、この本の独語訳の出版は1964年である。その間には、明確にベートーヴェンの強い異性愛への意欲を示す「13通の手紙」(アンダーソン翻訳、1961年)も出版されていた。
  24. ^ ヨゼフィーネからベートーヴェンへ出されたものを含むその他の恋文も、シュミット=ゲルクにより出版されている(1969年)。
  25. ^ Schmidt-Görg (1957, p. 35).
  26. ^ "Der Umstand, daß man … als Folge dieser Begegnung eine natürliche Tochter in Kauf zu nehmen hatte, erschien der professionellen Welt als so abenteuerlich, daß die Widerstände gegen die Josephinen-Hypothese sich merklich versteiften." Goldschmidt (1980, p. 15)
  27. ^ "Nur im Negieren ist man in der Lage, zu eindeutigen Schlüssen zu gelangen: weder Giulietta Guicciardi noch Amalie Sebald oder Bettina Brentano können in Frage kommen, und nicht einmal Therese Brunsvik, die für eine lange Zeit ernsthaft als die Empfängerin des berühmten Liebesbriefess galt. Aber merkwürdigerweise sind es genau die gleichen Dokumente, die definitiv, im negativen Sinne, auf Therese hinweisen, Zeugnis von leidenschaftlicher Liebe Beethovens für ihre Schwester Josephine."
  28. ^ Steblin (2007), p. 149.
  29. ^ Meredith (2011), p. xv. Elaborated by Goldschmidt (1980).
  30. ^ ”3 Briefe von Beethoven ... sie werden wohl an Josephine sein, die er leidenschaftlich geliebt hat." (テレーゼの日記、1847年1月15日より Tellenbach 1983, p. 16. これはシンドラー著の伝記(1840年)に応答し、彼が主張するジュリエッタ・グイチャルディを「不滅の恋人」とする仮説に反論するものでもある。
  31. ^ "Beethoven! ist es doch wie ein Traum, [daß] er der Freund, der Vertraute unseres Hauses war – ein herrlicher Geist – warum nahm ihn meine Schwester J. nicht zu ihrem Gemahl als Witwe Deym? Josephines Herzensfreund! Sie waren für einander geboren. Sie wäre glücklicher gewesen als mit St[ackelberg]. Mutterliebe bestimmte sie – – auf eigenes Glück zu verzichten." (Therese’s Diary, 4 February 1846, in Schmidt-Görg 1957, p. 23.)
  32. ^ "Wie unglüklich bei so grossen Geistesgaben. Zu gleicher Zeit war Josephine unglüklich! Le mieux est l'enemi du bien – sie beide zusammen wären glüklich gewesen (vielleicht). Ihm hat eine Frau gefehlt[,] das ist gewiß." (Therese's Diary, 22 December 1846, in Goldschmidt 1980, p. 296.)
  33. ^ "Ich Glückliche hatte Beethovens intimen, geistigen Umgang so viele Jahre! Josephinens Haus- und Herzensfreund! Sie waren für einander geboren[,] und lebten beide noch, hätten sie sich vereint." (Therese's Diary, March 1848, in Goldschmidt 1980, p. 296.)
  34. ^ "Ohne schlüssige Beweise des Gegenteils wird man sich nicht mehr voreilig von der zunehmend begründeten Annahme trennen wollen, daß die 'Unsterbliche Geliebte' schwerlich eine andere als die 'Einzig Geliebte' war." (Goldschmidt 1980, p. 296.)
  35. ^ "L’hypothèse d’Antonia Brentano est à la fois séduisante et absurde." (Jean and Brigitte Massin 1955, p. 240.)
  36. ^ "... les nombreuses lettres qu'il écrira à Antonina marquent une amitié profonde mais presque cérémonieuse à force d'être réservée, et Beethoven semble toujours considérer Franz, Antonia et leurs enfants comme un ensemble undivisible." (Jean and Brigitte Massin 1955, p. 240.)
  37. ^ 彼はベートーヴェンとブレンターノの行方について、マレックが発見した2つの資料(1969年)を用いている。Goldschmidt (1980)参照。
  38. ^ 「『不滅の恋人』同定の必須条件は彼女が1812年7月6日の州にカルロヴィ・ヴァリに居たに違いないということである。」(Solomon 1998, p. 219)
  39. ^ 「必要となるのは(中略)、『不滅の恋人』が問題の時期にベートーヴェンと近しい知り合いであったということである。」(Solomon 1998, p. 218)
  40. ^ Steblin 2007, p.148
  41. ^ 1972, p.577
  42. ^ Solomon 1998, p.219 f.
  43. ^ "Von der Meldepflicht bei Kurzaufenthalten waren ... Inländer befreit." Goldschmidt (1980), p. 235.
  44. ^ "Beethovens heilige Hände …[,] den ich tief verehre, er wandelt göttlich under den Sterblichen, sein höheren Standpunkt gegen die niedere Welt." [ベートーヴェンの聖なる手(中略)私が深く敬愛する方、彼は人々の間を神々しく歩いており、彼の高尚なる偉業は下々の世界に相対する。] (Antonie to Clemens, 26 January 1811, in Goldschmidt 1980, p. 524)
  45. ^ Solomon (1998), p. 238
  46. ^ "November 1811 sehen wir Beethoven ein neuverfaßtes Lied mit der Überschrift ‘An die Geliebte’ der bayerischen Hofsängerin Regina Lang ins Stammbuch schreiben. … Die dilettantischen Verse haben ebenfalls Stammbuchcharakter. Als den linkischen Verfasser … von einem wirklichen Dilettanten, dem Kaffeehaus-Literaten Joseph Ludwig Stoll.” (Goldschmidt 1980, p. 138 f.) しかしながら、ゴルトシュミットのシュトール(1777年-1815年)への評価は非常に辛辣である。シュトールは大きな成功を収めた劇作家で、1809年からはナポレオンから名誉年金の支給を受けてさえいる。
  47. ^ Solomon 1998, p.461, n. 48.
  48. ^ … die Antonia-Hypothese … nicht so restlos überzeugend ist, daß sie jede andere ausschließt. (Goldschmidt 1980, p. 165 f.)
  49. ^ "Um die Antonia–Hypothese möglicherweise mit den ihr sachlich innewaltenden Widersprüchen endgültig zu verifizieren, bedarf es der Falsifizierung anderer sich anbietender Hypothesen." (Goldschmidt 1980, p. 166.)
  50. ^ Cooper 1996, p. 18. 右記も参照のこと。Meredith 2011, p.xxii.
  51. ^ Meredith 2011, p. x
  52. ^ Steblin 2007, p. 148
  53. ^ "Ich habe heute einen schweren Tag. – Die Hand des Schicksals ruht düster auf mir – Ich sah nebst meinem tiefen Kummer auch noch die Entartung meiner Kinder und – fast – aller Muth wich von mir –!!! ... St. will daß ich mir selbst sitzen soll. er ist gefühllos für bittende in der Noth." (Josephine's Diary, 8 June 1812, in Steblin 2007, p. 159.)
  54. ^ "Ich will Liebert in Prag prechen. ich will die Kinder nie von mir lassen. ... Ich habe Stackb zu liebe [mich] physisch zugrunde gerichtet indem ich ... noch so viele Kummer und Krankheit durch ihn zugezogen habe." (Josephine’s Diary, June 1812, in Steblin 2007, p. 162.)
  55. ^ Steblin 2007, p. 180

参考文献[編集]

  • Albrecht, Theodore (1996, ed.): Letters to Beethoven & other Correspondence. University of Nebraska Press.
  • Albrecht, Theodore (2009): "Anton Schindler as destroyer and forger of Beethoven’s conversation books: A case for decriminalization." Music’s Intellectual History, pp. 168–181. [1]
  • Altman, Gail S (1996): Beethoven: A Man of His Word - Undisclosed Evidence for his Immortal Beloved. Anubian Press; ISBN 1-888071-01-X.
  • Anderson, Emily (1961, ed.): The Letters of Beethoven. London: Macmillan.
  • Aoki, Yayoi (1959): "Ai no densetsu – Betoven to ‘fumetsu no koibito’" (Love-legends – Beethoven and the "Immortal Beloved"), Philharmony 31, no. 7, pp. 8–21. (Philharmony is the magazine of the NHK Symphony Orchestra.)
  • Aoki, Yayoi (1968): Ai no densetsu – geijutsuka to joseitachi (Love-legends – Artists and Women) Tokyo: San’ichishobo, 1968.
  • Aoki, Yayoi (2008): Beethoven – Die Entschlüsselung des Rätsels um die “Unsterbliche Geliebte”. [Beethoven – The Decryption of the Riddle about the "Immortal Beloved".] Munich: Iudicium.
  • Beahrs, Virginia Oakley (1972): "New Light on Beethoven's Immortal Beloved?" Michigan Quarterly Review, Vol. XI/3, pp. 177–185.
  • Beahrs, Virginia (1986): "The Immortal Beloved Revisited." Beethoven Newsletter 1/2, pp. 22–24.
  • Beahrs, Virginia Oakley (1988): "The Immortal Beloved Riddle Reconsidered." Musical Times, Vol. 129/1740, pp. 64–70.
  • Beahrs, Virginia (1990): "My Angel, My All, My Self": A Literal Translation of Beethoven's Letter to the Immortal Beloved. In: The Beethoven Newsletter 5/2, p. 29.
  • Beahrs, Virginia (1993): "Beethoven's Only Beloved? New Perspectives on the Love Story of the Great Composer." Music Review 54, no. 3/4, pp. 183–197.
  • Beck, Dagmar & Herre, Grita (1979): "Anton Schindlers fingierte Eintragungen in den Konversationsheften." [Anton Schindler's Fabricated Entries in the Conversation Books.] Harry Goldschmidt (ed.): Zu Beethoven. Aufsätze und Annotationen. [On Beethoven. Essays and Annotations.] Leipzig.
  • Brandenburg, Sieghard (1996, ed.): Ludwig van Beethoven: Briefwechsel. Gesamtausgabe. [Ludwig van Beethoven: Letters. Complete Edition.] 8 vols. Munich: Henle.
  • Brandenburg, Sieghard (2001, ed.): Ludwig van Beethoven, Der Brief an die Unsterbliche Geliebte. Facsimile, transcription and commentary in German, English and Japanese, new edition. Bonn: Beethoven-Haus.
  • Caeyers, Jan: Beethoven. Der einsame Revolutionär. Eine Biographie [Beethoven: The Lonely Revolutionary. A Biography]. Munich: Beck 2012.
  • Cooper, Barry (1996): "Beethoven’s Immortal Beloved and Countess Erdödy: A Case of Mistaken Identity?", Beethoven Journal XI/2, pp. 18–24.
  • Cooper, Barry (2000): Beethoven. Oxford: University Press.
  • Czeke, Marianne (1938): Brunszvik Teréz grófno naplói és feljegyzései. (Countess Therese Brunsvik's Diaries and Notes.) Vol. 1. Budapest: Kötet.
  • Dahlhaus, Carl (1991): Ludwig van Beethoven: Approaches to his Music. Oxford: University Press.
  • Forbes, Elliot (1967, ed.): Thayer’s Life of Beethoven. 2 vols. 2nd ed. Princeton: University Press.
  • Goldschmidt, Harry (1980): Um die Unsterbliche Geliebte. Ein Beethoven-Buch. Munich: Rogner & Bernhard (expanded version of "Um die Unsterbliche Geliebte. Eine Bestandsaufnahme". Leipzig: Deutscher Verlag für Musik 1977).
  • Hevesy, André de (1910): Petites Amies de Beethoven. Paris: Champion.
  • Howell, Standley (1979): "Beethoven's Mälzel Canon. Another Schindler Forgery?", The Musical Times Vol. 120, No. 1642, pp. 987–990. In German as "Der Mälzelkanon - eine weitere Fälschung Schindlers?", in: Harry Goldschmift (ed.): Zu Beethoven. Aufsätze und Dokumente, vol. 2. Berlin: Neue Musik 1984, pp. 163–171.
  • Kaznelson, Siegmund (1954): Beethovens Ferne und Unsterbliche Geliebte. (Beethoven's Distant and Immortal Beloved.) Zürich: Standard.
  • Kopitz, Klaus Martin (2001): "Antonie Brentano in Wien (1809–1812). Neue Quellen zur Problematik 'Unsterbliche Geliebte'." (Antonie Brentano in Vienna (1809–1812). New Sources to the Difficulties with the "Immortal Beloved".) Bonner Beethoven-Studien, vol. 2, pp. 115–146.
  • La Mara (1909) (Ida Marie Lipsius): Beethovens Unsterbliche Geliebte. Das Geheimnis der Gräfin Brunsvik und ihre Memoiren. (Beethoven’s Immortal Beloved. Countess Brunsvik’s Secret and her Memoirs). Leipzig: Breitkopf & Härtel.
  • La Mara (1920) (Ida Marie Lipsius): Beethoven und die Brunsviks. Nach Familienpapieren aus Therese Brunsviks Nachlaß. (Beethoven and the Brunsviks. According to Family Documents from Therese Brunsvik's Estate.) Leipzig: Siegel.
  • Ley, Stephan (1957): Aus Beethovens Erdentagen, chapter "Eine unsterbliche Geliebte Beethovens", pp. 78–85. Siegburg: Schmitt.
  • Lockwood, Lewis (1997): "Film Biography as Travesty: Immortal Beloved and Beethoven." The Musical Quarterly, pp. 190–198.
  • Marek, George R (1969): Ludwig van Beethoven. Biography of a Genius. New York: Funk & Wagnalls.
  • Massin, Jean & Brigitte (1955): Ludwig van Beethoven. Biographie. Histoire des Œvres. Essai. Paris: Club Français du Livre. 2nd ed. 1967.
  • Massin, Jean & Brigitte (1970): Recherche de Beethoven. Paris: Fayard.
  • Meredith, William (2000): "Mortal Musings: Testing the Candidacy of Almerie Esterházy against the Antonie Brentano Theory." Beethoven Journal 15/1, pp. 42–47.
  • Meredith, William (2011): "Introduction", in Walden (2011), pp. ix-xxxiv.
  • Newman, Ernest (1911): "A Beethoven Hoax?", The Musical Times 52/825, pp. 714–717.
  • Newman, William S (1984): "Yet Another Major Beethoven Forgery by Schindler?", The Journal of Musicology Vol. 3, No. 4, pp. 397–422.
  • Pichler, Ernst (1994): Beethoven. Mythos und Wirklichkeit. (Beethoven. Myth and Reality.) Vienna: Amalthea.
  • Pulkert, Oldrich (2000): "Beethoven's Unsterbliche Geliebte." [Beethoven's Immortal Beloved.] Beethoven Journal 15/1, pp. 2–18.
  • Riezler, Walter (1962): Beethoven. Zürich: Atlantis (8th ed.). First published in 1936 (in German).
  • Rolland, Romain (1928): Beethoven the Creator. The Great Creative Epochs: I. From the Eroica to the Appassionata. [Beethoven. Les grandes époques créatrices. I. De l’Héroïque à l’Appassionata.] Transl. Ernest Newman. New York: Garden City.
  • Schindler, Anton (1840): Biographie von Ludwig van Beethoven. (Biography of Ludwig van Beethoven.) Münster.
  • Schmidt-Görg, Joseph (1957, ed.): Beethoven: Dreizehn unbekannte Briefe an Josephine Gräfin Deym geb. v. Brunsvik. (Beethoven: Thirteen Unknown Letters to Josephine Countess Deym née von Brunsvik.) Bonn: Beethoven-Haus. (Also contains several letters by Josephine.)
  • Schmidt-Görg, Joseph (1969): "Neue Schriftstücke zu Beethoven und Josephine Gräfin Deym." [New Documents about Beethoven and Josephine Countess Deym.] Beethoven-Jahrbuch 1965/68, pp. 205–208. Bonn.
  • Skwara, Dagmar/Steblin, Rita (2007): "Ein Brief Christoph Freiherr von Stackelbergs an Josephine Brunsvik-Deym-Stackelberg." (A Letter by Christoph Baron von Stackelberg to Josephine Brunsvik-Deym-Stackelberg.) Bonner Beethoven-Studien, vol. 6, pp. 181–187.
  • Solomon, Maynard (1972): "New Light on Beethoven's Letter to an Unknown Woman." The Musical Quarterly, Vol. 58, No. 4 (Oct.), pp. 572–587.
  • Solomon, Maynard (1988): Beethoven Essays, chapter "Recherche de Josephine Deym". Cambridge, Mass.: Harvard University Press, pp. 157–165.
  • Solomon, Maynard (1998): Beethoven, 2nd ed., New York: Schirmer (1st ed. 1977).
  • Solomon, Maynard (2005, ed.): Beethovens Tagebuch 1812-1818. (Beethoven's Diary 1812-1818.) Bonn: Beethoven-Haus.
  • Stadlen, Peter (1977): "Schindler's Beethoven Forgeries", The Musical Times Vol. 118, No. 1613, pp. 549–552.
  • Steblin, Rita (2001): "Beethoven’s Immortal Beloved: Evidence against Almerie Esterházy". Abstracts of Papers Read at the Meeting of the American Musicological Society, Sixty-Seventh Annual Meeting, 15–18 November, p. 45.
  • Steblin, Rita (2002): "Josephine Gräfin Brunswick-Deyms Geheimnis enthüllt: Neue Ergebnisse zu ihrer Beziehung zu Beethoven." (Josephine Countess Brunsvik-Deym's Secret Revealed: New Results about her Relationship to Beethoven.) Österreichische Musikzeitschrift 57/6 (June), pp. 23–31. [2]
  • Steblin, Rita (2002): A History of Key Characteristics in the 18th and Early 19th Centuries. 2nd ed. (1st ed. 1983). University of Rochester Press.
  • Steblin, Rita (2007): "'Auf diese Art mit A geht alles zugrunde'. A New Look at Beethoven's Diary Entry and the 'Immortal Beloved." Bonner Beethoven-Studien, vol. 6, pp. 147–180.
  • Steblin, Rita (2009): "'A dear, enchanting girl who loves me and whom I love': New Facts about Beethoven's Beloved Piano Pupil Julie Guicciardi". Bonner Beethoven-Studien, vol. 8, pp. 89–152.
  • Steblin, Rita (2009a): "Beethovens 'Unsterbliche Geliebte': des Rätsels Lösung." (Beethoven's "Immortal Beloved": the Riddle Solved.) Österreichische Musikzeitschrift 64/2, pp. 4–17.
  • Steichen, Dana (1959): Beethoven's Beloved. New York: Doubleday.
  • Sterba, Editha & Richard (1954): Beethoven and His Nephew: a Psychoanalytic Study of Their Relationship. New York: Pantheon. In German as Ludwig van Beethoven und sein Neffe. Tragödie eines Genies. Eine psychoanalytische Studie. Munich 1964.
  • Swafford, Jan: Beethoven: Anguish and Triumph. London: Faber & Faber 2014.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1983): Beethoven und seine 'Unsterbliche Geliebte' Josephine Brunswick. Ihr Schicksal und der Einfluß auf Beethovens Werk. Zürich: Atlantis.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1987): "Beethoven and the Countess Josephine Brunswick." The Beethoven Newsletter 2/3, pp. 41–51.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1988): "Künstler und Ständegesellschaft um 1800: die Rolle der Vormundschaftsgesetze in Beethovens Beziehung zu Josephine Gräfin Deym." [Artists and the Class Society in 1800: the Role of Guardianship Laws in Beethoven’s Relationship to Josephine Countess Deym.] Vierteljahrschrift für Sozial- und Wirtschaftsgeschichte 2/2, pp. 253–263.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1993/1994): "Psychoanalysis and the Historiocritical Method: On Maynard Solomon's Image of Beethoven." Beethoven Newsletter 8/3, pp. 84–92; 9/3, pp. 119–127.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1998): "Psychoanalyse und historisch-philologische Methode. Zu Maynard Solomons Beethoven- und Schubert-Deutungen." [Psychoanalysis and Historiocritical Method. On Maynard Solomon's Interpretations of Beethoven and Schubert.] Analecta Musicologica 30/II, pp. 661–719.
  • Tellenbach, Marie-Elisabeth (1999): "Die Bedeutung des Adler-Gleichnisses in Beethovens Brief an Therese Gräfin Brunswick. Ein Beitrag zu seiner Biographie." [The Meaning of the Eagle Allegory in Beethoven’s Letter to Therese Countess Brunsvik. A Contribution to his Biography.] Die Musikforschung 4.
  • Tenger, Mariam (1890): Beethoven's Unsterbliche Geliebte. [Beethoven's Immortal Beloved.] Bonn: Nusser.
  • Thomas-San-Galli, Wolfgang A (1909): Die "Unsterbliche Geliebte" Beethovens, Amalie Sebald: Lösung eines Vielumstrittenen Problems. [Beethoven's "Immortal Beloved", Amalie Sebald: The Solution to a Much-Disputed Problem.] Halle: Hendel.
  • Thomas-San-Galli, Wolfgang A (1910): Beethoven und die unsterbliche Geliebte: Amalie Sebald, Goethe, Therese Brunswik und anderes; mit Benutzung unbekannten Materials. [Beethoven and the Immortal Beloved: Amalie Sebald, Goethe, Therese Brunsvik and Others; Using Unknown Documents.] Munich: Wunderhorn.
  • Unger, Max (1910): Auf Spuren von Beethovens Unsterblicher Geliebten. [Traces of Beethoven's Immortal Beloved.] Langensalza.
  • Walden, Edward (2002): "Beethoven's 'Immortal Beloved': Arguments in Support of the Candidacy of Bettina Brentano". The Beethoven Journal, vol. 17, no. 2: pp. 54–68.
  • Walden, Edward (2011): Beethoven’s Immortal Beloved. Solving the Mystery. Lanham, Maryland: Scarecrow.

外部リンク[編集]