不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
不思議のダンジョンシリーズ > 風来のシレンシリーズ > 不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城
不思議のダンジョン 風来のシレンGB2
砂漠の魔城
ジャンル ローグライクゲーム
ダンジョン探索型RPG
対応機種 ゲームボーイカラー (GBC)
開発元 チュンソフト
スティングレイ
発売元 チュンソフト
プロデューサー 中村光一
ディレクター 長畑成一郎
デザイナー 丸田康司
シナリオ 冨江慎一郎
プログラマー 板野英史
音楽 すぎやまこういち
松尾早人
美術 長谷川薫
小泉冬彦
シリーズ 不思議のダンジョンシリーズ
風来のシレンシリーズ
人数 1人
メディア 32メガビットロムカセット
発売日 日本 200107272001年7月27日
デバイス 通信ケーブル
その他 型式:CGB-AFMJ-JPN
テンプレートを表示

不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城』(ふしぎのダンジョン ふうらいのシレンジービーツー さばくのまじょう)は、2001年7月27日に日本のチュンソフトから発売されたゲームボーイカラーローグライクゲーム

風来のシレンシリーズ』のゲームボーイ用ソフト第2作目。前作『不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物』(1996年)からシステム面で大きな変更が加えられた。開発はチュンソフトおよびスティングレイが担当。後にリメイク版となるニンテンドーDS用ソフト『不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城』が発売された。

概要[編集]

同社による『不思議のダンジョンシリーズ』の1作であり、『風来のシレンシリーズ』のゲームボーイ用ソフト第2作目。とある砂漠地帯を治める領主の豹変の謎を解くことが主な目的である。『風来のシレンGB』で削られたモンスターの肉、ワナ道が復活するなどシステム面で大きな変更が多数加えられた。また、風来のシレンシリーズの和風なイメージとは異なる異国の世界観も特徴。

シリーズ第1作目となるスーパーファミコン用ソフト『不思議のダンジョン2 風来のシレン』(1995年)の後のストーリーとなっているため同作に登場したキャラクターが再登場する他、NINTENDO64用ソフト『不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!』(2000年)のキャラクターやシステムも導入されているためこの時点での集大成のような内容となっている[1]

開発はチュンソフトが行い、開発協力としてスティングレイが参加している。スタッフは前作に引き続き制作は中村光一、監督は長畑成一郎、脚本は冨江慎一郎、音楽はすぎやまこういちが担当している他、スーパーファミコン用ソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』(1994年)を手掛けた丸田康司が企画担当として、またスーパーファミコン用ソフト『伝説のオウガバトル』(1993年)を手掛けた松尾早人が音楽担当として参加している。

当初は2001年7月19日発売予定とされていたが後に変更された[2]。また、初回限定版にはプレミアイラストカードである「ひみつのカード」が同梱された[2]2008年にはセガからリメイク版となるニンテンドーDS用ソフト『不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城』が発売された。

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」にてゲームボーイカラー版はプラチナ殿堂、ニンテンドーDS版はゴールド殿堂を獲得した。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

風来救助隊
パスワード機能を利用した救助システムである。強力なアイテムを持ちながら不運にも力尽きたプレイヤーが救助を要請することにより、他プレイヤーが救助に成功すれば、倒れたプレイヤーがアイテムを没収されずにその場から再開できる。救助したプレイヤーは、一人プレイでは獲得できない特典を得ることができる。いわば相互扶助のシステムである。GBCの本体とソフトを2つずつ用意してこの機能を使用しないと入手出来ないアイテムが存在する。(クロンの祝福アイテム)
旅仲間
今回過去の作品から引き続き登場している仲間が多い。ある程度ストーリーが進めばスタート地点の町に常駐するので任意に仲間にでき、ダンジョン内では敵を倒していくとレベルアップする点は前作と変わりない。ただし今回は1度に1人までしか仲間を連れていけない。
祝福と呪い
アイテムの中には祝福されたアイテムが登場し、そのアイテムを使用する事で効果が倍増したり、消費せず再利用できるようになった。その反面、従来は武器・防具・腕輪のみにかかった呪いが草・巻物・壷・杖・食糧・飛び道具にも適用され、呪われたアイテムはその呪いを解かないと使用できなくなる(または取り外し不能)ようになった。アイテムに呪いを掛ける「のろいバサミのワナ」が登場する。
腕輪のヒビ
本作では腕輪も合成でき[注釈 1]、より便利な腕輪を生み出すことが出来るようになった。前作同様腕輪には耐久値が設定され、戦闘中何度もダメージを受けると壊れてしまう。対策として、戦闘中は腕輪を外す、メッキの巻物で補修する、などがある。
ただし壊れないがんじょうな腕輪や、金の腕輪も存在する(扱いようによっては壊れる)。
合成の限界
武器・盾・腕輪に合成する特殊能力の個数に制限が加わり、また鍛えられる限界も一部の武器を除き+99から引き下げられるようになった(たましいのカマ、マムルの剣、盾以外)。
履歴と格付け
冒険中、あることをするとメニューの「冒険の履歴」にその内容が追加される。例えば「1000人斬り達成」「壁の中でワープした」など。あらゆる履歴が隠されているため、それをコレクションするのも楽しみの一つである。
また、風来人、料理人、ワナしそれぞれに格付けがあり、それぞれに関連する偉業を成し遂げるとランクが上がる。

ダンジョン[編集]

多数のダンジョンが用意されている。各ダンジョンを一定階層潜ることで、次のダンジョンに進むことが出来る。なお、本編以降のダンジョンは「奈落の果て」を除き、全て入口が街中に用意されている。

古代遺跡 - 魔城東小天守 - 魔城大天守閣 - ジャハンナムの扉
ゲーム本編である。領主の豹変の謎が段階的に解明する。なお、古代遺跡以外のダンジョンでは最深層にボスキャラクターが存在する。
トンファンの穴 ( - 99F)
肉のダンジョンである。食神のほこら(SFC版)と同じく、肉を活用しダンジョンを潜ることになる。アイテム持込不可。
シナリオ中はNPCであるンフーを連れて行かなければならず、シレンかンフーのどちらかが倒されると、ゲームオーバーになり町へと戻される。なお、イベントクリア前は最高20Fまで。イベントクリア以降は99Fまで潜れるようになる。
天下一ワナ道会 ( - 99F)
罠のダンジョンである。掛軸裏の洞窟(SFC版)と同じく、モンスターを罠に掛けてダンジョンを潜ることになる。アイテム持込不可。なお、イベントクリア前は最高15Fまで。イベントクリア以降は99Fまで潜れるようになる。今作では罠をアイテムとして拾い上げ、別の罠に作り替えることができる。反面、ピンチの時に作りたい罠が作れず、モンスターハウス対策などが非常に取りにくくなっている。モンスターは罠で倒さなくてもシレンの攻撃で倒すことが可能である。しかし、このダンジョンで手に入る盾は90F以降に落ちている「カラクロイドの盾」のみであり、ここで手に入る中で最強の武器は「カタナ」であるため、序盤を除けば通常の戦闘で勝てる確率は限りなく低い。
天下一ワナ道会 ( - 99F) ※DS版
大幅な変更がされ、拾い上げた罠を改造することが不可能になっている。相手を転ばせてアイテムを入手できる転び石の罠も、2のダメージを与えるだけの罠に変わってしまっている。また、ワナ師の腕輪を装備中はシレンがモンスターを倒しても得られる経験値が1となっている。モンスターを罠にかけてから倒すことで本来の経験値を得ることができ、続けて罠にかけることで経験値が2倍、3倍と増えていき、最大で20倍にまで増やすことが可能である。ただし、モンスターが罠以外のフロアを歩いて行くと、1ずつ経験値の倍数が減ってしまう。なお、シレンが仕掛けた罠は数回使うと壊れるが、初めから設置されている罠は壊れることはない。イベントクリア前は最高15Fまでで、イベントクリア以降は99Fまで潜れるようになる辺りは共通している。
壷の洞窟 ( - 99F)
如何にモンスターから逃げ回り深く潜るかがテーマのダンジョンである。アイテム持込不可。最初から強力なモンスターが登場し、倒せたとしても経験値が入らないので、逃げ回らなければならない。不運にも遭遇してしまった場合の救済策「閉じ込めの壷」などがアイテムとして用意されている。テクニックが必要だが、それ以上に強運も必要となってきており、いかにアイテムを温存しながら進んで行けるかが重要になる。他のダンジョンと違い、入った時に「閉じ込めの壺」が3個入手した状態でも「おにぎり」を持っておらず、このダンジョンでは「おにぎり」の出現確率も低い為、長時間同じフロアを歩き続けるのは厳禁である。なお、イベントクリア前は最高6Fまで。イベントクリア以降は99Fまで潜れるようになる。30F以降からは「閉じ込めの壺」も通用しないモンスターであるギャザーが出る為、難易度がさらに上昇している。
このダンジョンのみ風来人番付が存在せず、救助依頼も出すことができない。DS版の場合は可能になっているが、DS版のモンスターはシレンが遠くにいてもランダムで起床してしまう為、元々眠っているモンスターでも安心できず、クリアが難しくなっている。
鍛冶屋のかまど ( - 99F)
アイテム持込可能・NPC同伴可能のダンジョンである。その代わり杖・壷・腕輪のほか巻物・草が未識別状態で登場し、最初から強力なモンスターが登場。拾得できるアイテムが草(雑草、薬草、弟切草、毒草、命の草)と「草受けの杖」(足元にある草・種と同じ効果を主人公へ向けて魔法として発射できる)「草投げの杖」(足元にある草・種と同じ効果を前方へ魔法として発射できる)のみであり、持ち込んだアイテムの性能・NPCが生死を分けるダンジョンである。ただし店では普段手に入らない貴重なアイテムを売っている可能性が高い。冒険回数・救助回数に応じて奈落の果て攻略後に登場する場合もあり、こちらはエクストラ・ダンジョンとも言える。
奈落の果て ( - 99F)
アイテム持込不可・NPC同伴不可・ほとんどのアイテム未識別状態(10F毎に出現する「もちかえりの巻物」は識別済)で登場という、恒例の最終ダンジョンである。ここでしか手に入らないアイテムも出現する。なお、イベントクリア前は30Fまで。イベントクリア以降は99Fまで潜れるようになる。
オババの家の隠し穴 ( - 50F)
DS版の追加ダンジョン。クリア条件は2時間以内に30Fにある秘薬を取ることであるが、クリア時に10000ギタンを集めないと10分減らされるペナルティがついている。アイテム持込は1個のみ。このダンジョンでは中断セーブが出来ないようになっている。
遺跡の奥底 ( - 99F)
DS版の追加ダンジョン。マップな通路が存在せず、つるはしで壁を掘って進むダンジョンである。アイテム持込可。初回のみペケジが参加する。落ちている武器はつるはしのみで盾が出てこないが、20F制覇でサトリのつるはしが手に入り(2回目以降は99F制覇で)、81F以降はレアな武器や盾が多く登場する。
マムルのほら穴 ( - 99F)
DS版の追加ダンジョン。このダンジョンで唯一連れて行ける仲間であるボーグマムルを連れて冒険するダンジョン。30Fのイベントをクリアする前にボーグマムルが倒されると即ダンジョンから追い出され、救助も出来ないシビアな状況となっている。ボーグマムルは特定のアイテムを渡すことでレベルが上がるが、仮にレベルが上がっても戦力としては乏しい。

登場人物[編集]

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 出典
1 不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城 日本 200811132008年11月13日
ニンテンドーDS チュンソフト セガ DSカード NTR-P-YWFJ-JPN リメイク版
ワイヤレス通信対応
ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
[3][4][5][6]

ニンテンドーDS版の発売日は2008年9月1日に『GAME Watch』や『電撃オンライン』などのゲーム情報サイトにて11月13日と告知された[3][4]。その際に予約特典が「もののけ討伐指南之書」という攻略本である事が告知された[3][4]。また発売前の11月6日より全国のゲームショップに設置されたDSステーションの「Touch!Try!DS」にてゲーム序盤のイベントやダンジョンのみの体験版がプレイ可能となった[5]。その他、Wii用ソフト『不思議のダンジョン 風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫』(2008年)の救助ポイントを所持している場合は本作のプレイ時に特別サーバへアクセスする事で救助ポイントに応じたアイレムが入手できるキャンペーンが行われた[6]

スタッフ[編集]

ゲームボーイカラー版
  • 制作総指揮:中村光一
  • 監督:長畑成一郎
  • 脚本:冨江慎一郎
  • 原画:長谷川薫
  • 音楽:すぎやまこういち松尾早人
  • 企画:丸田康司
  • プログラム・チーフ:板野英史
  • プログラム:石神宏紀、青松正二、大野克己、根本賢二、小林永司、森岡伸夫、中村隆徳、宮本英明、柳沢昌宏
  • 美術チーフ:小泉冬彦
  • 美術:佐々木真治、松井磨、中川祐子、国本直樹
  • 音楽制作チーフ:中嶋康二郎
  • 音楽制作:三俣千代子
  • 脚本協力:稲葉洋敬、田中絵美子
  • 開発推進:山田信哉
  • 広報:(有)ピースエンターテインメント、山本啓介、宮下秀俊
  • 協力:永田泰大、(株)スティングレイ、中西一彦、西畑幸雄、粟田浩介
ニンテンドーDS版
  • 監督:篠崎秀行、石神宏紀
  • 脚本:冨江慎一郎
  • 音楽:すぎやまこういち、松尾早人
  • 原画:長谷川薫
  • 企画:長畑成一郎、藤井一馬
  • 演出:森信彦、上原康晃、瀧見正則、向山彰彦
  • 美術:塚原爾奈、向瀬稔、三浦岳彦、大和田礼乃、神宮靖、木村由宏、中崎光康、横川聡、尾込誠二、松下敬子、穴井卓爾、太田大、村上亜樹、林雅美
  • 美術監修:小泉冬彦、松井磨、河原慈
  • 技術:宮田陽一、加茂東美、大嶋剛直、見方誉教、上原光晶、鈴木秀典
  • 技術監修:山本雅康
  • 音響:松尾千代子、黒田淳也、斉藤正剛
  • 音響監修:石川敏、中嶋康二郎
  • 音楽制作:齋藤裕二、勝
  • 制作協力:セガ、ランド・ホーゲームズアリーナイマジン、プロキオン・スタジオ
  • 協力:荻野洋、中西大作、山下靖、吉田一彦、横川良、梅谷博愛、永田泰大
  • 宣伝:関根大輔
  • 営業:清水健
  • 広報:中西一彦、渡邉愛、南雲靖士
  • 品質管理:菊池直樹、栗田英次、行定昂洋、佐藤修、越地亮宜、小笠原飛貴
  • 顧客対応:井上康之
  • 印刷物製作:作田喜尋、太田誠人、飯田直彦
  • 開発管理:大藤充彦、深田祟裕、近藤智宏、林誠司、榊原繁幸
  • 制作管理:下村一誠、森田信尚
  • 制作:浅井敏典、鮫島保彦、塚本昌信、宮崎浩幸
  • 総指揮:中村光一

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通38/40点 (GBC)[7]
(プラチナ殿堂)
33/40点 (DS)[8]
(ゴールド殿堂)

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」において、ゲームボーイカラー版は10・9・9・10の合計38点(満40点)でプラチナ殿堂を獲得[7][9]、ニンテンドーDS版は合計33点(満40点)でゴールド殿堂を獲得[8]するなどいずれも高評価となった。

ゲームボーイカラー版はレビュアーからゲームシステムに関して絶賛する意見が多数挙げられ、バカタール加藤は風来救助隊や呪い、かさたぬきなどの要素を挙げた上で「期待以上の進化かも」と指摘した他に「ここまで毎回貪欲におもしろくなり続けるゲームって、ほかにないと思う」と述べ、石井宏之はシリーズ過去作の良い面の継続と新要素が満載である事を評価し「作り手の、センスとゲーム作りのうまさをまじまじと感じさせられる」として「『不思議のダンジョン』シリーズのなかでも最高傑作といっていい」とそれぞれ絶賛し10点を与えた[9]。プロアクション藤谷は「毎回やっていることはほぼ同じ」と指摘しながらも「物語やダンジョンが違うだけで夢中になれる」と述べた他、グラフィックに関して「携帯ゲーム機ということを忘れるほどキレイ」と高評価を与え、モリガン長田は力尽きても復活が可能となった事から「緊張感が薄くなり、シリーズの常識を破った」と指摘しながらも、パスワード使用により遠方でもやり取りが可能な点を称賛した[9]。また通信ケーブルを使用した新要素に関しては加藤、藤谷、長田の3人が肯定的に評価し、藤谷は「アイデアしだいで楽しみかたは無限に広がる可能性大」と称賛した[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 前作に当たる『不思議のダンジョン 風来のシレン2 鬼襲来!シレン城!』では白発白中の腕輪のみ合成可能であった。

出典[編集]

  1. ^ 前田尋之 2018, p. 192- 「Chapter 2 ゲームボーイソフトオールカタログ 2001年」より
  2. ^ a b 船津稔 (2001年6月22日). “チュンソフト、「風来のシレンGB2~砂漠の魔城~」盛りだくさんな初回限定版を発売”. GAME Watch. インプレス. 2021年6月6日閲覧。
  3. ^ a b c 滝沢修 (2008年9月1日). “セガ、DS「不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 ~砂漠の魔城~」 11月13日発売決定。予約特典は「もののけ討伐指南之書」”. GAME Watch. インプレス. 2021年6月6日閲覧。
  4. ^ a b c 電撃オンライン (2008年9月1日). “『風来のシレンDS2』の発売日は11月13日! 予約特典も明らかに”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2021年6月6日閲覧。
  5. ^ a b 11月6日より『風来のシレンDS2 砂漠の魔城』がDSステーションのTouch!Try!DSで体験可能に”. iNSIDE. イード (2008年11月6日). 2021年6月6日閲覧。
  6. ^ a b 電撃オンライン (2008年11月12日). “もぐって倒れて助けられ! 『風来のシレンDS2 ~砂漠の魔城~』”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2021年6月6日閲覧。
  7. ^ a b 不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 〜砂漠の魔城〜 まとめ [ゲームボーイ]”. ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2021年6月6日閲覧。
  8. ^ a b 不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 〜砂漠の魔城〜 まとめ [DS]”. ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2021年6月6日閲覧。
  9. ^ a b c d クロスレビュー 2005, p. 110.

参考文献[編集]

  • 「6月30日増刊号特別付録 クロスレビュー優良ソフトパーフェクトカタログ 中巻」『ファミ通』6月30日増刊号、エンターブレイン、2005年6月30日、 110頁。
  • 前田尋之『G-MOOK154 ゲームボーイパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2018年11月29日、192頁。ISBN 9784862978226

外部リンク[編集]