不審船事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

不審船事件(ふしんせんじけん)とは、国籍不明船舶(不審船)または工作船の接近・領海及びEEZ侵入により引き起こされた事件を指す。主に、日本国内で発生した事件に対して用いられる。海上保安庁では1963年昭和38年)に最初の不審船を公式確認して以来、2003年までに20件21隻の不審船を確認している。

このうち、九州南西海域工作船事件は、後の引き揚げ調査で、北朝鮮の工作船であったことが確定し工作船事件と名を変えた。

日本の主な不審船事件[編集]


外部リンク[編集]