不可説不可説転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)とは、華厳経に登場する自然数数詞である。仏典に現れる具体的な数詞としては最大のものとされている。

定義[編集]

実叉難陀訳の『華厳経(八十華厳)』(新訳華厳経、唐経、大正蔵279)の第45巻「阿僧祇品第三十」に次のように書かれている[1]

100洛叉(らくしゃ=10万)を1倶胝とする。倶胝倶胝を1阿庾多とする。阿庾多阿庾多を1那由他とする。那由他那由他を1頻波羅とする。(中略)不可説転不可説転を1不可説不可説とする。このまた不可説不可説(倍)を1不可説不可説転とする。

つまり、倶胝(くてい、千万(107))から始めて倶胝の倶胝倍(倶胝の2乗、百兆(1014))を阿庾多、阿庾多の阿庾多倍を那由他((1028)と同じで、現在の那由他(1060)とは異なる)というように、それまでに登場した単位をすべて使って数が表現できなくなったときに、新しい単位を作っている(これを上数という)。不可説不可説転はこの系列の最後、122番目になるから、

1不可説不可説転=107×21221037218383881977644441306597687849648128103.7×1037

ということになる。つまりおよそ1037乗である。

大きさ[編集]

1無量大数は1068グーゴルは10100である。不可説不可説転はこれらよりも遥かに大きい。無量大数の5400乗がおよそ1不可説不可説転になる。

1不可説不可説転の270那由他乗が、およそ1グーゴルプレックス)になる。

これは実用のものではなく、計算もできないほど大きな数を示すことで、悟りの功徳の大きさを表したものである。

別の華厳経による「不可説不可説転」と「不可説転転」[編集]

の般若三蔵訳の『華厳経(四十華厳)』(貞元経、大正蔵293)の第10巻「入不思議解脱境界普賢行願品」には、八十華厳のものとは異なる体系の命数が記載されており、この経典では105洛叉、100洛叉(107)を倶胝とし、倶胝以上を上数として144の命数が列挙されている。その体系で最大の命数も「不可説不可説転」と称するが、これは八十華厳のものとは値が異なり、次のようになっている。

1不可説不可説転(四十華厳)=107×21421039026304097428590497687506977134632635465728103.7×1043

また、東晋仏駄跋陀羅訳の『華厳経(六十華厳)』(旧訳華厳経、晋経、大正蔵278)の第29巻「心王菩薩問阿僧祇品第二十五」にもまた別体系の命数が記載されており、この経典では1010を拘梨とし、拘梨以上を上数として121の命数が列挙されている。その体系で最大の命数は「不可説不可説転」ではなく「不可説転転」と称し、次のような値となっている。

1不可説転転(六十華厳)=1010×21201013292279957849158729038070602803445760101.3×1037

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]