不二越駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不二越駅
不二越駅
不二越駅
ふじこし
Fujikoshi
稲荷町 (1.0km)
(1.2km) 大泉
所在地 富山県富山市石金2丁目1-2
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 不二越線
キロ程 1.0km(稲荷町駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗車人員
-統計年度-
222人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1914年大正3年)12月6日
備考 平日朝のみ係員配置駅
テンプレートを表示

不二越駅(ふじこしえき)は、富山県富山市石金にある富山地方鉄道不二越線(不二越・上滝線)の

歴史[編集]

戦前・戦中は、駅周辺の工場などからの貨物輸送でにぎわっていた。

駅構造[編集]

  • 単式ホーム1面1線の地上駅。2012年3月17日現在、平日の7時00分から8時30分のみ駅員が配置されている。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

「富山市統計書」によると、2015年度の1日平均乗車人員222人である。

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
2001年 210
2002年 212
2003年 180
2004年 175
2005年 175
2006年 173
2007年 175
2008年 175
2009年 171
2010年 180
2011年 185
2012年 182
2013年 195
2014年 210
2015年 222

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
不二越線
稲荷町駅 - 不二越駅 - 大泉駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 非電化の電鉄富山駅 -(旧富南鉄道線の軌道)- 稲荷町駅 - 堀川新駅間については引き続き富南線として南富山駅以東と区別することがあった[7]

出典[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年12月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d 富山地方鉄道(編) 『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』 富山地方鉄道、1979年、182頁。
  3. ^ 「鉄道営業廃止許可」『官報』1933年3月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「鉄道営業廃止」『官報』1933年5月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 4月12日許可「鉄道譲渡許可」『官報』1933年4月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ a b 富山地方鉄道(編) 『富山地方鉄道五十年史』 富山地方鉄道、1983年、347頁。
  7. ^ 富山地方鉄道(編) 『富山地方鉄道五十年史』 富山地方鉄道、1983年、330頁。
  8. ^ 富山地方鉄道(編) 『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』 富山地方鉄道、1979年、175頁。
  9. ^ a b 富山地方鉄道(編) 『写真でつづる富山地方鉄道50年の歩み』 富山地方鉄道、1979年、176頁。
  10. ^ 今尾恵介(監) 『日本鉄道旅行地図帳 6号 北信越―全線・全駅・全廃線』 新潮社、1983年、37頁。ISBN 978-4107900241

関連項目[編集]

外部リンク[編集]