下関駅放火事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下関駅放火事件
下関旧駅舎(2002年8月22日撮影)
下関旧駅舎(2002年8月22日撮影)
場所 西日本旅客鉄道下関駅東口駅舎
日付 2006年1月7日
1時50分頃 (日本標準時)
概要 下関駅東口駅舎が全焼
攻撃手段 放火
死亡者 なし
負傷者 なし
損害 約5億円
列車運行への支障
犯人 74歳(当時)の知的障害の男性
容疑者 現住建造物等放火罪
動機 刑務所に戻るための手段
テンプレートを表示

下関駅放火事件(しものせきえき ほうかじけん)とは、2006年平成18年)1月7日西日本旅客鉄道(JR西日本)の下関駅東口駅舎などが放火により全焼した事件である。

概要[編集]

2006年1月7日午前1時50分ごろ、下関駅構内のプレハブ倉庫から出火、駅舎に延焼し、木造平屋建ての駅舎東口が全焼。同建物(1942年建築)は特徴的な三角屋根を持ち、下関市のシンボル的な存在だった。また下関乗務員センターや出火元の倉庫も全焼、焼失面積は延べ約3,840平方メートルに及んだ。人的被害はなく、高架上にあるホーム線路架線にも被害はなかった。

同日、現場近くにいた当時74歳の無職の男性が、放火の容疑で下関警察署逮捕された。男は2001年(平成13年)にも福岡県内で放火未遂事件を起こし逮捕されており、前月12月に福岡刑務所を出たばかりだった。男は過去10回にわたって服役を繰り返してきた知的障害者、いわゆる「累犯障害者」だった。

放火事件の半日前には、北九州市内の区役所生活保護を申請しに行き、「刑務所から出てきたばかりで住むところがない」というと「住所がないと駄目だ」と相手にされず、そこで下関駅行きの切符を一枚と、下関市市役所への路線バス 運賃190円を貰っただけだった(切符がもらえる仕組みは行旅人の記事を参照)。犯行の動機は「刑務所に戻りたかったから」と述べた[1]。男は1月27日、山口地方検察庁は容疑者を山口地方裁判所下関支部に起訴した。

2008年(平成20年)3月26日山口地方裁判所判決が言い渡され、山本恵三裁判長は「本件による駅の被害額が5億円にも昇り、列車運行に大変な支障を来たした罪は重い」としつつも「軽度の知的障害で、高齢でありながら、出所後、格別の支援を受けることもなく、社会に適応できなかったことは、酌むべき事情」として、山口地方検察庁が論告求刑で請求した懲役18年の求刑に対して、被告人の男性に懲役10年の実刑判決を言い渡した[2]。山口地方検察庁が控訴しなかったため、一審が確定判決となった。

2016年(平成28年)6月2日に仮出所し、刑務所を出所した。同年8月3日に、受刑していた男性は刑期満了した。刑務所出所した際には、特定非営利活動法人の職員が、刑務所へ迎えに行き、福岡県内のNPO施設(キリスト教関連)で暮らしている[3]

列車運行への影響[編集]

配電盤の焼失で列車無線に影響が出たことなどから、1月7日は山陽本線小月 - 門司間(この日に限り門司駅ではなく門司港駅にバスは発着した)、山陰本線の幡生 - 滝部間で終日運行を見合わせ、287本の列車が運休。8日は山陽本線の下関 - 新山口間と、山陰本線の幡生 - 長門市間で間引き運転が行われ、112本の列車が運休した。両日とも一部区間においてバスによる代行輸送が行われた。9日には通常ダイヤに戻った。

1月7日に下関駅を経由する下り寝台特急新下関駅で運転打ち切りとなり、上り寝台特急は全列車運休となった。

1月8日発の下関駅を経由する上り下りの寝台特急は全列車運休となった。

下関駅は事件後しばらくの間は西口と北口のみを使用。1月19日に東口が仮復旧した。仮復旧時には駅舎跡地をフェンスで囲んで通路のみが残されていたが、その後通路北側にプレハブの駅舎を建設、旧駅舎にあった下関市役所サテライトオフィスやATMが入居し、暫定的に復旧している。

駅舎焼失後に仮対処がなされた東口(2006年3月5日撮影)
駅舎焼失後に仮対処がなされた東口(2006年3月5日撮影)
下関駅東口(暫定復旧後・2007年5月20日撮影)
下関駅東口(暫定復旧後・2007年5月20日撮影)
現在の下関駅東口(2015年5月2日撮影)
現在の下関駅東口(2015年5月2日撮影)

火災拡大の原因[編集]

東口の駅舎は高い三角屋根と、吹き抜けになったコンコースを持ち、風の流入で火勢が強くなりやすい構造だったにもかかわらず、耐火構造になっていなかった。この日の下関市は冬型の気圧配置が続き、時折雪を伴った北西からの強風が吹いており、気象台からは風雪注意報が発表されていた。また、スプリンクラー設備も、消防法で設置が義務付けられる基準に達していなかったため、駅舎に備え付けられていなかった。こうした要因が複合して、延焼が拡大したと指摘されている。

事件の余波[編集]

事件後の1月11日、JR西日本は管内にある他の駅の出火対策を強化する意向を表明。特に、木造駅舎の防火設備の設置状況が適正かどうか精査するとした。

駅舎の建て替えをめぐっては、既に2004年(平成16年)より、下関市とJR西日本、民間金融機関が協議会を設置、具体的な建て替え案の策定作業に入っており、2005年度(平成17年度)末には新駅ビル建設を含む建て替えの基本コンセプトを公表している。事件を受け、下関市やJR西日本などでは今後のスケジュールの前倒しを行うかどうか検討することにしていたが、2009年からの5年計画で駅舎再築に着手、2014年3月に新しい駅舎が完成した。

この放火事件が、ひとつのきっかけになり、障害者の受刑者、高齢受刑者への対策の必要性が、日本国政府で認識され、2007年(平成19年)年度から、刑務所施設内でで社会福祉士の採用が始まり、2009年(平成21年)年度には、法務省厚生労働省が司法と福祉の連携を正式に開始した。刑務所や少年院を出る人への福祉的支援や住居確保を行う「地域生活定着支援センター」の事業が開始された[4]

その他[編集]

事件後、下関駅に保存されてきた「振鈴」が一時行方不明になった。振鈴とは列車の発車時刻を知らせたハンドベルで、下関駅では明治時代から大正時代にかけ使用されていた。振鈴は1月10日になって、駅長室の焼け跡から発見された。木箱や柄の部分は焼失したが、鐘本体に異状はなく音色はそのままの状態に残されており、焼けた部分は三角屋根の焼け残った柱の一部を切り出して加工・修復し、事件の資料として下関駅にて保管されている。

放火した男性は出所後、2017年1月22日放送のテレビ朝日テレメンタリー2017』に出演。7ヶ月間の取材で、更生しようと努力する男性と、更生を支援するNPOスタッフの日常が放送された[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本譲司 『累犯障害者』 新潮文庫2009年3月30日[要ページ番号]ISBN 978-4-10-133872-9
  2. ^ “76歳無職男に懲役10年 下関駅放火で山口地裁”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2008年3月26日). オリジナル2013年4月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130430215425/http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008032601000324.html 2009年8月24日閲覧。 
  3. ^ “「好きな人に囲まれ最期を」 下関駅放火し累犯障害の84歳、NPOが支援”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2016年9月17日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/275518 2016年11月15日閲覧。 
  4. ^ 原 昌平 (2017年3月31日). “ひとりぼっちにしない――下関駅を焼失させた男性の社会復帰”. 読売新聞. https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170330-OYTET50032/?catname=column_hara-shohei 2017年8月17日閲覧。 
  5. ^ 2017年1月22日放送「生き直したい 服役11回 更生の支え」”. テレビ朝日 テレメンタリー2017 (2017年1月22日). 2017年2月12日閲覧。

関連項目[編集]