下間頼純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下間 頼純(しもつま らいじゅん、天文23年(1554年) - 慶長2年6月24日1597年8月7日))は、戦国時代から安土桃山時代武将本願寺坊官下間頼資の長男。頼賑の兄。通称は侍従、法名は正善。

織田信長との石山合戦では元亀3年(1572年)に父や同族の下間頼龍と共に信長方の細川昭元を破り、天正4年(1576年)に石山本願寺11世法主顕如の命を受けて加賀に赴き、七里頼周と加賀門徒との仲裁にあたり、以後は七里に代わって加賀方面の指揮官として織田軍と戦った。加賀が織田軍の手に落ちると石山本願寺に帰還する。その後は顕如から三男・准如の補佐を命じられている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]