下間頼盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下間 頼盛(しもつま らいせい、生年不詳 - 天文8年7月21日1539年9月13日)は、戦国時代武将で、本願寺坊官下間頼玄の5男で頼秀の弟。官位は備中守、法名は心了。

兄と共に本願寺第10世法主証如及び後見人の蓮淳に接近、享禄4年(1528年)の加賀大小一揆で大一揆に属して超勝寺実顕(蓮淳の婿)を助け、小一揆を壊滅させた。天文の錯乱畿内へ戻り、河内摂津で一揆を率いて転戦するが、天文4年(1535年)の証如と細川晴元との和睦で主戦派として失脚、兄と共に本願寺を退去した。翌5年(1536年)、摂津中嶋城で一揆の部将として参戦したが、木沢長政に打ち破られて逐電、で証如の刺客に暗殺された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]