下舘夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下舘 夏希
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
ジャンル POP ROCK
職業 <シンガーソングライター>
担当楽器 <ボーカル、ギター>
活動期間 2013-
事務所 ケイダッシュステージ
公式サイト 下舘夏希Official web site[1]



下舘 夏希(シモダテ ナツキ、1988年8月12日)は、日本シンガーソングライター日本タレント北海道札幌市出身[2]ケイダッシュステージ所属。愛称はダテシモ。

来歴[編集]

物心ついた時には歌って踊るのが大好きな子供で、幼少期に見た音楽番組で歌手という仕事を知り「歌手になる!」と決意した。
7歳の時から感じた事をよくノートに書いては歌にしていた。
9歳の時にダンスを習い始め、11歳の時にはアクターズスタジオネットワーク本部校(旧北海道ジュニアアクターズスタジオ)に通い、歌とダンスを中心にレッスンを受けた。この頃はSPEEDやChristina Aguileraが好きで歌って踊れる歌手を目指していたが、EVANESCENCEのアルバム「FALLEN」に衝撃を受けROCKというジャンルに目覚める
15歳の時からライブ活動、芸能活動を始め、20歳の時に東京に上京。
上京してからの1年間はレッスンに通い、その後はライブハウスや路上でのライブ活動と、音楽活動を中心に行い、自らの肩書きを「道産子直球ストレートPOP ROCKER」と銘打って、セルフプロデュースをしていた。
音楽活動をする傍ら、3年間はマジックのイリュージョンアシスタントの仕事も経験した。
いくつかの番組出演をし、そのタイミングで送った履歴書が現所属事務所の目に留まりオーディションに合格。2013年6月からケイダッシュステージに所属している。
2014年8月に「道産子直球ストレートPOP ROCKER」の肩書きをやめて、現在は「情熱POP ROCK」と自らのジャンルを定めている。[3]

人物[編集]

▪️幼少期からボロアパートで育ち、小学校2年生で両親が離婚をしてから更に貧乏になった。母親と弟と三人暮らしをする事になり、この時から自分がしっかりしなくてはと考え、子供なのに頭の中は大人のように物事を捉えるようになった。この経験からハングリー精神が強くなり、現在の情熱POP ROCKというジャンルに行き着く。
▪️「全ての出来事には意味がある」としポジティブな性格だが、一度ネガティブに落ちてからポジティブな考えに行き着く為に、作る楽曲は光と闇が共存しているものが多い。
▪️作詞曲をする際、ほぼ体験した事をテーマに曲を作る。代表曲「パッションピンク」はキャバクラ嬢を好きになってしまったサラリーマンの気持ちを歌う。この曲を作る際、実際にキャバクラで体験入店をして曲を作ったと明かしている。(それぞれの曲にテーマがあり、ストーカーの歌やセクシー女優の歌から4回浮気された歌、アラサー女子応援ソング等)
▪️洋楽では特にEVANESCENCE、Paramoreが好きであり邦楽では特にクリープハイプ、エレファントカシマシ、Aimerが好きである。
▪️2018年5月3日からshowroom「下舘夏希のダテシモーズROCK ON!」配信を始め、現在お昼12時〜毎日配信をしている[4]
▪️2018年12月12日から毎日作詞曲という30秒動画をTwitterにて毎日20時にアップしている[5]
▪️2018年1月8日からタレント応援アプリmystaボーカルに参加している[6]
▪️面白い時に「うけうけ」、美味しいものを食べた時に「うまうま」と言う口癖がある。[7]

主なライブ[編集]

主な出演作品[編集]

テレビ放送[編集]

インターネット放送[編集]

レギュラー出演[編集]

ゲスト出演[編集]

ラジオ放送[編集]

その他[編集]

  • クラリオンガール月刊グランプリ(2006年1月)
  • 北海道限定DELLパソコンイメージガール(2008年)
  • Movin'on Mode(着物ショーモデル、赤坂BLITZ、2013年4月)
  • 美女暦(2014年1月)


脚注[編集]

  1. ^ 下舘夏希Official web site”. 下舘夏希Official web site. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ 公式プロフィール”. ケイダッシュステージ. 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ http://www.dateshimo.net/profile-1/ 下舘夏希Official Website Profileより.2019年1月30日閲覧。」
  4. ^ 下舘夏希のダテシモーズROCK ON!”. Showroom. 2019年1月30日閲覧。
  5. ^ 下舘夏希Twitter”. Twitter. 2019年1月30日閲覧。
  6. ^ 下舘夏希mysta”. mysta. 2019年1月30日閲覧。
  7. ^ http://ameblo.jp/nadia-01/ 下舘夏希Official blogより。」

外部リンク[編集]