下立口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下立口駅
下立口駅
下立口駅
おりたてぐち
Oritateguchi
T35 浦山 (1.3km)
(0.7km) 下立 T37
所在地 富山県黒部市宇奈月町下立2654
駅番号 T36
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 本線
キロ程 45.6km(電鉄富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式1面1線
乗降人員
-統計年度-
49人/日
-2017年-
開業年月日 1922年(大正11年)11月5日
テンプレートを表示
下立口駅の位置(富山県内)
下立口駅

下立口駅(おりたてぐちえき)は、富山県黒部市宇奈月町下立にある富山地方鉄道本線である。駅番号はT36

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅無人駅である。 かつては列車交換可能駅だった。1994年11月にホームが改修された。


利用状況[編集]

「黒部市統計書」によると、2017年度の一日平均乗降人員は49人であった。なお、2003~2017年度の乗降人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗降人員
2003年 60
2004年 60
2005年 60
2006年 60
2007年 58
2008年 56
2009年 52
2010年 52
2011年 49
2012年 49
2013年 56
2014年 48
2015年 52
2016年 49
2017年 49

駅周辺[編集]

  • 下立第5区集会所

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)11月5日 - 黒部鉄道により三日市駅(現在のあいの風とやま鉄道黒部駅) - 下立駅間10.1kmが 開業。
  • 1923年(大正12年)11月21日 - 下立駅 - 桃原駅(現在の宇奈月温泉駅)間7.1kmが開業。三日市駅から桃原駅に至る全長17.2km全線が開通した。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山県内の全鉄道会社が富山電気鉄道を中心とする富山地方鉄道(地鉄)に統合され、同社の黒部線となる。
  • 1943年(昭和18年)11月11日 - 旧黒部鉄道の路線は600Vから1500Vへの昇圧とプラットホーム改修等の工事が完了し、電鉄富山駅からの直通運転が開始された[1]
  • 1994年(平成6年)11月 - ホーム改修。

架線を支える鉄柱は八幡製鐵所製でロールマークがはっきり読み取れる。近代化の遺産を見ることができる大正期の鉄道である。

隣の駅[編集]

富山地方鉄道
本線
浦山駅 (T35) - 下立口駅 (T36) - 下立駅 (T37)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黒部市歴史民俗資料館 第5回特別展 黒部の鉄道史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]