下甑町瀬々野浦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 鹿児島県 > 薩摩川内市 > 下甑町瀬々野浦
下甑町瀬々野浦
ナポレオン岩
Koshikishima Oaza Map ja.svg
下甑町瀬々野浦の位置(鹿児島県内)
下甑町瀬々野浦
下甑町瀬々野浦
北緯31度41分26.2秒 東経129度41分38.4秒 / 北緯31.690611度 東経129.694000度 / 31.690611; 129.694000
日本の旗 日本
都道府県 鹿児島県の旗 鹿児島県
市町村 Flag of Satsumasendai, Kagoshima.svg 薩摩川内市
地域 下甑地域
人口
2015年平成27年)10月1日現在)
 • 合計 135人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
896-1412(内川内地区)
896-1512(その他)
市外局番 09969
ナンバープレート 鹿児島
運輸局住所コード 46514-0794[1]

下甑町瀬々野浦(しもこしきちょうせせのうら[2])は、鹿児島県薩摩川内市大字[3]。旧薩摩国甑島郡甑島郷瀬々之浦村甑島郡下甑村大字瀬々野浦薩摩郡下甑村大字瀬々野浦郵便番号は内川内地区(1700番地以降)が896-1412[4]、それ以外の地域は896-1512[5]。人口は135人、世帯数は96世帯(2015年10月1日現在)[6]

甑島列島下甑島の北西部に位置する。西部の海岸はナポレオン岩や松島海岸、鷹巣瀬などの奇岩断崖が連なっており、景勝地となっている[7][8]

地理[編集]

薩摩半島の西部に浮かぶ甑島列島南部の下甑島の北西部に位置している。字域の東方には鹿島町藺牟田下甑町長浜下甑町青瀬、南方には下甑町片野浦がそれぞれ接しており、西部には東シナ海に面している。

瀬々野浦地区と内川内地区の2地区からなる。瀬々野浦地区は、東シナ海に面しており周囲を山に囲まれている[9]。昭和後期に手打・長浜方面へ道路が開通するまでは、交通の便が悪く海上交通に頼っていた[9]。瀬々野浦地区には西山簡易郵便局が置かれており、かつては西山小学校、西山中学校が置かれていた。

内川内地区は、瀬々野浦からの移住者によって18世紀初めごろに尾岳連邦の中腹を開拓して住み着いた区域であり[8][10]、「うちかわうち」や「うちのこうち」と読まれる[10]。行政上では瀬々野浦とは独立した区域として扱われる[7]。海抜300メートルから400メートルに位置しており、集落の周囲の耕作地も山腹の斜面に広がっていたという[10]。かつては内川内小学校と内川内中学校が設置されていた。下甑町長浜から航空自衛隊下甑島分屯基地を経て内川内地区に至る道路は自衛隊道路と呼ばれ、内川内地区の重要なライフラインとなっている[11]

海岸線の多くが奇岩や断崖から構成されており[7]、沖にはフランス皇帝ナポレオン・ボナパルト」の横顔に見えるという高さ127mのナポレオン岩[12]、松島、鷹巣瀬などがあり景勝地となっている[7]。また、北部の内川内海岸には平家の落人が甑島に漂着した際に舟8艘を隠したといわれる八艘穴がある[7][8]

自然保護地区[編集]

2015年(平成27年)3月16日に甑島列島の区域を対象とした国定公園として「甑島国定公園」が指定された[13][14]。集落を除いて瀬々野浦のほぼ全域が国定公園の区域に含まれており、2015年(平成27年)3月16日鹿児島県告示「甑島国定公園区域内における特別地域の指定」により一部が特別地域に、「甑島国定公園特別地域内における特別保護地区の指定」によって一部が特別保護地区、「甑島国定公園区域の海域内における海域公園地区の指定」によって瀬々野浦の海域が「下甑島西海岸海域公園地区」にそれぞれ指定された[15]

山岳[編集]

国土地理院地図(抄)。

  • 青潮岳 - 標高510.2 m
  • 谷山 - 標高445.7 m

島嶼・岩礁[編集]

国土地理院地図(抄)。陸繋した浜辺や海礁上の小岩、無名の岩を除く。

小字[編集]

角川日本地名大辞典」によると下甑町瀬々野浦の小字は以下のとおりである[16]

浜里、古里、小里、開田、上開田、的場、中平、上ノ開、下道、峠、石田、敷樋、日影、上井手、湯穴、夏迫、笛畠、平石、下平石、新山、高名、丑川、西平石、長平、池ノ平、下長平、滑川、大桑木、上大桑木、千田、高道、高田、大林、登立、矢畑、鯨林、坂ノ下、松元、江川、前ノ平、松板、下松板、赤落、上野作、柞大迫、屋床、野竹、大内ノ浦、落し、野間、木床、金山、金山平、小屋床、桐、前迫、浜平

歴史[編集]

瀬々之浦の成立[編集]

瀬々浦(三国名勝図会
八艘穴(三国名勝図会

瀬々之浦という地名は江戸時代より見え、薩摩国甑島郡甑島郷(外城)のうちの瀬々之浦村であった[17]1471年に朝鮮で刊行された海東諸国紀によれば「世々九浦」は瀬々野浦のことを指しており、記述のうち九は乃の誤字とされる[8]。「元禄国絵図」には下甑村の一部として「瀬々ノ浦村」と記載されている[8]村高は「旧高旧領取調帳」では161石余[17]、「三州御治世要覧」によれば100石余であったと記録されている[8]

江戸時代の測量家である伊能忠敬が著した「九州東海辺沿海村順」によると家数が210であり、「伊能忠敬測量日記」によれば内ノ河内(現在の内川内地区)の人家は20軒程度あったと記されている[8]

瀬々野浦地区は「下甑町郷土誌」によればいつから人が居住していたかについては定かでないとされているが、古町川の河川改修工事において弥生時代中期ごろの土器片が発掘されている[9]。他の甑島の集落の状況から考えると早い時期には人が居住していたのではないかと推測されている[9]。内川内地区は18世紀の初めごろに瀬々野浦からの6戸が移住したことに始まり、さらに24戸が移住したとされている[10]

江戸時代後期に薩摩藩が編纂した地誌である『三国名勝図会』では瀬々野浦の浦町である瀬々浦について以下のように記述している[18]

下甑村尓あり、俗に志々浦ともいふ、シセ通音とす、海東諸國記に世々九浦は、盖是也、九は乃の誤ならん、此浦は下甑の西面にして、斷岸絶壁、千石直立し、奇巖怪石萬態の異觀なり、海岸より五歩許、海中に中礁チウセといへるあり、高さ六十間、周廻二町許、孤立して奇高なり、此邊波浪急激にして、漁船も風和を得て過くべし、又此浦人居の海渚より海上二町許に、玄礁鷹巣礁といへる、雙嵓ありて、海門の如く相並ぶ、兩礁共に高さ五十間、周廻各一町許、兩礁相距ること二三間、兩礁の間、舟往來して、景狀特に奇なりと可、此等下甑第一の絶勝なり

三国名勝図会第三十巻

また、内川内海岸にある八艘穴についても以下のとおり記述されている[18]

下甑村内、瀬々浦の海岸にあり、窟穴西に向ふ、其大さ漁船八艘を泊すべし、大風といへども、少しも患へなし、因て八艘穴といふ、窟中に船を入て舷を扣けば、大に響こと雷の如く、洞巖崩るゝに似たり、故に衆人恐怖して、船を泊する者なしといふ

三国名勝図会第三十巻

町村制施行以後[編集]

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、下甑島にあった下甑島にある手打村、片野浦村、瀬々野浦村、青瀬村、長浜村、藺牟田村の6村が合併し下甑村が発足。それまでの瀬々野浦村の区域は下甑村の大字「瀬々野浦」となった[17]。翌年の1890年(明治23年)2月5日には、下甑村の条例「下甑村区会条例」によって町村制第64条及び第114条に基づく区である「第三区」が大字瀬々野浦一円を区域として設置された[19]

1999年平成11年)2月12日に公有水面埋立地の区域を瀬々野浦字丑川及び字小里に編入した[20][21]

2004年(平成16年)10月12日に下甑村が川内市東郷町入来町祁答院町樋脇町鹿島村上甑村里村と新設合併し薩摩川内市が設置された[22]。この市町村合併に伴い設置された法定合併協議会において大字名については「従前の村名を町名とし、これを従前の大字名冠したものをもって、大字とする」と協定され、旧村名である「下甑村」の村を町に置換え、従前の大字名である瀬々野浦に冠することとなった[23]。合併当日の10月12日鹿児島県告示である「Wikisource-logo.svg 字の名称の変更」が鹿児島県公報に掲載された[24]。この告示の規定に基づき即日名称の変更が行われ、大字名が「瀬々野浦」から薩摩川内市の大字「下甑町瀬々野浦」に改称された[2]

字域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
瀬々野浦字丑川の一部 1999年平成11年)2月12日 公有水面埋立地
瀬々野浦字小里の一部

文化財[編集]

国指定[編集]

市指定[編集]

薩摩川内市が指定している文化財は以下のとおりである[30]

  • シアノーノー(無形民俗文化財)

民俗[編集]

ビーダナシ[編集]

甑島ではフヨウの幹の皮を糸にして織った衣服(ビーダナシ)が日本で唯一確認されており、甑島の中でも下甑村の瀬々野浦でのみ確認されている[31][32][33]。フヨウを表すビーと袖・袂付き長着を表すタナシを組み合わせてビーダナシと呼ぶ[34]。軽くて涼しいために重宝がられ、裕福な家が晴れ着として着用したようである[35]。現存するビーダナシは下甑の歴史民俗資料館に展示されている4着のみであり、いずれも江戸時代か明治時代に織られたものである[35]。フヨウで編んだ紐や綱は南西諸島や九州の島嶼部や伊豆諸島などでも見られ、かつては中国大陸でも甑島同様にフヨウで衣類を編んだという[36]。生糸・木綿・麻・葛で編んだ布は甑島の他の集落でも見られるが、瀬々野浦には生糸・木綿・麻・葛・イチビアカメガシワ・フヨウの7種類の材料から作った繊維が存在した[37]。独自の文化が瀬々野浦にのみ存在した背景としては、昭和30年代頃までは陸路での訪問が難しい孤立集落だったこと、民具や無形文化の伝承に熱心な集落だったことなどが挙げられる[37]

施設[編集]

公共[編集]

  • 薩摩川内市下甑瀬々野浦診療所[38]
  • 薩摩川内市下甑内川内出張診療所[38]
  • 西山地区コミュニティセンター[39]
  • 内川内地区コミュニティセンター[39]

郵便局[編集]

  • 西山簡易郵便局[40]
    1933年(昭和8年)に西山郵便局として設置され、当初の業務としては為替年金・郵便・保険年金を取り扱っていた[41]2016年(平成28年)2月13日簡易郵便局となり、これに伴ってATMが廃止された[42]。瀬々野浦唯一の金融機関となっている[43]

寺社[編集]

  • 西浄寺
    真宗大谷派の寺院である。薩摩藩が真宗を禁制としていた江戸時代には瀬々野浦の住民は密かに礼拝していたという[44]1906年(明治39年)に瀬々野浦教場として設置され、1952年(昭和27年)に西浄寺という寺名が付与された[44]
  • 大帯姫神社[41]

人口[編集]

以下の表は国勢調査による小地域集計が開始された1995年以降の人口の推移である。

統計年 人口
1995年(平成7年) [45] 377
2000年(平成12年) [46] 289
2005年(平成17年) [47] 262
2010年(平成22年) [48] 204
2015年(平成27年) [49] 135

教育[編集]

瀬々野浦にはかつて「下甑村立西山中学校」、「下甑村立内川内中学校」、「薩摩川内市立西山小学校」、「下甑村立内川内小学校」(それぞれ廃止時の学校名)が設置されていた。2012年(平成24年)に西山小学校が長浜小学校に統合されたことにより瀬々野浦には学校施設がなくなった。

高等教育[編集]

瀬々野浦には高等学校が設置されておらず、また甑島列島内にも全日制高校や通信制高校の学習センターは設置されていない。甑島列島内の高校受験生は、学区の制約なく県内の全ての県立高校へ進学できるため、中学校卒業生の多くは九州本土などに転出して、島外の高校に進学する[50]

中学校[編集]

「下甑村立西山中学校」は廃止時点で374番地にあり[51]1947年(昭和22年)に青瀬中学校の教場(週2日は本校に通学)として設置された[51]1949年(昭和24年)に分校に昇格し[52]1955年(昭和30年)に独立校となり西山中学校となったが[52]、23年後の1978年(昭和53年)に閉校した[53]

「下甑村立内川内中学校」は廃止時点で1609番地にあり[54]1950年(昭和25年)に長浜中学校の分校として設置された[55]1957年(昭和32年)に独立校となり内川内中学校となったが[55]、21年後の1978年(昭和53年)に閉校した[56]

小学校[編集]

「薩摩川内市立西山小学校」は、1880年(明治13年)に瀬々野浦小学校として設立され、1886年(明治19年)に簡易小学校、1893年(明治26年)に西山尋常小学校に改称した[57]。その後1941年(昭和16年)には国民学校となり、1947年(昭和22年)に西山小学校となった[57]2012年(平成24年)に西山小学校が下甑町長浜にある長浜小学校に統合された。

「下甑村立内川内小学校」は廃止時点で1789番地にあり[58]1888年(明治21年)に江口菊治によって読書や習字、珠算などの指導を行ったのが前身となっており、1889年(明治22年)に高知復習所となり、1900年(明治33年)に西山尋常小学校の仮教場となった[59]1914年(大正3年)に高知分教場となり、1943年(昭和18年)に内川内国民学校として独立し、1947年(昭和22年)に内川内小学校に改称した[60]1978年(昭和53年)に長浜小学校に統合され閉校した[60]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校の学区(校区)は以下の通りである[61]

大字 小字 小学校 中学校
下甑町瀬々野浦 全域 薩摩川内市立長浜小学校[62] 薩摩川内市立海星中学校

交通[編集]

1972年(昭和47年)に長浜~瀬々野浦、手打~瀬々野浦の道路が開通した。これにより瀬々野浦と島内の道路が接続され、自動車での往来が可能となった[63]。道路の開通前は青瀬まで1時間半、手打まで3時間程度かけて山越え道を徒歩で移動していた[63]

道路[編集]

県道

バス[編集]

長浜港から瀬々野浦までを結ぶコミュニティバスである「甑かのこゆりバス」が運行されている。2020年(令和2年)現在瀬々野浦の区域にあるバス停は以下のとおりである[64]

  • 長浜・瀬々野浦線
    内川内入口 - 内川内団地前 - 内川内 - 小屋床線入口 - 遊歩道入口 - ゆすの木 - 赤落し - たまご石 - 前の平展望所 - 瀬々野浦

関連する人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 自動車登録関係コード検索システム”. 国土交通省. 2021年4月26日閲覧。
  2. ^ a b 本市の町名一覧について”. 薩摩川内市. 2020年8月8日閲覧。
  3. ^ 川薩地区合併協議会 町・字の取り扱いについて
  4. ^ 鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦(1700番地~、内川内)の郵便番号”. 日本郵便. 2020年8月27日閲覧。
  5. ^ 鹿児島県薩摩川内市下甑町瀬々野浦の郵便番号”. 日本郵便. 2020年8月27日閲覧。
  6. ^ 平成27年国勢調査”. 総務省統計局. 2020年5月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e 角川日本地名大辞典編纂委員会 1983, p. 1003.
  8. ^ a b c d e f g 芳即正 & 五味克夫 1998, p. 363.
  9. ^ a b c d 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1256.
  10. ^ a b c d 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1287.
  11. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1298.
  12. ^ 広報さつませんだい(今年の夏甑島に行ってみませんか)”. 薩摩川内市 (2010年7月10日). 2020年8月28日閲覧。
  13. ^ 甑島国定公園”. 鹿児島県. 2020年8月9日閲覧。
  14. ^ 広報さつませんだい(甑島国定公園が誕生しました)” (2015年3月25日). 2020年8月9日閲覧。
  15. ^ 鹿児島県公報(平成27年3月16日付号外)”. 鹿児島県 (2015年3月16日). 2020年8月9日閲覧。
  16. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 1983, p. 1168.
  17. ^ a b c 角川日本地名大辞典編纂委員会 1983, p. 374.
  18. ^ a b 薩摩藩 1843.
  19. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 94.
  20. ^ 平成11年鹿児島県告示第219号(字の区域の変更、平成11年2月12日付鹿児島県公報第1445号の2所収)
  21. ^ 平成11年鹿児島県告示第221号(字の区域の変更、平成11年2月12日付鹿児島県公報第1445号の2所収)
  22. ^ 市町村の廃置分合(平成16年総務省告示第590号、Wikisource-logo.svg 原文
  23. ^ 町名・字名の取り扱いについて”. 川薩地区法定合併協議会. 2020年8月8日閲覧。
  24. ^ 平成16年鹿児島県告示第1735号(字の名称の変更、Wikisource-logo.svg 原文
  25. ^ 甑島の伝統行事“トシドン””. 甑島観光協会. 甑島情報サイト事務局. 2014年4月5日閲覧。
  26. ^ 甑島のトシドン - 文化遺産オンライン文化庁
  27. ^ 甑島のトシドン! ユネスコ無形文化遺産登録!!”. 薩摩川内市観光協会 (2009年). 2011年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月5日閲覧。
  28. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 945.
  29. ^ 「来訪神:仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産登録(代表一覧表記載)について”. 文化庁 (2018年11月29日). 2020年8月13日閲覧。
  30. ^ 薩摩川内市教育委員会 2020, p. 80-82.
  31. ^ 下野敏見 2005, p. 362.
  32. ^ 日本離島センター (1998)、1029頁
  33. ^ ビーダナシ(芙蓉布)の復元鹿児島県工業技術センター
  34. ^ 下野敏見 2005, p. 95-96.
  35. ^ a b 下野敏見 2005, p. 98.
  36. ^ 下野敏見 2005, p. 106.
  37. ^ a b 下野敏見 2005, p. 123.
  38. ^ a b 公共施設案内~消防・救急・保健センター・診療所”. 薩摩川内市. 2020年8月28日閲覧。
  39. ^ a b 公共施設案内~地区コミュニティセンター”. 薩摩川内市. 2020年8月28日閲覧。
  40. ^ 西山簡易郵便局(鹿児島県)”. 日本郵便. 2020年8月28日閲覧。
  41. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1267.
  42. ^ 移転・業務変更・局種変更:西山郵便局(鹿児島県)”. 日本郵便 (2015年12月18日). 2020年8月28日閲覧。
  43. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1268.
  44. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1266.
  45. ^ 国勢調査 / 平成7年国勢調査 小地域集計 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年9月10日閲覧。
  46. ^ 国勢調査 / 平成12年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年9月10日閲覧。
  47. ^ 国勢調査 / 平成17年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年9月10日閲覧。
  48. ^ 国勢調査 / 平成22年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年9月10日閲覧。
  49. ^ 国勢調査 / 平成27年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年9月10日閲覧。
  50. ^ 浮田典良「鹿児島県甑島における過疎化の進行と近年の変化」『関西学院大学 人文論究』43巻3号、1993年、59-71頁
  51. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 898.
  52. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 900.
  53. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 901.
  54. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 902.
  55. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 904.
  56. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 905.
  57. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 828.
  58. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 857.
  59. ^ 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 858.
  60. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 859.
  61. ^ 薩摩川内市 義務教育”. 薩摩川内市役所. 2011年11月21日閲覧。
  62. ^ 2012年度までは後迫及び前迫以外の全域が薩摩川内市立西山小学校の通学区域であった
  63. ^ a b 下甑村郷土誌編纂委員会 2004, p. 1260.
  64. ^ 甑島地域コミュニティ交通(春夏ダイヤ・秋冬ダイヤ)”. 薩摩川内市. 2020年8月29日閲覧。
  65. ^ ファミリーヒストリー|2015/11/13(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年11月17日閲覧。
  66. ^ 塚地武雅、薩摩川内観光大使に就任 「水を飲んでも太りもす」秘話明かす”. ORICON NEWS (2018年10月15日). 2020年8月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店、1983年。ISBN 978-4040014609
  • 芳即正五味克夫日本歴史地名大系47巻 鹿児島県の地名』平凡社、1998年。ISBN 978-4582910544
  • 下甑村郷土誌編纂委員会『下甑村郷土誌』下甑村、2004年。
  • 下野敏見『南九州の伝統文化 Ⅱ民具と民俗、研究』南方新社、2005年。
  • 令和2年度薩摩川内市の教育 (PDF)”. 薩摩川内市教育委員会. 2020年8月9日閲覧。
  • 橋口兼古, 五代秀堯, 橋口兼柄『三国名勝図会島津久光薩摩藩、1843年。NDLJP:992140

関連項目[編集]