下甑村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しもこしきそん
下甑村
Napoleon rock.JPG
ナポレオン岩
廃止日 2004年10月12日
廃止理由 新設合併
川内市樋脇町入来町東郷町祁答院町里村上甑村下甑村鹿島村薩摩川内市
現在の自治体 薩摩川内市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
薩摩郡
市町村コード 46390-6
面積 57.61km2
総人口 2,803
[1]、2000年10月1日)
隣接自治体 里村上甑村鹿島村
村の木 ツバキ[2]
村の花 カノコユリ[2]
メジロ[2]
下甑村役場
所在地 896-1696
鹿児島県薩摩郡下甑村大字手打819番地
外部リンク 下甑村(薩摩川内市HP内アーカイブ)
座標 北緯31度38分19秒 東経129度42分28秒 / 北緯31.63856度 東経129.70764度 / 31.63856; 129.70764座標: 北緯31度38分19秒 東経129度42分28秒 / 北緯31.63856度 東経129.70764度 / 31.63856; 129.70764
Location of Shimokoshiki, Kagoshima, Japan.svg
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - koshiki.svgと異なる可能性があります。

下甑村(しもこしきそん)は、かつて鹿児島県薩摩郡にあった。合併により、現在は薩摩川内市の下甑地域となっている。

地理[編集]

甑島列島のうち下甑島に位置し、町村制施行時には下甑島の全域を村域としていたが、下甑村の中心集落であった手打と下甑村の北部に位置していた藺牟田の間は陸路では徒歩連絡すらも困難、海路も荒天時に度々不通となるなど同一の自治体を構成するには著しく不便であった。このため1916年より幾度と分村運動が行われ、その結果1949年(昭和24年)4月1日に下甑村から大字藺牟田が分立し鹿島村が成立した[3]

大字[編集]

町村制が施行された1889年時点では下甑村には手打、片野浦、瀬々野浦、青瀬、長浜、藺牟田の6つの大字が設置されていた。大字藺牟田が1949年4月1日に分立し新たに鹿島村が設置された。2004年の廃止時点では手打、片野浦、瀬々野浦、青瀬、長浜の5大字が置かれていた。これらは現在の薩摩川内市下甑町手打下甑町片野浦下甑町瀬々野浦下甑町青瀬下甑町長浜にあたる。

歴史[編集]

行政[編集]

歴代村長[編集]

「下甑村郷土誌」によれば歴代の村長は以下のとおりである[7]

氏名 就任日 退任日
1 橋口武志 1889年(明治22年)4月 1909年(明治42年)4月
2 鳥居形太郎 1909年(明治42年)7月1日 1916年(大正5年)2月25日
3 鬼丸壮次郎 1916年(大正5年)4月13日 1919年(大正8年)3月2日
4 東雲堅吉 1919年(大正8年)12月16日 1923年(大正12年)4月2日
5 早川千代吉 1923年(大正12年)6月17日 1923年(大正12年)11月19日
6 江夏實男 1923年(大正12年)12月5日 1939年(昭和14年)12月3日
7 橋口義夫 1939年(昭和14年)12月4日 1946年(昭和21年)12月4日
8 鳥居範基 1947年(昭和22年)4月16日 1948年(昭和23年)9月2日
9 中村太衞二 1948年(昭和23年)11月1日 1952年(昭和27年)3月14日
10 町弘志 1952年(昭和27年)4月25日 1956年(昭和31年)4月24日
11 橋口義夫 1956年(昭和31年)4月25日 1958年(昭和33年)7月31日
12 山下清治 1958年(昭和33年)9月5日 1970年(昭和45年)9月4日
13 橋口慶可 1970年(昭和45年)9月5日 1974年(昭和49年)9月4日
14 東一愛 1974年(昭和49年)9月5日 1986年(昭和61年)9月4日
15 中川一政 1986年(昭和61年)9月5日 1992年(平成4年)3月6日
16 吉永和信 1992年(平成4年)4月19日 1996年(平成8年)2月20日
17 小倉義富 1996年(平成8年)3月31日 2002年(平成14年)11月14日
18 町弘道 2002年(平成14年)12月24日 2004年(平成16年)10月11日(新設合併により失職)

行政組織[編集]

2000年(平成12年)現在、下甑村役場に置かれていた課は以下のとおりである[8]1952年(昭和27年)から1986年(昭和61年)までは青瀬に大字青瀬、大字長浜、大字瀬々野浦(瀬々野浦区、内川内区)を管轄する出先機関として「青瀬支所」が設置されていた[9]

  • 総務課
  • 民政課
  • 環境整備課
  • 経済課
  • 建設課
  • 税務課
  • 企業課(下甑村営バスの事務処理)

教育[編集]

中学校[編集]

  • 下甑村立海星中学校
  • 下甑村立海陽中学校

小学校[編集]

  • 下甑村立手打小学校
  • 下甑村立子岳小学校
  • 下甑村立長浜小学校
  • 下甑村立青瀬小学校
  • 下甑村立西山小学校

交通[編集]

港湾[編集]

  • 手打港
  • 長浜港

道路[編集]

県道
  • 鹿児島県道349号手打藺牟田港線
  • 鹿児島県道350号長浜手打港線

下甑村を舞台とした作品[編集]

「おふくろさん」の歌碑

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成12年国勢調査 第1次基本集計結果(総人口,市町村人口) - 鹿児島県 2013年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c 合併協定項目資料18 慣行の扱いについて p.5 - 薩摩川内市(川薩地区法定合併協議会) 2013年7月5日閲覧。
  3. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』 - 鹿児島県総務部参事室編 1967年
  4. ^ Wikisource reference 昭和24年4月27日総理庁告示第52号. 村の廃置分合 (昭和24年総理庁告示第52号). - ウィキソース. 
  5. ^ 甑島で最大瞬間七一メートル『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月13日朝刊、13版、23面
  6. ^ Wikisource reference 平成16年7月16日総務省告示第590号. 市町村の廃置分合 (平成16年総務省告示第590号). - ウィキソース. 
  7. ^ 下甑村 (2004) pp.140-141
  8. ^ 下甑村 (2004) p.140
  9. ^ 下甑村 (2004) pp.151-152

参考文献[編集]

  • 下甑村郷土誌編纂委員会『下甑村郷土誌』下甑村、2004年。

関連項目[編集]