下条信正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下条 信正(しもじょう のぶまさ、天文21年(1552年) - 天正10年3月22日1582年4月14日))は、戦国時代武将甲斐武田氏の家臣。

天文21年(1552年)、武田氏の家臣・下条信氏の長男として生まれる。嫡男であり、父と同じ兵庫助を称している。天正10年(1582年)2月、織田信長による甲州征伐が始まると信濃吉岡城伊那城とも)の守備を務めたが、叔父の下条氏長が織田の武将・河尻秀隆森長可と内通して裏切ったために落城し、父と共に三河黒瀬に落ち延びた。

武田氏滅亡後の3月22日、父に先立って病死した。享年32。

子の康長(幼名牛千代)は徳川家康に仕えたが、後年に没落している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]