下村隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下村 隆一(しもむら りゅういち、1928年 - 1969年11月)は日本スウェーデン文学研究者翻訳家

経歴[編集]

大阪市出身。東京大学経済学部在学中、原因不明の熱病で声がつぶれ足が不自由となり中退する。以降はの手放せない生活を最期まで送ることとなった。その後下村は宝塚市に在住し、神戸在住のスウェーデン人にスウェーデン語を学び、山室静に相談してスウェーデンの児童文学の翻訳を始める。1968年より、トーベ・ヤンソンの代表作『ムーミン』シリーズ二作のほか、いくつかのスウェーデン児童文学を翻訳したが、散歩している最中に自動車事故に遭い、41歳で急死した。このとき進めていたエディト・ウンネルスタード作の『すえっ子Oちゃん』の訳は未完に終わったが、下村の遺族から依頼を受けた石井桃子による加筆・修正が施された上で、1971年に出版された。

翻訳[編集]

  • トーベ・ヤンソン全集 ムーミン谷の夏まつり 講談社, 1968 のち文庫
  • ノロちゃんのおとぎ話 エディト・ウンネルスタード 学習研究社, 1968
  • 世界の名作図書館 ラルーの決心 エイメ・ソンマーフェルト 講談社, 1969
  • トーベ・ヤンソン全集 ムーミン谷の彗星 講談社, 1969 のち文庫
  • すえっ子Oちゃん エディト・ウンネルスタード 石井桃子共訳 学習研究社, 1971(解説は石井桃子が担当)
  • ペッレ君のゆかいな冒険 エディト・ウンネルスタード 講談社, 1971(解説は山室静が担当)
  • 長くつ下のピッピ アストリッド・リンドグレーン 偕成社 偕成社文庫,1988