下徳富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下徳富駅
駅舎(2004年6月)
駅舎(2004年6月)
しもとっぷ
Shimo-Toppu
南下徳富 (2.1km)
(5.0km) 新十津川
所在地 北海道樺戸郡新十津川町字花月
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 71.5km(桑園起点)
電報略号 モツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1934年昭和9年)10月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示

下徳富駅(しもとっぷえき)は、北海道樺戸郡新十津川町字花月(かげつ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)のである。電報略号モツ

歴史[編集]

1976年の下徳富駅と周囲約750m範囲。下が札幌方面。貨物ホームに貨車が留置されている。駅前は建家が密集していて狭い。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅で、駅舎を持つ。

1976年時点では島式ホーム1面2線を有し、交換設備が設置されていたほか、駅舎横の札幌方に貨物ホームがあった。貨物取扱廃止後、列車本数が極端に少ないことから交換設備が廃止され、島式ホームの駅舎側と貨物ホームの線路が撤去された。

利用状況[編集]

  • 2011年(平成23年)から2015年(平成27年)にかけての乗降人員調査(11月の調査日)では、4年平均で「1名以下」となっている[7]
  • 2012年(平成24年)から2016年(平成28年)にかけての特定日(平日)調査では、乗車客数が5年平均で0.4人となっている[8]

駅周辺[編集]

周辺は田園風景の小さな集落。レンガ建ての大きな農業倉庫などが建っている。大きな集落が国道沿いにできている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
札沼線(学園都市線)
南下徳富駅 - 下徳富駅 - *中徳富駅 - 新十津川駅
*打消線は廃駅[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “札沼線(学園都市線)の電化について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月9日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090909-2.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  2. ^ 「鉄道省告示第255号」『官報』1943年9月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ “札沼線開通”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1953年11月4日)
  4. ^ “札沼線(学園都市線)の電化開業時期について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-3.pdf 2011年10月17日閲覧。 
  5. ^ a b 杉山茂「電化目前の学園都市線と専用気動車のこと」、『鉄道ファン』第615号、交友社、2012年7月、 27頁。
  6. ^ “3月26日以降の普通列車時刻について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2016年2月8日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160208-2.pdf 2016年2月9日閲覧。 
  7. ^ 極端にご利用の少ない駅(3月26日現在) (PDF)”. 平成28年度事業運営の最重点事項. 北海道旅客鉄道. p. 6 (2016年3月28日). 2017年12月3日閲覧。
  8. ^ 札沼線(北海道医療大学・新十津川間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道株式会社), (2017年12月8日), http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/01.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  9. ^ “平成18年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2005年12月22日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/051222.pdf 2010年7月23日閲覧。 
  10. ^ “消える駅 ダイヤ改正で「中徳富」廃止”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年3月21日)

関連項目[編集]