下後鋸筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下後鋸筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 肋間神経
部位
体幹筋
背部の筋
棘肋筋
鋸筋
ラテン名
musculus serratus posterior inferior
英名
Serratus posterior inferior muscle

下後鋸筋(かこうきょきん)は、棘肋筋のうち、広背筋の深層に位置する薄い筋肉である。胸椎および腰椎の浅板を起始とし、外側上方に向かって走り、肋骨に付着する。

肋骨を内下方へと引く作用がある。

英語名称[編集]

serratus posterior inferior muscles (セレタス・ポスティアリア・インフィアリア・マッスル)

下後鋸筋の解説[編集]

下後鋸筋(かこうきょきん)は胸郭後面の下部にある扁平な筋で、広背筋(こうはいきん)の深層部にある筋肉です。

下後鋸筋は第12胸椎~第3腰椎の棘突起と近くの胸腰筋膜から起始し、第9~12肋骨の外側部の下縁に停止します。

下後鋸筋は主に第9~12肋骨を下制して息を吐くときに下部の肋骨(下位肋骨には横隔膜が内側に張り付いています)を引き下げ、胸郭を狭めることで呼吸を補助します。

起始[編集]

第12胸椎~第3腰椎の棘突起と近くの胸腰筋膜

停止[編集]

第9~12肋骨の外側部の下縁

下後鋸筋を支配する神経[編集]

肋間神経(T9~T12)

日常生活動作[編集]

息を吐くときに胸郭を狭め、呼気を補助する

スポーツ動作[編集]

あらゆるスポーツ動作に関与し、呼気を補助することで呼吸を助けます。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]