下山田真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下山田 真
(しもやまだ まこと)
生誕 1963年5月
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学
研究機関 岐阜大学
宮城大学
静岡県立大学
出身校 東北大学農学部卒業
東北大学大学院
農学研究科博士課程修了
主な業績 食品蛋白質
加熱変性挙動の解析
豆乳製造工程
再構築の研究
主な受賞歴 日本食品科学工学会奨励賞
2003年
プロジェクト:人物伝

下山田 真(しもやまだ まこと、1963年5月 - )は、日本農芸化学者食品加工食品工学)。学位農学博士東北大学1991年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授大学院食品栄養環境科学研究院教授。

岐阜大学農学部助教授、岐阜大学応用生物科学部助教授、宮城大学食産業学部教授などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1963年生まれ[1]東北大学に進学し、農学部の食糧科学科にて学んだ[2]1986年3月に東北大学を卒業すると、東北大学の大学院に進学した[2]。大学院では農学研究科にて学んだ[2]1991年3月、東北大学の大学院にて、博士課程を修了した[2]。それにともない、農学博士学位を取得した[3]。博士論文の題は「大豆サポニンに関する研究 : 植物体における分布、挙動および生理作用」[4]

研究者として[編集]

1991年7月岐阜大学に採用され、農学部の助手となった[5][6]2002年4月には、岐阜大学の農学部にて助教授に昇任した[5][6]。なお、農学部では主として生物資源利用学科の講義を担当し、渡邊乾二山内亮らとともに食品工学研究室や食品素材工学研究室を受け持った[5]2004年4月、岐阜大学の農学部は応用生物科学部に改組再編されたが、引き続き助教授を務めた[5]。応用生物科学部においては、主として食品生命科学課程の食品科学コースの講義を担当し、食品科学系食品素材工学研究室を受け持った[5]2005年4月宮城大学に転じ、食産業学部にて助教授に就任した[6]2009年4月には、宮城大学の食産業学部にて教授に昇任した[6]。食産業学部では主としてフードビジネス学科の講義を担当し[7]、食品加工学研究室を受け持った[8]2014年4月静岡県立大学に転じ、食品栄養科学部の教授に就任した[6]。食品栄養科学部では、主として食品生命科学科の講義を担当し、食品分子工学研究室を受け持った[1]。また、静岡県立大学の大学院では、食品栄養環境科学研究院の教授も兼務した[1]。大学院では、主として薬食生命科学総合学府の食品栄養科学専攻の講義を担当した。

研究[編集]

専門は農芸化学であり、食品加工学や食品工学といった分野を研究していた[9]。特に、食品に含まれる蛋白質について、加熱変性の挙動を研究した[10]。また、豆乳製造工程の再構築を提唱した[10]。そのほか、食品に含まれるさまざまな成分の相互作用と、その機能の発現についても研究した[10]。これらの業績が評価され、日本食品科学工学会奨励賞などが授与されている[11]

また、学会としては、日本食品科学工学会、日本農芸化学会、日本食品工学会、アメリカ化学会などに所属している[12]

略歴[編集]

賞歴[編集]

  • 2003年 - 日本食品科学工学会奨励賞。

著作[編集]

編纂[編集]

執筆等[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]