下妻みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下妻 みどり(しもつま みどり、1970年 - )は、日本のライター。長崎市に在住して、長崎の歴史・文化・生活などを様々なメディアを通じて広く紹介している。

人物・略歴[編集]

長崎市出身。熊本大学文学部(民俗学)卒業。長崎在住のライター。1995年(平成7年)25歳ごろよりフリーライターコピーライターレポーターキャスターディレクターコメンテーター[1]と、やたら「ター」の付く仕事に携わる[2]。さらに、講師・講演活動などを行っている[3][4]

家族は、「ダンナと息子と娘と猫2匹」[5]

NBC学園において、「いまを楽しむ『長崎歳時記』」「長崎よもやま散歩」などの講座講師を務めた。

テレビディレクターとして長崎くんちコッコデショを取材した「太鼓山の夏〜コッコデショの131日」(NBC長崎放送/2004年)は2005年度(平成17年度)テレビ教養番組部門において日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞した。(ディレクター・構成・脚本を担当した)

2021年、「ながさき開港450周年記念連携補助事業 1571-2021」のひとつとして、著書『ながさき開港450年めぐり( 田川憲の版画と歩く長崎の町と歴史 )』を出版した。

著書[編集]

  • 『ながさきエッセンス 秋』 詳細不明。 長崎市立図書館所蔵。
  • 下妻みどり (著), 河村規子 (編集), 加藤みどり (イラスト) 『YORIMICHI DAYS ~長崎よりみち散歩~ながさきプレス、2004年6月 ISBN 978-4990165321
  • 長崎迷宮旅暦』、書肆侃侃房、2008年9月 ISBN 978-4-902108-83-5
  • 長崎おいしい歳時記』、書肆侃侃房、2012年9月 ISBN 978-4-86385-091-0
  • 川原慶賀「日本」画帳シーボルトの絵師が描く歳時記〜』、 弦書房、2016年7月 ISBN 978-4-86329-136-2
  • ながさき開港450年めぐり( 田川憲の版画と歩く長崎の町と歴史 )』、長崎文献社、2021年4月、ISBN 978-4-88851-360-9

参考文献・関連サイト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ NBC長崎放送 「ラジオ朝刊 おはようラジオ!」”. NBC長崎放送. 2021年5月18日閲覧。
  2. ^ 長崎 中通り商店街 店メモリー プロフィール”. 長崎 中通り商店街 . 2021年5月18日閲覧。
  3. ^ “[kouminkan.pdf (nagasaki.lg.jp) 平成31年度(2019年度)春の公民館講座生募集]”. ながさき県民大学連携講座. 2021年5月18日閲覧。
  4. ^ 長崎市立商業高校創立130周年記念講演会”. 長崎市. 2021年5月18日閲覧。
  5. ^ 下妻みどり”. Twitter. 2021年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]