下坂幸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下坂 幸三
(しもさか こうぞう)
生誕 下坂 幸三
(しもさか こうぞう)
(1929-02-14) 1929年2月14日
日本の旗 日本東京都
死没 (2006-03-26) 2006年3月26日(77歳没)
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神分析学
精神病理学
研究機関 順天堂大学医学部
出身校 順天堂大学医学部医学科
医学博士順天堂大学1961年
影響を
受けた人物
懸田克躬
村山七郎[1]
主な受賞歴 古澤賞2000年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

下坂 幸三(しもさか こうぞう、1929年2月14日 - 2006年3月26日)は、日本医学者精神科医。専門は精神分析学。元順天堂大学医学部助教授医学博士摂食障害治療で知られる[2][3]

来歴[編集]

人物[編集]

精神分析学精神病理学の広汎な知見をもとに、主として摂食障害の治療を行った。家族面接を基盤とした治療法の開発や、摂食障害・強迫性障害に関する業績で知られる。

受賞歴[編集]

学会[編集]

著書[編集]

  • 『食の病理と治療』 金剛出版、1983
  • 『アノレクシア・ネルヴォーザ論考』 金剛出版、1988/2007
  • 『精神療法の条件』 金剛出版、1988
  • 『過食の病理と治療』 金剛出版、1991
  • 『精神科治療における家族(精神医学レビュ-18)』 ライフ・サイエンス、1996
  • 『心理療法の常識』 金剛出版、1998
  • 『拒食と過食の心理:治療者のまなざし』 岩波書店、1999
  • 『摂食障害治療のこつ』 金剛出版、2001
  • 『心理臨床としての家族援助』金剛出版、2001
  • 『心理療法のひろがり』 中村伸一・黒田章史(編)、金剛出版、2007
  • 『フロイト再読』 中村伸一・黒田章史(編)、金剛出版、2007

出典[編集]

  1. ^ 下坂幸三. “アノレクシア・ネルヴォーザ論考新装版 序文”. 金剛出版. 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ a b 下坂幸三『アノレクシア・ネルヴォーザ論考』金剛出版、2007年4月。ISBN 9784772409681
  3. ^ a b 下坂幸三. “青春期やせ症の精神医学的研究”. 国立国会図書館. 2014年1月17日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]