下和田村次左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下和田村 次左衛門(しもわだむら じざえもん、明和5年(1768年[1] - 天保7年11月16日1836年12月23日))は、江戸時代後期の一揆指導者[2]。姓は森[2]。通称は別に武七[2]

経歴・人物[編集]

甲斐国都留郡下和田村に生まれる[1]天保4年(1833年)以来の凶作で飢饉に苦しむ農民の救済の為に天保7年8月20日1836年9月30日)米商から米の押し借りをおこなうが、これが甲斐国一円に拡がる打ち毀しに発展し失敗(甲州郡内騒動[1][2]。のち捕えられ獄死した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『森次左衛門』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『下和田村次左衛門』 - コトバンク