下作延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 高津区 > 下作延
下作延
—  町丁大字  —
高津区役所
下作延の位置(神奈川県内)
下作延
下作延
下作延の位置
座標: 北緯35度36分4.85秒 東経139度36分27.41秒 / 北緯35.6013472度 東経139.6076139度 / 35.6013472; 139.6076139
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki.svg 川崎市
高津区
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[1]
 - 計 21,520人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 213-0033[2]
市外局番 044 (川崎MA)[3]
ナンバープレート 川崎
※人口は大字下作延を除く。

下作延(しもさくのべ)は神奈川県川崎市高津区町名。現行行政地名は下作延一丁目から下作延七丁目及び大字下作延。住居表示は下作延(丁目あり)が実施済み区域、大字は未実施区域[4]郵便番号は213-0033[2]

地理[編集]

川崎市高津区に属し、中心を平瀬川が貫く。おおむね平坦な地形であるが、緑ヶ丘霊園の近くは高台である。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日に公表された公示地価によれば、下作延1-4-11の地点で35万8000円/m2となっている。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

緑ヶ丘霊園の上に稲毛三郎重成が築城した「作延城」という城があり、そこより下の地域を下作延と呼ぶようになったといわれている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
下作延一丁目 704世帯 1,079人
下作延二丁目 3,108世帯 5,479人
下作延三丁目 2,112世帯 4,010人
下作延四丁目 1,764世帯 3,269人
下作延五丁目 1,435世帯 2,703人
下作延六丁目 1,371世帯 2,956人
下作延七丁目 1,127世帯 2,024人
11,621世帯 21,520人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

丁目 番地 小学校 中学校
下作延一丁目 全域 川崎市立下作延小学校 川崎市立西高津中学校
下作延二丁目 31番38号
32~37番
川崎市立西梶ヶ谷小学校 川崎市立宮崎中学校
その他 川崎市立久本小学校 川崎市立高津中学校
下作延三丁目 全域 川崎市立上作延小学校 川崎市立宮崎中学校
下作延四丁目 全域 川崎市立下作延小学校 川崎市立西高津中学校
下作延五丁目 全域
下作延六丁目 全域
下作延七丁目 全域

交通[編集]

武蔵溝ノ口駅(または東急田園都市線大井町線溝の口駅)や梶が谷駅も利用できる。

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 区別町名一覧表”. 川崎市. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。