下人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下人(げにん)とは近世以前の家内隷属民に対する呼称。

概説[編集]

平安中期以降、貴族寺社大名田堵らの家内で使役された私的隷属民の呼称として現れる。「下人・所従」と併称されることが多いが、一般的に下人の方が所従よりも家への隷属性が強く、また、所従の称は武家においてよく利用された。「奴婢雑人」などとも称され、売買、譲渡、相続の対象であり、下人の子孫もまた代々主家に仕えた。その職務は耕作、雑務、馬引きなどであり、合戦にも駆り出された。武家の奉公人は上層を郎従郎党郎等)、下層を下人や所従と呼んだが、下人所従は武士身分でないため、戦場において首を取っても手柄になることはなかった。

南北朝時代[編集]

南北朝の争乱以降、土地を与えられ自立する下人が現れるなど身分環境に変動が起こってくる。従来譜代であった下人の奉公形態も、年季契約をもって行うものが現れるなど、従来の家内従属性が薄れていった。近世にはいると刀狩りによる名主層の否定など、農地に対する重層支配が否定され、農地の小規模独立経営を推し進める政策が採られていくため、譜代相伝の下人である譜代下人は次第に姿を消していった。替わって年季奉公を中心としたものに変わり、下男(げなん)、下女(げじょ)という呼称が定着してくる。

江戸時代[編集]

江戸時代にも名主(なぬし)、庄屋商家、武家において存在し、その多くは出替奉公であったが実質的には譜代であることも多かった。商家では、年季明けなどで下男、下女が奉公先を替えることを出代(でがわり)といい、出代を行う日は、万治寛文年間までは2月2日、それ以降は3月4日とされていた。[1]

備考[編集]

  • 正月16日には、地獄の釜の蓋が開く日とされ、この日は下男下女が解放され、自由な1日を過ごした[2]藪入りも参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 江戸の歳事風俗誌(小野武雄 著、講談社学術文庫)
  2. ^ 網野善彦 『海と列島の中世』 講談社学術文庫 2003年 pp.236 - 237.

関連項目[編集]