上陸第一歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上陸第一歩
First Steps Ashore 1932.jpeg
主演の岡譲二
監督 島津保次郎
脚本 北村小松
出演者 水谷八重子
岡譲二
撮影 水谷至宏
製作会社 松竹キネマ蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年4月14日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

上陸第一歩』(じょうりくだいいっぽ)は、1932年(昭和7年)4月14日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は島津保次郎モノクロスタンダード、88分。

ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督の『紐育の波止場英語版』を翻案した作品で、土橋武夫晴夫兄弟の開発した「土橋式」トーキーを採用した、島津監督のトーキー映画第2作である。撮影中にスタジオが火事に遭い、撮影技師の水谷至宏が焼死しかける事件があった。第9回キネマ旬報ベスト・テン第8位。現在、東京国立近代美術館フィルムセンター35mmフィルムを所蔵している[1]

スタッフ[編集]

出演者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]