上野島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上野島
座標 北緯36度43分
東経139度28分
座標: 北緯36度43分 東経139度28分
面積 0.0003 km²
海岸線長 0.07 km
所在海域 中禅寺湖
所属国・地域 日本栃木県
地図
上野島の位置(栃木県内)
上野島
テンプレートを表示

上野島(こうずけしま)は栃木県の中禅寺湖に存在する円形の無人島である。

概要[編集]

上野島と陸地とは最も近い場所で100m弱の距離であるが、島へ渡る交通手段は無い。しかし、湖の水位が低いときは、歩いて島へと渡ることも出来る。現在、島の周囲が石で補強されているが、この点について、島がなくならないようにするためではないか、との指摘もある[1]

上野島は日光連山を中心にした山岳信仰の開祖である、勝道上人の墓所の一つといわれており、島内には、宝篋印塔や、勝道上人首骨納塔、慈眼大師の墓石などがあり、不定期ながら霊跡を巡拝する遊覧船もある。

特に中禅寺では、毎年8月4日に、開祖である勝道上人に関連した土地を船で巡礼する「船禅頂(ふなぜんじょう)」という行事を開催しており、上野島もその際に訪れる[1]

中禅寺によると、勝道上人の遺骨は、主に、日光の「二社一寺」とされる日光二荒山神社・日光東照宮・輪王寺がある地域の堂宇に保管されているが、勝道は奥日光と縁が深かったため、島をつくって分骨を行ったのだという[1]

上野島付近は、中禅寺湖内でも有数の釣りのポイントとして知られ、釣り人達が多く訪れている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「中禅寺湖 自然美の霊場」(『読売新聞』、2014年8月22日)

外部リンク[編集]