上野健爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上野 健爾, マドリッド 2006

上野 健爾(うえの けんじ、1945年12月11日[1] - )は、日本の数学者四日市大学関孝和数学研究所長、法政大学大学院工学研究科教授、日本数学協会会長、京都大学名誉教授。専門は複素多様体論。学力低下問題を中心に数学教育の問題にも言及している。 1945年熊本県生まれ。1968年東京大学理学部数学科卒業。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『代数幾何 岩波講座応用数学』岩波書店 1993
  • 『代数幾何入門』(岩波書店)1995
  • 『代数入門』岩波講座現代数学への入門(岩波書店)1995-1996
  • 『円周率πをめぐって』日本評論社 1999 はじめよう数学
  • 『複素数の世界』(日本評論社 1999 はじめよう数学)
  • 『誰が数学嫌いにしたのか 教育の再生を求めて』(日本評論社 2001)
  • 『数学フィールドワーク 調べてみよう,考えてみよう』(日本評論社 2008)
  • 『測る』東京図書 2009
  • 『数学者的思考トレーニング 代数編』岩波書店 2010
  • 『数学の視点』東京図書 2010
  • 『数学者的思考トレーニング 解析編』岩波書店 2012
  • 『円周率が歩んだ道』岩波書店、2013

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.. 396.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]