上里一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上里 一郎(あがり いちろう、1933年 - 2011年7月29日[1])は、日本の臨床心理学者、臨床心理士、教育学博士。広島大学名誉教授。元日本学術会議会員。専門は臨床心理学・健康心理学。

経歴[編集]

広島県安芸高田市生まれ。修道高等学校を経て、1958年広島大学教育学部心理学科卒業、広島大学医学部を経て、1962年広島大学大学院(教育心理学専攻)修了。

広島大学教養部助手・講師、広島大学総合科学部助教授・教授(行動制御論)・学生部長(現在の副学長相当)、早稲田大学人間科学部人間健康科学科教授、同大学院客員教授、東亜大学・大学院教授、2001年より広島国際大学人間環境学部臨床心理学科教授・副学長、学長を歴任。その後は花園大学客員教授、(財)日本臨床心理士資格認定協会常任理事などを務めた。 平成19年度日本心理臨床学会学会賞受賞。

2011年7月29日、山口県下関市の病院で死去。77歳没[1]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • O.H.マウラー『疎外と実存的対話』誠信書房 1969
  • C.E.ソレセン, M.J.マホーニィ『セルフコントロール』監訳 福村出版 1978
  • H.J.アイゼンク編著『スモーキング 健康とパーソナリティをめぐって』監訳 同朋舎出版 1988
  • デイビッド・M.ウォーバートン, ニール・シャーウッド編著『ストレスと快楽』監訳 金剛出版 1999

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
梶本照穂
広島国際大学学長
2004年 - 2008年
次代:
森永規彦