上里一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上里 一郎(あがり いちろう、1933年 - 2011年7月29日[1])は、日本の臨床心理学者、臨床心理士、教育学博士。広島大学名誉教授。元日本学術会議会員。専門は臨床心理学・健康心理学。

経歴[編集]

広島県安芸高田市生まれ。修道高等学校を経て、1958年広島大学教育学部心理学科卒業、広島大学医学部を経て、1962年広島大学大学院(教育心理学専攻)修了。

広島大学教養部助手・講師、広島大学総合科学部助教授・教授(行動制御論)・学生部長(現在の副学長相当)、早稲田大学人間科学部人間健康科学科教授、同大学院客員教授、東亜大学・大学院教授、2001年より広島国際大学人間環境学部臨床心理学科教授・副学長、学長を歴任。その後は花園大学客員教授、(財)日本臨床心理士資格認定協会常任理事などを務めた。

平成19年度日本心理臨床学会学会賞受賞。

2011年7月29日、山口県下関市の病院で死去。77歳没[1]

共編著[編集]

  • 『乳幼児臨床心理学』編 福村出版 1976 幼児学叢書
  • 『グループ・アプローチ』佐治守夫,石郷岡泰共編 誠信書房 1977
  • 『自我同一性の病理と臨床』鑪幹八郎共編 ナカニシヤ出版 1979 シンポジアム青年期
  • 『心理療法入門』編著 福村出版 1980 心理学双書
  • 『自殺行動の心理と指導』編 ナカニシヤ出版 1980 シンポジアム青年期
  • 『行動療法 現状と課題』編 福村出版 1983
  • 『看護心理学』内山喜久雄共編 ナカニシヤ出版 1986
  • 『心身障害児の行動療育』編 同朋舎出版 1988
  • 『青少年の自殺』編 同朋舎出版 1988 メンタルヘルス・シリーズ
  • 『新看護心理学』内山喜久雄共編 ナカニシヤ出版 1989
  • 『喫煙科学研究の歩み 1996年から2005年』三須良實,大和田英美,中尾一和,井谷舜郎共編 喫煙科学研究財団 2007

翻訳[編集]

  • O.H.マウラー『疎外と実存的対話』誠信書房 1969
  • C.E.ソレセン, M.J.マホーニィ『セルフコントロール』監訳 福村出版 1978
  • H.J.アイゼンク編著『スモーキング 健康とパーソナリティをめぐって』監訳 同朋舎出版 1988
  • デイビッド・M.ウォーバートン, ニール・シャーウッド編著『ストレスと快楽』監訳 金剛出版 1999

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:上里一郎氏死去(広島大名誉教授・臨床心理学)