上郷町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 栄区 > 上郷町 (横浜市)
上郷町
—  町丁  —
横浜自然観察の森
上郷町の位置(横浜市内)
上郷町
上郷町
上郷町の位置(神奈川県内)
上郷町
上郷町
上郷町の位置
座標: 北緯35度21分49.85秒 東経139度34分3.1秒 / 北緯35.3638472度 東経139.567528度 / 35.3638472; 139.567528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
栄区
面積[1]
 - 計 3.584km2 (1.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 5,582人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 247-0013[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

上郷町(かみごうちょう)は横浜市栄区町名。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[5]郵便番号は247-0013[3]

地理[編集]

栄区の東部に位置し、いたち川県道原宿六浦線に沿った、「工」の字に似た細長い形をしている。いたち川流域が谷戸でその両岸は小高い丘で構成されているが、緑地として残っている東部・南部の高台を除いて谷戸は上郷町、宅地化されている高台は他の町名となっている。

北部には山手学院中学校・高等学校神奈川県立横浜栄高等学校神奈川中央交通横浜営業所などがある。港南台に近く、港南台プリンスハイツなど港南台の名を冠したマンション等もみられる。鎌倉市境に近い南部には横浜霊園鎌倉カントリークラブ神奈川県警察射撃場がある。 横浜市資源循環局栄工場があったが、2008年に焼却設備が撤去され、以降は収集車の駐車場などとして使われている[6]。 北東部の瀬上市民の森、南東部の横浜自然観察の森の2つの大規模緑地のほか、比較的小規模な上郷市民の森を有し、緑被率の高い地区となっている[7]。瀬上市民の森に隣接した緑地帯では東急建設が宅地開発を計画しているが、緑地保全のため横浜市は土地の買い取りを検討している [8]。町内に鉄道は通っておらず、港南台駅大船駅金沢八景駅への路線バスが利用できる。

栄区東部の外縁部はほとんど上郷町となっているため、栄区が接する他の市・区のうち戸塚区を除く港南区磯子区金沢区鎌倉市と接している。

歴史[編集]

昭和30年代まで栄区の東半分は上郷町と中野町の飛び地が入り乱れて混在している状態であったが、高度経済成長期に丘陵部が住宅開発されると新住所を与えられて両町から分離、さらに中野町が飛び地を整理して栄区中央部のみとなった結果、残りの部分は上郷町として2010年現在の複雑な形状となった。この様な経緯を経たため、例えば犬山町にある上郷小学校・中学校など隣接区域にも上郷の名をもつ施設がある。

年表[編集]

  • 明治以前は鎌倉郡上野村(上之村とも)と称し、東海道戸塚宿助郷となっていた。
  • 1867年(慶応3年) - 幕府領となり、代官江川太郎左衛門支配所(韮山代官所)の管轄となる。
  • 1868年(慶応4年) 6月 - 韮山代官所が韮山県に改組され、韮山県鎌倉郡上野村となる。
  • 1868年(慶応4年) 12月 - 韮山県から神奈川県に移管され、神奈川県鎌倉郡上野村となる。
  • 1891年(明治24年) - 上之村ほか、七村が合併し、鎌倉郡本郷村成立。旧上野村は本郷村大字上野となった。
  • 1920年(大正9年) - 電灯が点灯。
  • 1939年(昭和14年) - 本郷村の横浜市編入に伴い、戸塚区上郷町(上野町が当時中区にすでに存在していたため、旧村名と字名から一字ずつとった)となる。
  • 1967年(昭和42年) - 上水道が開通。
  • 1982年(昭和57年) - 東上郷町などが分離。
  • 1986年(昭和61年) - 栄区成立に伴い、栄区上郷町となる。


世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
上郷町一丁目 2,434世帯 5,582人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

番地 小学校 中学校
460番地の23、4487番地以降 横浜市立港南台第二小学校 横浜市立港南台第一中学校
37〜41番地、47番地の1、48番地の4、62番地の2
81番地の3〜5・15〜16
横浜市立本郷小学校 横浜市立本郷中学校
1〜36番地、42〜46番地、47番地の2〜48番地の3
48番地の5〜62番地の1、62番地の3〜81番地の2
81番地の6〜9、82〜83番地、85〜89番地
106〜134番地、141〜154番地
167番地の2〜179番地、180番地の2〜198番地
221番地(県道原宿六浦線以南)、222〜230番地
1964〜1976番地、1978〜1995番地、1998番地
2006〜2007番地、2264〜4486番地
横浜市立上郷中学校
81番地の10〜11、84番地、90〜105番地
135〜140番地、155番地〜167番地の1
180番地の1、199〜220番地
221番地 (県道原宿六浦線以北)、231番地〜460番地の22
460番地の24〜551番地、644〜672番地、691〜699番地
横浜市立桜井小学校
747番地、765番地、851〜896番地、901〜907番地
910〜942番地、966〜995番地、1017〜1035番地
1036番地(県道原宿六浦線以東)
1037番地(県道原宿六浦線以東)、1053番地、1060番地
1159〜1188番地、1202〜1205番地、1209〜1213番地
1214番地(県道原宿六浦線以東)、1215〜1286番地
1287番地(県道原宿六浦線以東)、1288〜1699番地
1701〜1705番地、1709番地〜1715番地の5
1715番地の12〜1722番地
横浜市立庄戸小学校
552〜643番地、673〜690番地、700〜746番地
748〜764番地、766番地〜832番地の7
832番地の13〜41・43〜45・48〜4・51〜52・60〜76
832番地の79〜850番地、897番地〜900番地
908〜909番地、943〜965番地、996〜1016番地
1036番地(県道原宿六浦線以西)
1037番地(県道原宿六浦線以西)、1038〜1052番地
1054〜1059番地、1061〜1158番地、1189〜1201番地
1206〜1208番地、1214番地(県道原宿六浦線以西)
1287番地(県道原宿六浦線以西)、1700番地
1736〜1740番地、1742番地〜1747番地の199
1748〜1802番地、1804〜1963番地、1977番地
1997番地、1999〜2005番地、2169番地
横浜市立上郷小学校
1723〜1729番地、1731〜1735番地、2096〜2101番地
2104〜2111番地、2146〜2166番地、2168番地
2170〜2171番地、2175〜2178番地、2182番地
横浜市立桂台中学校
1996番地の1〜4、2081番地の8、2262〜2263番地 横浜市立桂台小学校

施設[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • わたしたちのまち上郷 平成5年11月 上郷南小学校創立15周年記念改訂版編集委員会

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市栄区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年6月17日閲覧
  6. ^ 焼却工場(横浜市資源循環局)
  7. ^ 平成21年度「緑の総量」の調査結果(横浜市環境創造局)
  8. ^ 2009年1月1日付神奈川新聞(Googleキャッシュ)
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。