上遠野富之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋市天白区の八事霊園内の上遠野富之助の墓(2017年6月)

上遠野 富之助(かどの とみのすけ、1859年11月13日安政6年10月19日) - 1928年昭和3年)5月26日[1])は、日本の教育者新聞記者

人物[編集]

出羽国横手の[1]秋田藩士の家において生を受ける[2]小学校の校長を経て、秋田改進党機関紙秋田日報の記者となった[2]東京専門学校開学を知り、同校政治学科に学ぶ[2]。その間、報知新聞の記事執筆、東京府会の書記なども務める[2]。東京専門学校は1886年(明治19年)に卒業[2]。名古屋財界の重鎮である奥田正香に認められ、名古屋商業会議所書記長に迎えられる[3]1909年(明治42年)には副会頭、1921年大正10年)には会頭となる[3]。その他、名古屋株式取引所理事、国際労働総会使用者代表も務めた[3]1928年昭和3年)、胃がんで死去[3]。死後、遺言に従って、中区南久屋町の私邸が市に、蔵書が名古屋商業会議所に寄付された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 北見昌朗 『愛知千年企業 大正時代編 「大恐慌の次は震災」の時代を生き抜いた名古屋商人群像』 北見昌朗、2016年2月12日(日本語)。ISBN 978-4-8062-0701-6