上西充子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上西 充子(うえにし みつこ、1965年-)は、日本労働研究者法政大学キャリアデザイン学部教授。同人材育成研究所研究員。元日本労働研究機構副主任研究員

略歴[編集]

1988年東京大学教育学部卒業後、東京大学経済学部に学士編入し、1990年に卒業。1995年に同大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学し、日本労働研究機構入職。長年能力開発研究に携わり、2002年副主任研究員に昇格。

2003年、法政大学のキャリアデザイン学部設立に参画、専任講師となる。2004年に助教授に昇任、同大キャリアセンター副センター長を兼務し、2013年に教授に昇格。

2018年Yahoo!ニュースで、「朝ごはんは食べたか」→「ご飯は食べてません(パンは食べたけど)」のような、加藤厚労大臣のかわし方の記事で名付けた「ご飯論法」が新語・流行語大賞トップテンに選出される。

公職[編集]

  • 2005年、厚生労働省職業能力開発局「職業能力開発の今後のあり方に関する研究会」委員
  • 2005年、厚生労働省「勤労青少年ホームのあり方検討委員会」委員
  • 2008年、厚生労働省「今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会」委員
  • 2012年、内閣府「雇用戦略対話ワーキンググループ(若者雇用)」委員

著作リスト[編集]

編著[編集]

共著[編集]

共編[編集]

  • 『就職活動から一人前の組織人まで - 初期キャリアの事例研究』(川喜多喬との共編、同友館、2010年)

共訳[編集]

  • 『若者の能力開発 - 働くために学ぶ - OECD職業教育訓練レビュー:統合報告書』(OECD編著、岩田克彦との共訳、明石書店、2012年)

論文等[編集]

メディア出演等[編集]

出典[編集]

  • 『キャリアに揺れる - 迷えるあなたに贈るブックガイド30』(柳川幸彦との共著、ナカニシヤ出版、2006年)

外部リンク[編集]