上茜部城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上茜部城(かみあかなべじょう)は、現在の岐阜市茜部本郷2丁目にある戦国時代日本の城跡である。別名“茜部城”。

歴史[編集]

近江国の出身といわれている、堀資重により築城される。(時期不明。1550年以前?)

子孫の堀秀政織田信長豊臣秀吉に仕える。特に豊臣秀吉の元で様々な武功をあげ、秀吉には無くてはならない人物となる。しかし、小田原攻めの最中、陣中で病死。秀吉は大変嘆いたという。秀吉は小田原を平定後、関八州を秀政に与える考えがあったようである。

廃城時期は不明であるが、堀秀政1581年長浜城城主、1585年北ノ庄城城主となっている事から、この頃には廃城された可能性が高い。

城跡[編集]

国道脇にある石碑

城跡は国道157号沿いにあり、1990年に堀秀政没後400年として、上茜部城跡堀秀政顕彰碑という石碑がある。

関連項目[編集]