上福元勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上福元 勤
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1966年1月4日
没年月日 (2007-09-29) 2007年9月29日(41歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1983年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上福元 勤(かみふくもと つとむ、1966年1月4日 - 2007年9月29日)は、東京都出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

小中学生時代(松沢小、松沢中学)は、調布リーグ(リトル・シニア)で活躍。

1981年に、調布リーグのチームメイトである板倉賢司と共に早稲田実業学校高等部に入学し、野球部に入部。1年生の夏の甲子園大会東東京大会では前年度に甲子園大会を準優勝した早実の18名のベンチ入りを1年生ながらに果たした。早実は東東京大会を優勝し、甲子園に出場することとなったが、上福元自身は甲子園では15名のベンチ入りからは外れることとなり、甲子園に出場することはできなかった。翌秋からはサードでレギュラー。東京大会で優勝し、神宮大会にも出場。

1982年は、調布リトルでも先輩に当たる荒木大輔とともに、春夏連続で甲子園に出場した。1982年の秋からはショートでキャプテン。秋は創価高校に敗れ、選抜出場を逃し、翌夏の東東京大会も準決勝で関東一高に敗れ、この夏の甲子園大会も出場できなかった。

1984年読売ジャイアンツに入団し、3年間在籍したが、一軍出場は無く1986年に引退した。

その後はプロ野球マスターズリーグで札幌アンビシャスに所属して活躍していたが、2007年9月29日に直腸がんのため41歳で死去した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 62 (1984年 - 1986年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]