上町五丁目停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上町五丁目駅から転送)
移動先: 案内検索
上町五丁目停留場*
東より望む。右が上りホーム
東より望む。右が上りホーム
かみまちごちょうめ
Kamimachi 5-chome
上町四丁目 (0.2km)
(0.4km) 旭町一丁目
所在地 高知県高知市上町5丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 2.4km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1906年(明治39年)10月9日
備考 * 改称経歴
- 1936年 本町筋五丁目→本丁筋五丁目
- 1966年 本丁筋五丁目→上町五丁目
テンプレートを表示

上町五丁目停留場(かみまちごちょうめていりゅうじょう)は、高知県高知市上町5丁目にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1906年(明治39年)、本町筋五丁目停留場(ほんちょうすじごちょうめていりゅうじょう)の名で開業した[1][2]。開業の1週間後には、車両の増備に対応するため停留場の北側に車庫(本町筋五丁目車庫)が新設されている[3]。停留場名は町名改称に合わせて1936年(昭和11年)に「本筋五丁目」と表記を変更[2][3]。上町五丁目と称するようになったのは1966年(昭和41年)からのことで、これは同年に実施された住居表示によるものである[3]

構造[編集]

上町五丁目停留場は伊野線の併用軌道区間にあり、道路上にホームが設けられている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように向かい合って配置される(相対式ホーム[5]。線路の北側にはりまや橋方面へ向かう上りホーム、南に伊野方面へ向かう下りホームがある[5]

上町四丁目との間に渡り線があり[5][6]、はりまや橋・高知駅前方面行の一部が当停留場発着で運行される。渡り線がはりまや橋寄りにあることから折り返しの上り列車は上りホームに入線できず、下りホームで降車を扱った後そのままの位置で反対側のドアを開き、乗客は上りホームから線路を跨いで乗車する。

停留場の北側には開業直後より本町筋五丁目車庫が設けられ、戦後蛍橋停留場の西方に蛍橋車庫ができるまで使用された[3]。本町筋五丁目車庫では1909年(明治42年)に火災が発生し、収容中の車両9両と新調中の車両2両のあわせて11両の車両を焼失している[7]。この火災の原因と焼失した車両の番号は資料が失われたため、いまだに不明である[7]

周辺[編集]

当停留場より西、鏡川橋停留場までの区間は軌道が敷かれている国道33号の道幅が狭いため、軌道敷内の自動車通行が許可されている[7][8]。道幅が狭いのは太平洋戦争の空襲の被害を受けなかったためで、現在拡張工事を実施している。

路線バス[編集]

「上町五丁目」バス停留所があり、以下の路線が乗り入れる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  F2 堺町高知駅前、塩田町、イオンモール高知 一宮高知営業所 とさでん交通
G1 堺町、高知駅前 高知駅バスセンター
G2 堺町、高知駅前、比島 一宮高知営業所
G4 堺町、高知駅前、比島、一宮高知営業所 医大病院 土休日運転
G5 堺町、高知駅前、比島、一宮高知営業所、医大病院 オフィスパーク第二 土休日運休
G6 堺町、高知駅前、比島、一宮高知営業所、医大病院 領石出張所
G10 堺町、高知駅前、杉井流東 一宮高知営業所
K4 堺町、西高須通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目 土休日運休
P2 堺町、中央市場前、十津 種崎
S1 堺町、桟橋通五丁目、横浜、長浜営業所 みませ
S2 堺町、桟橋通五丁目、横浜 長浜営業所
S3 堺町、桟橋通五丁目、横浜、長浜営業所 桂浜
T1 堺町 桟橋車庫 休日運休
T3 堺町、桟橋通五丁目、横浜、横浜ニュータウン 南ニュータウン
  A1 杓田市商 鳥越 とさでん交通 土休日運休
A2 杓田市商前、鳥越 川口 県交北部交通
A3 杓田市商前、鳥越、川口 行川
X1 石立団地、神田本村 吉野 とさでん交通
X2 石立団地、神田本村、春野役場前 仁野 県交北部交通
X3 石立団地、下針木 天王ニュータウン とさでん交通
X4 石立団地、下針木、天王ニュータウン 八田
X5 石立団地、新川通、土佐市役所前 高岡営業所
Y1 朝倉駅前、国立病院 学芸高校 休日運休
Y2 朝倉駅前、国立病院前 天王ニュータウン
Y3 朝倉駅前、国立病院前、天王ニュータウン 仁野
Y4 朝倉駅前、国立病院前、土佐市役所前 高岡営業所
Y5 朝倉駅前、国立病院前、土佐市役所前、須崎駅 須崎営業所
Y6 朝倉駅前、国立病院前 宇佐
Z1 八代 すこやかセンター伊野 県交北部交通
Z2 朝倉駅前、伊野駅、高岩 狩山口
Z3 朝倉駅前、伊野駅、高岩 土居
Z4 朝倉駅前、伊野駅、高岩、土居 長沢
Z6 八代、伊野駅、高岩 狩山口

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
上町四丁目停留場 - 上町五丁目停留場 - 旭町一丁目停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『土佐電鉄が走る街 今昔』98・156-158頁
  2. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ a b c d 『土佐電鉄が走る街 今昔』34-35・76-77頁
  4. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  5. ^ a b c 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、40・93頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  6. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、292頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  7. ^ a b c 『路面電車はゆく 高知』 高知新聞社1998年、89・109頁。ISBN 4-87503-268-4
  8. ^ 服部重敬(編著) 『路面電車新時代 LRTへの軌跡』 山海堂2006年、294頁。ISBN 4-381-01816-8

参考文献[編集]

関連項目[編集]