上田音市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上田 音市(うえだ おといち 1897年2月25日 - 1999年1月21日)は、三重県出身の部落解放運動家。全国水平社創立の中心メンバーの1人で、全国水平社の生き証人と言われた。

人物[編集]

三重県飯南郡鈴止村(現在の松阪市)の被差別部落の小作農家で生まれ育つ。被差別部落の子供たちが通学する尋常小学校を卒業後に、部落外の川井町の親しい人のところに住所を移して、松阪町の第一高等小学校を卒業した。[1]鈴止実業補習学校2年修了後、大阪府友禅職人として働いたのち、松阪町(松阪市)で人力車夫となる。[2]

1922年全国水平社創立大会に参加。水平社で本部中央委員・政治部長や三重県水平社委員長を歴任。日本農民組合の中央役員も務めた。[3]1929年から松阪町議を4期務める(1933年市制施行後は市議)。国政選挙にも何度も挑戦した。[4]

1940年朝田善之助北原泰作と共に、時局便乗の部落厚生皇民運動に参加。翼賛壮年団松阪本部長として国策に協力。

戦後は部落解放全国委員会に参加。1951年から1953年まで、部落解放全国委員会書記長。1955年、部落解放全国委員会が部落解放同盟と改称。また、全国隣保連絡協議会会長。しかし1960年代に部落解放運動の一線から退いた。

のち部落解放同盟と離反し、1975年から国民融合をめざす部落問題全国会議代表の一員となる。また、路線の違いから分裂した組織の統一を呼びかけていた。1990年代まで講演を繰り返し、差別の撲滅を訴え続けた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人物でつづる被差別民の歴史 続』116頁
  2. ^ 『人物でつづる被差別民の歴史 続』113頁
  3. ^ 『人物でつづる被差別民の歴史 続』117頁
  4. ^ 『人物でつづる被差別民の歴史 続』114頁