上田賢治 (神道学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上田 賢治(うえだ けんじ、1927年9月20日[1]- 2003年3月27日)は、日本の神道学者。宗教心理学・神道神学専攻。

略歴[編集]

大分県生まれ。1952年國學院大學文学部卒業、1954年同大学院神道学専攻修士課程修了、1956年川村短期大学助教授。1958年ハーバード大学大学院留学。1967年國學院大學文学部助教授、1973年教授、ボン大学日本学講座客員講師、1982年「國學の研究 草創期の人と業績」で國學院大學より文学博士の学位を取得 1984年國學院大學日本文化研究所所長、1995年國學院大學学長、1999年学長退任 國學院大學名誉教授

著書[編集]

  • 『国学の研究 草創期の人と業績』大明堂 1981 アーツアンドクラフツ 2005
  • 『神道カウンセリング』神社本庁 1985
  • 『神道神学 組織神学への序章』大明堂 1986
  • 『永遠の創造 神道のちから―人間を超える力とは…』橘出版、1988年 『神道のちから』タチバナ教養文庫 1995
  • 『神道神学』神社新報社 1990
  • 『神道神学論考』大明堂 1991
  • 記紀神話の神学』大明堂 2002
共著
  • ひろさちやが聞く神道の聖典』共著 鈴木出版 世界の聖典 1993

論文[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』