上田比呂志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 比呂志(うえだ ひろし、1960年2月20日 - )は、日本のコーチ・文化人・作家。東京都出身。

元グアム三越社長兼ティファニーブティック支配人。元フロリダディズニーワールド・エピコットセンター・ジャパンパビリオンディレクター取締役。一般財団法人生涯学習開発財団 認定コーチ。[1]東京都産業労働局による2020年東京オリンピックに向けたおもてなし親善大使育成塾講師。

略歴[編集]

大正時代に創業の料亭橘家の長男として生まれ、幼少から店を手伝いながら、女将である祖母から「おもてなし」のいろはを教わり育つ。 大学卒業後、株式会社三越に入社。日本橋本店にて、主に企画、販促に従事。その後店舗開発を担当。社内研修制度に応募し、全国の三越約12,000名の中の11人に選出。 フロリダディズニーワールドにてフェローシップ・プログラムに参加。1年間、世界11カ国の人達とデュズニーユニバーシティーに通いディズニーマネジメント(ディズニーメソッド)を学ぶ。卒業後、日本の三越にて企画を担当し、グアム三越社長兼ティファニーブティック支配人としてグアムに勤務。その後、フロリダディズニーワールド・エピコットセンターのジャパンパビリオンディレクター取締役として赴任。ショップ、レストラン、カルチャーの三部門の統括責任者として、経常利益の向上や約250人の部下の人材育成に貢献。株式会社三越を退社し帰国。 料亭のおもてなし精神や、ディズニーメソッドを取り入れたコーチングスタイルを確立。[2] 現在は、講演、企業研修、執筆、パーソナルコーチングを中心に日本国内外で活動中。

主な著作[編集]

  • 『日本人が知っておきたい心を鍛える習慣 - 料亭、三越、ディズニーを経て学んだ』 クロスメディア・パブリッシング (インプレス) ISBN 978-4844373148
  • 『「気がきく人」の習慣』アスコム ISBN 978-4776208297
  • 『部下の心が動くのはどっち? 結果を出すリーダーの選択』ナツメ社 ISBN 978-4816364082

出演番組[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リーダーが学ぶ経営学対談 - ダイヤモンド社
  2. ^ 著書より

外部リンク[編集]