上田市立浦里小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上田市立浦里小学校
上田市立浦里小学校正門
過去の名称 養正学校
第5番区浦野学校
尋常小学浦野学校
浦里村立浦里尋常小学校
浦里村立浦里尋常高等小学校
浦里村立浦里国民学校
浦里村立浦里小学校
川西村立浦里小中学校
川西村立浦里小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 上田市
設立年月日 1873年12月
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 386-1546
長野県上田市浦野237番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
旧管理棟校庭側
旧管理棟昇降口

上田市立浦里小学校(うえだしりつ うらさとしょうがっこう)は、長野県上田市にある公立小学校

旧・上田市地区の小県郡川西村浦里地区の浦野・越戸地籍を校区としているが、小県郡浦里村時代は現在の小県郡青木村の当郷地籍も校区としており、上田市立川西小学校発足までは仁古田・岡地籍も校区としていた。

概要・歴史[編集]

上田市浦里小学校のルーツは1873年開校の「養正学校」に遡る。同校は小県郡馬越(のちの浦野町)・仁古田・岡の3村と福田・吉田の2村(翌年分離し「通儀学校」を開校させる。現在の上田市立川辺小学校の校区)を校区として開校。1886年青木村立青木小学校の前身である「昌後学校」から分離した小県郡当郷村、同じく前身で左記から分離(1874年)した「協義学校」から分離した同郡越戸村を校区に加えのちの小県郡浦里村の村々を校区とする「浦野学校」が発足した。そして1889年村々が合併して小県郡浦里村が発足するとそのまま村立浦里尋常小学校と改称している。

同校は1895年の高等科分値により村立浦里尋常高等小学校と、1941年国民学校令により村立浦里国民学校と、1947年学制改革により村立浦里小学校、同時に併設で浦里中学校(以降浦里小中学校)と改称を重ねても校区の変更はなく歴史を重ねていたが1957年に小県郡室賀村との合併、上田市の小泉地区町地籍の編入により小県郡川西村が発足すると以降は縮小の歴史となる。同村は発足の折旧浦里村の当郷地籍を小県郡青木村に分離していた。このため当郷地籍を青木村立青木小学校に分離し残りの地籍で小県郡川西村立浦里小中学校として再発足することとなったのである。

1960年併設していた浦里中学校が村内の併設中学校との統合により小県郡川西村立川西中学校(のち上田市立川西中学校、現在は上田市立第六中学校)が発足すると小学校単独に戻り、1973年に小県郡川西村が上田市に合併すると上田市立浦里小学校と改称するが1980年以降上田市立室賀小学校・上田市立小泉小学校両校区の過疎化が問題となった。そこで川西中学校の校舎が置かれていた仁古田地籍に両校を統合して開校した上田市立川西小学校が設置されることとなったため仁古田が川西小学校の校区として分離した。2005年には岡地籍が川西小学校の校区として分離。

略年表[編集]

  • 1873年 - 「養正学校」として開校。小県郡馬越・仁古田・岡・福田・吉田5村を校区とした。
  • 1874年 - 福田・吉田2村が分離し「通儀学校」開校。校区が3村に縮小。
  • 1886年 - 「昌後学校」から分離した小県郡当郷村、「協義学校」から分離した同郡越戸村を校区に加え「浦野学校」と改称。
  • 1889年 - 小県郡浦里村発足。「浦野学校」はそのまま村立浦里尋常小学校と改称。
  • 1895年 - 小県郡立高等小学校の廃止による高等科分値により村立浦里尋常高等小学校と改称。
  • 1941年 - 「国民学校令」発布により村立浦里国民学校と改称。
  • 1947年 - 学制改革の第1弾6・3制実施により、村立浦里小学校と改称。同時に併設で浦里中学校開校。
  • 1957年 - 小県郡浦里村と室賀村、上田市小泉地籍の町地区が合併し小県郡川西村発足。これにより川西村立浦里小中学校と改称するが当郷地籍が小県郡青木村へ分離したため同地籍が青木村立青木小学校青木村立青木中学校に分離。
  • 1960年 - 併設していた浦里中学校が村内2併設中学校と統合。川西村立川西中学校が開校し小学校単独に戻る。
(川西中学校は1973年に上田市に合併後は上田市立、現在は上田市立第六中学校
  • 1973年 - 小県郡川西村が上田市に合併。上田市立浦里小学校と改称。
  • 1988年 - 仁古田地籍、上田市立川西中学校の校舎のあった所に上田市立室賀小学校と上田市立小泉小学校の統合により開校した上田市立川西小学校が設置されたため同地籍が同校の校区として分離。
  • 2005年 - 岡地籍が上田市立川西小学校の校区として分離。
  • 2012年9月5日 - 午後10時頃、火災が発生。木造の旧管理棟(旧校舎)と北校舎が全焼。[1]
  • 2012年9月10日 - 地元の自治会やPTA関係者らが「浦里小学校を支える市民の会」を設立。児童の学習環境を整えるため、支援金の募集を始める。

補足事項[編集]

旧管理棟(旧校舎)は1924年(大正13年)の建築で、「なつかしの小学校木造校舎100選」に選ばれている。その古さから映画・テレビドラマのロケ地として使用されることがあった[1]

2012年9月5日夜に発生した火災で全焼・焼失した[1]。 火災で燃えた校舎の廃材からコカリナが作られた。

近年では、2017年度より上田市立となった、長野大学と共に<長野大学+浦里小>として連携した活動を行っている。実際に長野大学の学生による授業が行われている。 (この連携協力は、上田市で開かれた<地域と共にある学校作りシンポジウム>で発表された。)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]