上田修子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上田 修子(うえだ なおこ、1971年 - )は日本テクニカルライター実業家有限会社ナレッジスタジオ代表取締役[1]

来歴[編集]

北海道札幌市出身[1]札幌大谷高等学校[2]を経て、1990年から1996年まで外務省に勤務し、欧州連合日本政府代表部などに駐在[1]1994年から1997年までベルギーイギリスに滞在することとなる[1]

日本に帰国後はIT系講座の講師を務めるが、2003年よりテクニカルライターとして書籍の執筆に携わる[1]2004年には有限会社ナレッジスタジオを設立し、企業ソーシャルメディア活用支援などを行う[1]

近年では専門のコンピュータ以外にも、皇室に関する発言をすることも多い[1]

エピソード[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロフィール上田修子公式サイト
  2. ^ a b c 全国高等学校クイズ選手権⑦』日本テレビ放送網1987年12月、p.50 - 53
  3. ^ 全国高等学校クイズ選手権⑦ 1987年 p.74 - 75より。知力コースは最初の50問に全問正解すれば新横浜駅で下車、そのまま東京駅にとんぼ返りし司会の福留功男アナが待つセンチュリー・ハイアット・ホテルに戻れるというルールであった。全問正解しなければ、以後小田原駅熱海駅三島駅とクイズが追加される
  4. ^ a b c 1987年8月28日放映 第7回全国高等学校クイズ選手権

外部リンク[編集]