上海航天技術研究院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上海航天技術研究院
上海航天技术研究院
種類 国有
略称 SAST
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国上海市閔行区[1]
設立 1961年8月1日
業種 宇宙開発
所有者 中国
テンプレートを表示

上海航天技術研究院SAST)(中国語: 上海航天技术研究院)は中国航天科技集団公司(CASC)傘下の中国の宇宙機関。第八研究院、八院とも呼ばれる[2]。社員は2万名前後で予算は17億元程度とされる。

1961年8月に上海市第二機電工業局(上海市第二机电工业局)として設立され、1993年に現在の名称に改名した[3]

SASTはロケット・衛星やその部品の設計、開発、製造などを行っている。宇宙機械では風雲[4]遥感[5]嫦娥計画での開発に関わっている。ロケットでは長征2号丁英語版[6]長征4号甲英語版など長征ロケット系統の開発を行っているほか、風暴1号全体の設計、製造なども行った。風暴1号は3機の軍事衛星を打ち上げたものの失敗も多く、詳細は発表されていないがSASTも責任を取らされたとされる[7]

現在では長征6号の開発なども受け持っている[8]

[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Shanghai Aerospace City”. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ 上海航天技术研究院”. 中国航天科技集団公司. 2014年9月17日閲覧。
  3. ^ Shanghai Academy of Spaceflight Technology”. 2013年12月15日閲覧。
  4. ^ 富窪高志. “中国の宇宙活動について”. p. 56. 2014年9月17日閲覧。
  5. ^ 我が国の宇宙開発利用を巡る状況について”. 宇宙航空研究開発機構. p. 15. 2014年9月17日閲覧。
  6. ^ 遠隔探査衛星7号の打ち上げに成功”. 2014年9月17日閲覧。
  7. ^ Shanghai Academy of Spaceflight Technology”. 2013年12月15日閲覧。
  8. ^ 世界の宇宙技術力比較と中国の宇宙開発の現状について”. 宇宙航空研究開発機構特別資料. 宇宙航空研究開発機構. p. 48. 2014年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]