上海上港集団足球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上海東亜足球倶楽部から転送)
移動先: 案内検索
上海上港集団足球倶楽部
原語表記 上海上港集团足球俱乐部
愛称 中国曼連、Red Eagles、红鹰
クラブカラー     赤(レッド)・    白(ホワイト)
創設年 2005年
所属リーグ 中国超級
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 上海市
ホームスタジアム Shanghai Stadium 2008.JPG上海体育場
収容人数 56,842
代表者 中華人民共和国の旗 姜海涛
監督 ポルトガルの旗 アンドレ・ビラス・ボアス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
上海上港集団足球倶楽部
各種表記
繁体字 上海上港集団足球俱楽部
簡体字 上海上港集团足球俱乐部
拼音 Shànghǎi Shànggǎng
発音: シャンハイ シャングァン ジートゥァン ズーチュウ ジュラブ
英文 Shanghai SIPG Football Club
テンプレートを表示

上海上港集団足球俱楽部漢音読み:シャンハイ-じょうこう-しゅうだん-そっきゅうくらぶ、英語:Shanghai SIPG Football Club)は、中華人民共和国上海市をホームタウンとする、中国プロサッカーリーグ(中国超級)に加盟するプロサッカークラブ。通称・上海上港集団もしくは上海上港上海SIPG。「シャンハイ-しゃんがん」「シャンハイ-しゃんこう」と読まれることもある。

概要[編集]

地元の伝統的監督である徐根宝によって2005年に上海東亜足球倶楽部として創設された上海の新興クラブ。ホームタウンは上海市である。組織的な若手育成に重点を置き、「中国のマンチェスター・ユナイテッド」になることを目指してきた。しかし、巨額資金を投じた広州恒大の成功の影響を受け、2015年に上海国際港務グループ英語版が経営を引き継いで上海東亜から上海上港へと名称を変更し、ビッグネームを買い集め始めている[注釈 1]

歴史[編集]

2005年 クラブ創設[編集]

2005年

12月25日 - 上海東亜集団有限公司が上海根宝足球倶楽部基地有限公司と共同出資する形で上海東亜足球倶楽部上海东亚足球俱乐部)を創立。選手は徐根宝が指導していた育成組織、および上海根宝足球倶楽部基地に所属していた選手で構成された。

2006年-2007年(乙級)[編集]

2006年

乙級リーグに初参加。初年度の成績は南区7位。

2007年

乙級リーグで優勝、甲級リーグへの昇格を決める。

2008年-2012年(甲級)[編集]

2008年

ホームスタジアムを上海で2番目に大きい金山区にある金山体育中心に変更。

2009年

無錫中邦が上海に再びホームタウンを戻すのにともない、ホームスタジアムを上海最大のスタジアムである上海体育場に移転。

2010年

上海市体育局が仲介役となり、乙級リーグに所属する上海浦東中邦は上海東亜に優先的に優秀な選手を移籍させるという戦略的な協力を行うことを決定。超級リーグ昇格を目指すことを宣言する[1]が、4位に終わりあと一歩で昇格を逃す。

2011年

前年に引き続き昇格を目指した[2]が9位に終わる。12月31日、3年3000万元で命名権が売却に出され、上海東亜足球倶楽部上海特莱士隊と名称が変更になった[3]

2012年

9月29日、哈爾濱毅騰に勝利して2位以内を確定させ、来季のスーパーリーグ昇格を決める[4]。12月28日、上海上港集団とスポンサー契約を結び、2013年よりクラブ名称が上海東亜足球倶楽部上海上港集団足球隊と変更になる。

2013年-(超級)[編集]

2013年

昇格初年度のシーズンの超級リーグ戦では10勝7分13敗38得点35失点の勝点37の9位で終えた。

2014年

11月、2015シーズンより上海上港集団足球俱楽部と名称が変更になることが正式に発表された。

2015年

2014年11月18日に2015シーズンより元イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソン氏の監督就任を発表した。補強面ではフルミネンセ(ブラジル)からダリオ・コンカを完全移籍で獲得。

シーズン途中の夏の移籍期間でガーナ代表のFWアサモア・ギャンを2000万ユーロ(およそ27億円)の移籍金、週30万ドル(年換算でおよそ19億円)の給与を提示して獲得した。

超級リーグ戦はシーズンの大半を首位で過ごしていたが、最終的には優勝した広州恒大に2ポイント及ばなかった。それでも19勝8分3敗63得点35失点の勝点65の2位、クラブの過去最高の成績を残した。AFCチャンピオンズリーグ2015のプレーオフの出場権を獲得した。

2016年

スヴェン・ゴラン・エリクソン体制2年目のシーズン。補強面では広州恒大からエウケソンを移籍金1700万ユーロ(約21億円)から2000万ユーロ(約25億円)、年俸は600万ユーロ(約7億円)で獲得。

AFCチャンピオンズリーグの本戦をかけてプレーオフラウンドから上海上港は出場する。2月9日、AFCチャンピオンズリーグ2016のプレーオフラウンドをホームでムアントン・ユナイテッド(タイ)と戦い3-0で勝利し、初の本戦出場を果たした。

AFCチャンピオンズリーグ2016ACL初出場すると予選でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、G大阪(日本)、水原(韓国)のグループGを4勝2敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。

ACL2016のラウンド16でFC東京(日本)と対戦した。アウェイの第1戦は1-2で敗れたがホームの第2戦を1-0で勝利し、二試合合計スコア 2-2 のアウェーゴール差で準々決勝に進出した。

シーズン途中の夏の移籍期間でブラジル代表のFWフッキを5600万ユーロ(約63億7000万円)の移籍金で獲得した。

ACL2016の準々決勝で全北現代モータース(韓国)と対戦するものの、0-5でベスト8敗退。

10月30日にシーズンを終え、宿敵上海申花を上回り3位でフィニッシュ。

11月5日にスヴェン・ゴラン・エリクソンの退任が発表された。それに伴いアンドレ・ビラス・ボアスの監督就任が発表された。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

表彰[編集]

超級リーグ

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 FAカップ
2006 乙級リーグ 7位 16 3 5 8 26 29 −3 14 -
2007 乙級リーグ 1位 17 11 4 2 35 15 +20 30 -
2008 甲級リーグ 6位 24 7 7 10 26 30 −4 28 -
2009 甲級リーグ 4位 24 13 5 6 43 25 +18 44 -
2010 甲級リーグ 4位 24 9 10 5 25 18 +7 37 -
2011 甲級リーグ 9位 26 7 11 8 29 25 +4 32 2回戦敗退
2012 甲級リーグ 1位 30 17 8 5 47 25 +22 59 3回戦敗退
2013 超級リーグ 9位 30 10 7 13 38 35 +3 37 4回戦敗退
2014 超級リーグ 5位 30 12 12 6 47 39 +8 48 3回戦敗退
2015 超級リーグ 2位 30 19 8 3 63 35 +28 65 準々決勝敗退
2016 超級リーグ 3位 30 14 10 6 56 32 +24 52 4回戦敗退
2017 超級リーグ

現所属メンバー[編集]

2016シーズン 基本フォーメーション

Soccer.Field Transparant.png

顔駿凌
# 1
王燊超
# 4
汪佳捷
# 5
石柯
# 27
孫祥(C)
# 32
蔡慧康
# 6
于海
# 21
フッキ
# 8
ダリオ・コンカ
# 10
武磊
# 7
エウケソン
# 9
2016年2月3日現在
No. Pos. 選手名
1 中華人民共和国の旗 GK 顔駿凌
2 中華人民共和国の旗 DF 張衛
3 ガーナの旗 FW アサモア・ギャン
4 中華人民共和国の旗 DF 王燊超 (副主将)
5 中華人民共和国の旗 MF 汪佳捷
6 中華人民共和国の旗 MF 蔡慧康
7 中華人民共和国の旗 FW 武磊
8 ブラジルの旗 FW フッキ
9 ブラジルの旗 FW エウケソン
10 アルゼンチンの旗 MF ダリオ・コンカ
11 中華人民共和国の旗 FW 呂文君
12 中華人民共和国の旗 FW 李浩文
13 韓国の旗 DF 金周榮
14 中華人民共和国の旗 FW 李聖龍
15 中華人民共和国の旗 FW 林創益
16 中華人民共和国の旗 DF 呉海天
No. Pos. 選手名
17 コートジボワールの旗 FW ジャン・エヴラール・クアシ
18 中華人民共和国の旗 MF 張一
19 中華人民共和国の旗 DF 楊世元
21 中華人民共和国の旗 MF 于海
22 中華人民共和国の旗 GK 孫楽
23 中華人民共和国の旗 DF 傅歓
27 中華人民共和国の旗 DF 石柯
28 中華人民共和国の旗 DF 賀慣
29 中華人民共和国の旗 MF 鄭致云
30 中華人民共和国の旗 FW 朱崢嶸
31 中華人民共和国の旗 GK 董佳林
32 中華人民共和国の旗 DF 孫祥 (Captain sports.svg)
33 中華人民共和国の旗 DF 楊博宇
37 中華人民共和国の旗 FW 毛嘉康
55 中華人民共和国の旗 FW 胡靖航

※星印は外国人選手を示す。

監督

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ (参考:アジアフットボール批評02 【特集】アジアフットボール 新時代の幕開け)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]