上海ショック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上海ショック(シャンハイショック)とは、中国上海市場から始まった世界同時株安。

概要[編集]

2007年2月27日上海株式市場が前日比-8.84%の大暴落を起こした。

この影響でヨーロッパ市場やニューヨーク証券取引所など世界中で連鎖株安を起こし、翌日の日経平均は515円80銭値を下げ、その後も下げ止まらず、日本株式市場にも大きな影響を与る結果になった。この事件で、中国の経済が世界に与える影響の大きさを改めて示す形になった。

文献情報[編集]

  • 「溜池通信Vol354 Weekly Newsletter」双日総合研究所吉崎達彦(20070330)[1]

関連項目[編集]