上海サーチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上海サーチナ(シャンハイサーチナ、正式名:新秦商務咨詢(上海)有限公司 (Searchina(ShangHai) Co., Ltd.) )は、中華人民共和国上海市に登記されている、中国人消費者を対象としたインターネット調査(ネットリサーチ)専門会社である。2014年2月まで日本企業SBIサーチナ株式会社の子会社であった。

概要[編集]

2002年に設立、2003年1月にモニター募集サイトがオープン。主に日本製小物を景品としてモニターを募り、近年はポイント換金をメインとしている。モニターは、すべて中国国内在住の中国人で、都市部に集中。2011年12月5日時点で50万人[1]。2006年に中国国家統計局による渉外調査許可免許(第0485号)を取得している。2007年には株式会社サーチナからサーチナ総合研究所が移譲され、上海サーチナ=サーチナ総研として、中国に特化したシンクタンクを目指す方向が確定した。

特徴[編集]

クライアントは野村総合研究所博報堂など日系企業がメイン。調査手法はネットアンケートと電話追跡調査を主として、特徴として登録モニター属性が48項目に渡り、複雑な割り付けに対応できる。日中関係、対日観、日本企業のブランド戦略、中国人富裕層の動向など定期調査の一部は、親会社サーチナにより日本語記事として配信されている。定期出版物として、『中国消費者の生活実態』、『中国市場での企業ブランド戦略』など。

その他[編集]

名人百科(Star-Pedia.com)というウェブサイトを立ち上げている[2]。2012年2月24日時点、詳細な発表はまだない。

脚注[編集]

  1. ^ サーチナのプレスリリース サーチナ、中国消費者モニターが50万人突破 品質向上も目指す2011年12月5日
  2. ^ 同サイト关于版权保护的声明宣言の联系方式は同社

外部リンク[編集]