上村陽道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上村 陽道(うえむら ようどう、1947年 - )は、着物紙布作家、陶芸家京都府出身。

人物[編集]

織元であった両親の間に生まれ、幼少の頃より機織に親しみ育つ。手漉和紙墨絵を描き、それを細く裁断したを緯糸に、経糸に絹糸を織り込む技法で、「墨彩紙布」という帯を創作。以来、様々なタイプ紙布着物を創作、発表。同時に、京焼陶器を全国で発表。

略歴[編集]

外部リンク[編集]