上村武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上村 武男(うえむら たけお、1943年(昭和18年)2月28日 - )は、日本の文芸評論家歌人神官。水堂須佐之男神社宮司。水堂幼稚園長、水堂学園理事長。

兵庫県尼崎市生まれ。1969年國學院大學文学部中退。2005年度尼崎市文化功労賞(文学)受賞。

著書[編集]

  • 高村光太郎 高貴なる生の廃屋』弓立社、1975
  • 『帰巣者の悲しみ 死をめぐる短章』弓立社、1978
  • 吉本隆明手稿』弓立社、1978
  • 『哲学徒と詩人 西田幾多郎をめぐる短い生の四つの肖像』編集工房ノア、1985
  • 『<気配>論 自覚線上における西田幾多郎』白地社 白地叢書、1986
  • 『伝記する歌』白地社、1987
  • 梶井基次郎落日の比喩』編集工房ノア、1988 大阪文学叢書
  • 『西田幾多郎過程する球体 『善の研究』論』行路社、1988
  • 『山陰を旅する人たち 山川登美子から種田山頭火まで』編集工房ノア、1989
  • 『続・山陰を旅する人たち』編集工房ノア、1990
  • 『生きる歓び生きる悲しみ ある幼稚園長の土曜通信』編集工房ノア、1992
  • 『春の欄干 若き日の祖母をたずねて』編集工房ノア、1997
  • 『千鳥月光に顕つ少女』編集工房ノア、2002
  • 『かなしみの陽だまり 歌集』白地社、2008
  • 『戦中講話 ある神官の戦争』尼崎印刷 (印刷製本)、2009
  • 『災害が学校を襲うとき ある室戸台風の記録』創元社、2011
  • 『ふかい森の奥の池の静謐 古代・祝詞・スサノオ』白地社 叢書l’esprit nouveau、2011
  • 『遠い道程 わが神職累代の記』人間社、2017

編纂[編集]

  • 『水堂幼稚園五十年誌 写真集 1947~1996』編 水堂学園水堂幼稚園、1996
  • 『須佐男神社震災復興記念誌 被災から復興までの四年間の記録 1995-1999』編 水堂須佐男神社震災復興実行委員会、1999
  • 上村秀男『大正の小さな日記帳から』編 編集工房ノア、2000 ノアコレクション
  • 『全記録わが町いまむかし展 尼崎水堂立花ひとつの地域図誌』編 水堂須佐男神社、2005 

参考[編集]