上杉景信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
上杉景信
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正6年6月11日1578年7月15日
別名 通称:古志の十郎、越の十良
主君 長尾為景晴景上杉謙信景虎
氏族 古志長尾家上杉氏
父母 父:長尾房景
兄弟 青岩院景信本庄繁長正室

上杉 景信(うえすぎ かげのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上杉氏の家臣。古志長尾家7代当主。越後国栖吉城主。

略歴[編集]

越後長尾氏一門衆筆頭格である古志長尾家の長尾房景の子として誕生。上杉謙信の母・青岩院は景信の姉であったともいう。

景信の動静は享禄4年(1531年)には確認できることから、この前後に父が死去もしくは隠居して家督を継承したとみられる。長尾為景の四男・景虎の時代には上田長尾家長尾政景山本寺上杉家山本寺定長らと共に景虎の重臣として名を連ねた。永禄4年(1561年)に景虎が関東管領上杉家の名跡を継ぎ上杉政虎(後に輝虎、謙信)を名乗ると景信も上杉姓を許され、以後は上杉十郎景信と名乗り、謙信の関東征伐や対武田戦に参加した。

天正3年(1575年)の軍役帳には謙信の養子・景勝山浦国清に次ぐ第3位で81人の軍役を課せられていた。2年後の上杉氏家臣の名簿でも越後衆及び一門衆の筆頭に位置付けられている。だが、同じ重鎮であった政景・景勝父子の上田長尾家とは元来幾つかの小競り合いを演じた対立関係であり、謙信没後の御館の乱では謙信の養子・景勝が同じく養子である上杉景虎と家督争いを始めると、その対抗上から景虎を支持して景勝方と対立したが、 天正6年(1578年)の居多ヶ浜の戦いで山浦国清と戦い戦死した。

古志長尾家の家督は能臣・河田長親が継いだ。しかし、遺跡のみで長尾姓に改姓は辞退し、古志長尾家は事実上断絶した。