上杉千郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 千郷(うえすぎ ちさと、1923年4月3日 - 2010年6月30日)は、日本狛犬研究家神職学校法人皇學館常任顧問

略歴[編集]

岐阜県吉城郡古川町(現・飛騨市)の神社社家19代目に生まれる。神宮皇學館大學付属専門部在学中に学徒出陣、第一期海軍飛行専修予備生徒となり海軍少尉任官沖縄戦に参加する。1944年9月に神宮皇學館大學付属専門部、1950年3月國學院大學文学部卒業

1952年4月総理府事務官となり、その後、法務大臣秘書官郵政大臣秘書官を経て、全国神社総代会参事、全国神社会館館長岐阜県神社庁副庁長(1971年3月)、鎮西大社諏訪神社宮司1982年4月)、世界連邦日本宗教委員会議長1995年4月)、長崎県神社庁長(1998年7月)、世界宗教者平和会議日本委員会評議員1999年4月)を歴任。2001年8月から2008年8月まで学校法人皇學館理事長を務めた後、常任顧問に就任。2003年、中国社会科学院日本研究所顧問兼研究員となる。2010年6月30日、87歳で他界。

教育研究者の上杉千年は弟。

賞罰[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『茶道の中の神道』(鎮西大社諏訪神社、1992)
  • 『狛犬事典』(戎光祥出版、2001)
  • 『上杉千郷狛犬論考集』(2002)
  • 『神基習合にみる神道の多様性』(2002)
  • 『学生日記 : 学徒出陣前の学生生活』(2006)
  • 『日本全国獅子・狛犬ものがたり』(戎光祥出版、2008)
  • 『飛騨神主の笏紙』(2008)
  • 『海軍日誌 : 学徒出陣学生』(皇學館大学出版部、2009)
  • 『神主学徒出陣残懐録』(神社新報社、2010)

編著[編集]

  • 『玉園山』(鎮西大社諏訪神社、1988)
  • 『諏訪の月』(鎮西大社諏訪神社、1992)
  • 『下呂温泉合掌村狛犬博物館図録』(狛犬博物館、1993)
  • 『偏向原爆展示をただす!! : 長崎の原爆展示をただす市民の会奮闘記』(長崎の原爆展示をただす市民の会、2001)

講演録[編集]

  • 『獅子・狛犬の源流を訪ねて』(皇學館大学講演叢書第112輯)(皇學館出版部、2004)
  • 『日本のこころ』(三重県護国神社奉賛会、2005)
  • 『日本文化と神道』(皇學館大学出版部、2008)