上廣哲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえひろ てつひこ
上廣 哲彦
生誕 1906年(明治39年)3月2日
広島県山県郡豊平町(現:北広島町
死没 (1972-10-06) 1972年10月6日(66歳没)
東京都
墓地 東京都杉並区永福築地本願寺和田堀廟所
記念碑 銅像・記念碑、石川県金沢市大乗寺丘、金沢実践倫理記念会館
国籍 日本の旗 日本
団体 実践倫理宏正会
著名な実績 社会倫理・家庭倫理の普及
肩書き 実践倫理宏正会創立者、初代会長
後任者 上廣榮治
栄誉 藍綬褒章
従四位勲三等旭日中綬章

上廣 哲彦(うえひろ てつひこ 1906年3月2日 - 1972年10月6日)は、日本の道徳家、日本の社会教育家。実践倫理宏正会の創立者。栄典従四位勲三等旭日中綬章

概要[編集]

1906年3月、広島県山県郡豊平町(現:北広島町)に生まれる。

広島市で育ち、旧制中学卒業後、鉄工所や日本貯蓄銀行(現在のりそな銀行)などに勤務。1923年頃死線を彷徨う大病をし、その中から人生の目的と使命を悟る[1]

この後、人生の生き方についての哲学考察を深め、ひとのみち教団など様々な団体の遍歴をした。

1943年、三菱工作機械広島製作所(後の三菱重工業広島祇園工場)[2]に入社し、社員教育を行う訓育課勤務していた時の1945年8月6日、アメリカ軍の広島市への原子爆弾投下により、爆心地から1.6キロの国鉄横川駅構内で被爆した。

その後も放射能障害の持病を抱えながら人倫の道を説く。翌1946年5月3日広島の地で「実践倫理宏正会」の前身の生活倫理実践会「宏正会」を創設。

1946年9月18日、宏正会の中心的活動である朝起会石川県小松天満宮で開始。以後、東京・大阪など全国各地で朝起会が開催される。

1948年4月1日文部省より社会教育団体として公益法人としての「社団法人(当時)」の許可を受ける。それに伴い同年5月、会名を「社団法人実践倫理宏正会」に改称[3][4]

1965年11月、文部省より社会倫理啓蒙の実績から藍綬褒章を受章する[5]

原爆症との闘いの中で倫理普及活動を続け、1972年10月6日に逝去するまで倫理道徳普及に生涯を捧げた。死亡追叙で、従四位勲三等旭日中綬章を受章。

同年10月10日東京都千代田区日本武道館で、「上廣哲彦を偲ぶ会」が社団法人実践倫理宏正会によって挙行された[6]

著作[編集]

  • 『明るい生活』1954年10月
  • 『わが子に与う』1955年1月
  • 『生きる力』1955年12月
  • 『実践倫理の第一歩』1957年5月
  • 『正しい生活』1960年2月
  • 『実践の生命』1963年1月
  • 『成就の法則』1963年1月
  • 『希望と人生』1965年11月
  • 『実践一路』1966年12月
  • 『倫理常識講座(上巻・下巻)』1967年3月

脚注[編集]

  1. ^ 『生きる力』実践倫理宏正会出版部 1959年
  2. ^ 三菱重工業広島祇園工場はその後、三菱重工業広島精機製作所となり、その後生産集約のため2003年9月末で閉鎖となり、その跡地は現在のイオンモール広島祇園になっている。
  3. ^ 沼田 健哉 著『修養団体ならびに新宗教教団における家族倫理』修養団体の事例研究 - 桃山学院大学社会学論集,11(2),149-186 (1978-03-01)
  4. ^ 民法法人は、2008年(平成20年)12月1日以降新制度となり、「一般社団法人実践倫理宏正会」と「公益財団法人上廣倫理財団」の2団体体制に移行している。
  5. ^ 一般社団法人 実践倫理宏正会 - プロフィール
  6. ^ 日本武道館1972年10月10日に予定されていた実践倫理宏正会の大講演会が、上廣哲彦の死去により急遽「上廣哲彦を偲ぶ会」への変更になった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]