コンテンツにスキップ

上州新屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上州新屋駅
駅舎(2024年6月)
じょうしゅうにいや
JŌSHŪ-NIIYA
西吉井 (1.2 km)
(2.0 km) 上州福島
地図
所在地 群馬県甘楽郡甘楽町金井343-4
北緯36度15分22秒 東経138度57分06秒 / 北緯36.256度 東経138.9516度 / 36.256; 138.9516 (上州新屋駅)座標: 北緯36度15分22秒 東経138度57分06秒 / 北緯36.256度 東経138.9516度 / 36.256; 138.9516 (上州新屋駅)
所属事業者 上信電鉄
所属路線 上信線
キロ程 14.6 km(高崎起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式 1面1線
乗車人員
-統計年度-
136人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1915年大正4年)7月31日
備考 無人駅
  • * 改称経歴
  • - 1921年 新屋駅 → 上州新屋駅
テンプレートを表示

上州新屋駅(じょうしゅうにいやえき)は、群馬県甘楽郡甘楽町金井にある上信電鉄上信線

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅木造駅舎を有する。かつては有人駅であったが、現在は無人駅である。以前は上信電鉄の委託駅であった。

群馬県道203号金井高崎線の拡幅工事により、線路南側にあった駅舎(1950年建設、木造平屋建て、延べ床面積約40平方メートル)が北側に移転されることになり、2022年8月26日始発から新駅舎・ホームの供用を開始した[2]。当初は同年3月に新築移転予定だったが[3]、資材不足などで8月にずれ込んだ[2]。新駅舎は木造平屋建て延べ床面積約35平方メートルである[2]

利用状況[編集]

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[4][5]

年度 1日平均人数
2011年 116
2012年 130
2013年 138
2014年 144
2015年 140
2016年 128
2017年 124
2018年 136

駅周辺[編集]

駅の東約200 mの所に新屋信号所があるが、通常交換を行う列車は少ない。

駅の高崎側に川が流れておりホームはその崖の上まで達しているが、この川の名前は三途川である。やや上流には三途橋という橋がある。たもとには仏教説話における三途川で、六文銭の徴収係を務めているとされる奪衣婆が祀られている。

隣の駅[編集]

上信電鉄
上信線
西吉井駅 - (新屋信号所) - 上州新屋駅 - 上州福島駅

脚注[編集]

  1. ^ 「輕便鐵道停留場設置」『官報』第906号、印刷局、159頁、1915年8月9日。NDLJP:2953014/11 
  2. ^ a b c d 上州新屋駅の新駅舎が26日に供用開始 9月中は新旧駅舎が並び立つ」『上毛新聞』2022年8月24日。2022年8月25日閲覧。(Paid subscription required要購読契約)
  3. ^ 上州新屋駅(甘楽町)が新築移転へ 「めんたいパーク」徒歩圏に 同時期開業、観光客増へ期待高まる」『上毛新聞』2021年5月16日。2021年5月24日閲覧。オリジナルの2021年5月24日時点におけるアーカイブ。(Paid subscription required要購読契約)
  4. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ)”. 国土交通省. 2019年7月16日閲覧。
  5. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ”. 国土交通省. 2024年2月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]